SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
  • 今週の生花 相撲もお盆も始まりますよ!
    MW (07/18)
  • 今週の生花 お盆と施餓鬼供養の連絡、発送終了しました 
    MW (06/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 寒中、二十日は大寒ですよ

寒中でまさに寒い日が続きますが二十日、日曜日は大寒です

「冬来たりなば春遠からじ」と申しますが、二月三日まで

寒中も後半分、寒さの中、風邪やインフルエンザに充分ご注意下さい

 

副住職は冬休みを取って家族サービスをしたようですが

住職も何とか休みが欲しい今日この頃です

 

さて、応援している「松鳳山関」は週末を前に上位を相手に二勝四敗

奥様が国技館に行った四日目に初日が出て

「稀勢の里」引退でチョットガッカリしていた気分を払拭したようですよ

土曜日は横綱「白鵬」戦、日曜日で折り返してからは

下位対戦も増えて、勝ち星も増えてくるかと〜

今場所勝ち越せば、小結復活ですぞ!頑張れ「松鳳山」!

 

さて、寒さに震える「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

高く伸びる「赤芽柳」黄色の「ラッパ水仙」に緑の「ヒペリカム」

寒い中に顔を出す「ラッパ水仙」の風情が良く出ていますね〜

 

本堂入り口は

 

 

ピンクの「スイートピー」に緑の「ヒペリカム」

「カラティア」の葉を曲げたり、丸めたり、カットしたりして〜

 

エレベーター前は

 

 

正面のラッパ水仙に対して、こちらは同じ「水仙」でも

「日本水仙」だそうです、少し華奢ですかね

 

お手洗い、女性側は

 

 

「水仙」と深紅の「アスター」

春を待つ感じが良く出ています

 

男性側です

 

 

白い「トルコキキョウ」に青紫の「スターチス」です

 

そして今週の床の間は

 

 

左右に広がるのは「ボケ」上に伸びる「アイリス」

中心に「カーネーション」を配して、穏やかな広がりを演出します

「ボケ」は葉がでるより先に花が咲き、花言葉は「先駆者、指導者」

ですって、三月頃の咲き始める「ボケ」は春の先駆けかしら?

 

副住職の家族サービスには若奥様のご両親にお付き合いをいただいて

充実した冬休み、楽しかったようです

住職は、バカンスではなく、仕事で行く六月のシンガポールの準備を

半年先の、この時期から始めます。

お正月にはメールでシンガポール日本人会に挨拶と予定を伝え

本年の導師、武蔵野「観音院ご住職来馬老師」と最初の打合せをし

旅行社への挨拶も済ませました。

寒中なのに真夏のシンガポールを考えるなんて、辛いところですね〜

| - | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 おめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

皆様にはどんなお正月を過ごされたことでしょうか?

西福寺の「新着情報」も本年二発目になります。

 

一発目は前の情報「除夜の鐘、新年祈祷」でしたが

二発目はいつも通り「今週の生花」です

 

さて、年が明けても、早くも半月になろうとしています。

そうなると、いよいよ大相撲初場所ですぞ!

そこで初場所の番付です

 

 

応援している「松鳳山関」は上の方、大きな字で載ってますよ!

大きくすると

 

            ↑

この上が前頭西三枚目「松鳳山関」ですよ!

幕内上位で迎える初場所、三役を目指して活躍を期待しましょう!

 

さて、年がかわって初めての「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

クネッ、クネッとイイ具合に曲がっているのは「雪柳」ですね

雪の中から若葉がのぞくような初々しさが良いですね〜

黄色の「チューリップ」と「ドラセナ」の葉

色合い的にはおとなしい感じに仕上がりました

 

本堂入り口は

 

 

大きなピンクの「ラナンキュラス」ですね〜

花の割には茎が細いので頭が垂れるんじゃないかと心配です

「ホワイトレースフラワー」を添えて〜

 

エレベーター前は

 

 

この場所は、いつもは一輪か二輪の花なんですが

黄色の「スプレーバラ」が一抱えです

時に数は大きな力になりますね

 

お手洗い、女性側は

 

 

ピンクの「スイートピー」はフラメンコダンサーのスカートのように

妖しげですね、何とも誠実そうな「かすみ草」と一緒に〜

 

男性側は

 

 

真夏の太陽のような黄色の「ガーベラ」、大好きです

「シクラメンの葉」に押し込められたように「かすみ草」

何か、主人公と脇役みたいになってません?

 

そして、今週の床の間は

 

 

白い花をつけた「梅」の枝が伸び伸びと広がります

中心で空に向かう勢いは「アイリス」

優しげに揺れる、ピンクの「スイートピー」

群青の花器に、色合いのバランスが良いですよね〜

 

初場所には何とか行きたくて、

家族全員で可能な限り、何日分も申込みをしたんですが

残念ながら抽選はほとんど外れてしまいました

たった一つ当たった枡席は

当方の奥様と近隣のお寺様の奥様二人、計三人で行くことになりました

住職はテレビ観戦となりましたが

住職の分まで、楽しんで来て下さい!

| - | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
除夜の鐘、新年祈祷

平成30年の最後を閉めるのは「除夜の鐘」ですね

 

 

 

 

 

 

 

沢山の方にご来山をいただき、お汁粉を食べて

「除夜の鐘」を打っていただきました。

 

「除夜の鐘」が済んで年がかわると「新年祈祷法要」が始まります

最初は「般若心経」でご本尊様に新年をお伝えする「祝禱諷経」です

 

 

 

「祝禱諷経」では西福寺の山門鎮静、日本と世界の平和を願います。

 

「祝禱諷経」が勤まると、ご祈祷が始まります

 

祈祷は「大般若経 般若理趣文」の転読から始まります

 

 

 

 

 

副住職の太鼓に力が入ります

住職は参列をいただいた皆様のご祈祷の読込です

 

 

 

無事に新年のご祈祷が勤まり、住職の新年の挨拶です

 

 

簡単な挨拶に続いて、祈祷済みの「お守り」をお渡しします

 

 

 

「大般若理趣文」の金風を沢山浴びて、今年の幸せを願います

 

 

 

理趣文で肩をたたいて健康を願います

参列の皆様にお守りをお渡しして、「除夜の鐘」と「新年祈祷法要」が

無事に勤めあがりました。

 

本年が西福寺にとっても、皆様にとっても素晴らしい年になることを

お祈り申し上げます。

| - | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新年明けましておめでとうございます

平成31年、2019年 新年あけましておめでとうございます

 

 

「猪突猛進」

 

時にはこんな生き方も必要かも〜

 

本年は亥年、十二支最後の干支であり、動物では「猪」があてられます

亥は種子の中身、中心で、内に秘めた「本質」=「核」であり

内なる完成を表します。

平成の時代も今春が最後、五月には新たな元号で出発です

新しく始まる時代が、ご家族皆様にとって良き時代になりますように

少しだけ「猛進」してみましょうよ!

 

本年の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

西福寺住職 西海秀晃 合掌

副住職   西海裕貴 合掌

西福寺山内一同 合掌

| - | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 お正月を迎えましょう

この情報が平成三十年、最後の情報になります

もう四回寝ると「お正月」です

お寺も正月を迎える準備が整ってきました。

 

25日には「九州場所」を十勝で勝ち越した「松鳳山関」が

挨拶と報告に来て下さいました。

付き人の「一山本」も勝ち越し!最高の九州場所になりました

お二人には西福寺から激励の意味を込めて「奨励金」が渡されました

 

 

完成間近の「観音堂」を内覧いただき、その場所で

 

 

来年の活躍を約束していただきました。

「松鳳山関」「一山本」には本当にありがとうございました。

 

昨年は母の死去と「観音堂」の工事中で中止した「門松」が

今年は立ちました。

ただ今回の工事で山門を無くしたので、建てる場所を

キレイになった正面階段下に変更しました。

 

 

今年からはこの場所で「お正月」らしさを演出しますよ!

玄関には、境内の植木の面倒を全て見て下さっている

「衆芳園」さんから届いた「盆飾り」が皆様をお待ちします

 

 

紅白の梅に松、千両を始め縁起物が並んでいます。

毎年、孫達がいたずらする「ツル」「亀」は今年もちゃんといますね〜

 

さぁ〜、お正月を迎える今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

開け年が皆様にとって極楽のようになることを祈って

中心に一本ヒョロッと立つのはまさに

「ストレリチア(極楽鳥花)とその葉」です。因みに花屋では

花と葉は別売りだそうですよ。長〜い針のような葉の松「大王松」に

赤い実の「千両」そして「葉ボタン」最後に「かすみ草」を散らして

おめでた気分満載の正面玄関です。

 

本堂入り口は

 

 

「葉ボタン」を中心に赤い花の「グロリオーサ」

「若松」でお正月の参拝者をお迎えです

 

エレベーター前は

 

 

白とうすい黄色の「フリージア」

真っ赤な実が鮮やかな「千両」です

 

お手洗い、女性側に

 

 

「ゆずり葉」とその手前の小さな「葉ボタン」は紫ですね

「千両」と「かすみ草」でお正月!

 

男性側です

 

 

こちらも「ゆずり葉」を背に小さな「葉ボタン」「松葉」

「なでしこ」そして「小菊」が並びました

 

住まいの方にも、いくつかのお花が

 

 

 

 

 

そしてお正月を迎える床の間は

 

 

「根引松」と「若松」の二種の松がお正月を寿ぎ、

中心に「オリエンタルリリー」。

手前に飛び出すように「啓翁桜」が新春を飾り、

「フリージア」が添えられました。

活けるときに先生が

「西福寺にとって、来年もよい年でありますように。」と

祈り続けて下さった生花です。ありがたいですね〜

 

もう何日かで、今年も終わりです

明ける年は「平成31年」であると同時に「新元号」の1年目でもあります

住職と奥様が精一杯仕事をし、後半は副住職が助けてくれた

平成の30年間が終わろうとしています。

来年から始まる新しい「元号」はきっと「副住職」が「住職」になって

家族とともに西福寺を護り、発展させていく「元号」になるんだろうな〜

今度は私が未来の住職のために、暫くは助けてあげられそうかな〜

| - | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |