SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今週の生花 境内地整備工事の始まり
    MW (06/22)
  • 今週の生花 工事は進む
    MW (06/22)
  • 今週の生花 その後の松鳳山
    MW (05/31)
  • 今週の生花 松鳳山関 初日が出て、二勝目
    MW (05/21)
  • 今週の生花 ゴールデンウィーク突入
    MW (04/30)
  • 今週の生花 新しい人形飾り人形飾り
    MW (04/15)
  • 今週の生花 平成29年の年度スタートです
    MW (04/03)
  • 平成二十九年 春彼岸法要が勤まりました
    MW (03/24)
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    住職 (03/01)
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    長谷川和之 (02/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 お盆の案内

まる三日間かけたお盆の案内状の発送作業が無事終了

檀信徒の方のお手元には週末から週明けくらいに届くと思います

 

西福寺のお盆の行事は

 

お盆のお経回りは7月9日から行い、15日で回りきる予定です

新盆の方も、例年の方もお知らせを一緒に発送しましたので

日時のご確認をお願いします。

 

お盆の送り施餓鬼は

新盆の方は7月25日の午前10時から法話

引き続き法要の予定です

新盆施餓鬼の参列者には軽食を用意しますので

人数の変更等はお電話でご連絡下さい。

檀信徒以外の方の新盆供養も受け付けます

ひとまず電話して下さい。

 

盆の送り施餓鬼は7月25日同日の午後1時から法話

引き続き法要の予定です

こちらは参列の申込みは必要ありませんが

お塔婆の申込みは20日までにお願いします

もちろん檀信徒以外の方の参列も大丈夫です

詳細は電話にてお問い合わせ下さい。

 

月が変わればお盆月です、住職以下お寺一同頑張ります。

 

さて今月最後の週末を迎える「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

左に広がる枝物は「サラハドウダンツツジ」という難しい名前ですが

サッパリとしたツツジですよ

黄色の元気モリモリ「ヒマワリ」とムラサキの「リンドウ」

小さな赤い「アスター」がポイントですな〜

 

応接は

 

 

薄いピンクの「ナデシコ」に大きな葉は「アロカシア」です

この葉の形は、きっとお芋の仲間ですぞ

 

本堂入り口は

 

 

ピンクの「カーネーション」を中心にして

横に広がる独特の葉(本当は花のガクです)は「モルセラ」ですね

 

エレベーター前は

 

 

このかそけき美しさは「桔梗」です

「トルコ」が付かないと楚々としてますね〜

花器との相性もイイワ〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

赤い「アスター」とムラサキの「リンドウ」の取り合わせです

 

男性側は

 

 

赤い「アスター」とムラサキのこちらは「桔梗」の取り合わせです

 

そして今週の床の間は

 

 

開くときっと赤紫の花になる「シャクヤク」の蕾に

鮮やかな紫の「スターチス」と薄紫の「ブルーウェーブ」のコンビです

このシャクヤクが咲いたら、みごとな作品になりますよ!

 

この週末が6月最後の週末ですって

進み行く時の速さに驚かされると同時に、自らの老いを感じてしまいます

きっと、お盆もあっという間に来て、そして去って行くんだろうな〜

沢山のお檀家さんや信者さんと会えるのが楽しみで頑張ります!

| - | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 工事は進む

境内整備工事は古い豊川稲荷堂の解体へ進行

 

 

壊しはじめたら、早いこと、早いこと

古くは豊川稲荷堂として、大学生の頃の住職が住まい

そして増築して母の住居となり

千春さん(懐かしい和尚さんです)の住まいに

庫裡改築の時は住職家族が

一時は奥様の友達が火事で焼け出されたときの住まいとして提供

そして結婚した副住職も一時住んでいた稲荷堂が〜

 

 

重機二台の威力で、すでに風前の灯火です〜

 

 

古い壁も残りわずかです〜

 

さぁ、工事は進む「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

ムラサキの丈のある花は「リアトリス」です

お盆の花「ミソハギ」に似ていますが、洋花です

同じムラサキ系の「ミニクルクマ」と黄色の「ヒマワリ」

「ナルコラン」の葉、緑が良いですね〜

この作品正面から見るより横から見た方が迫力があります

 

 

こんな感じに前に飛び出しそうなぐらいなんですよ!

 

応接は

 

 

一重の「トルコキキョウ」に緑の「ヒペリカム」

 

本堂入り口は

 

 

カワイイピンクの「ナデシコ」に、よく似ている「フロックス」です

「フロックス」は花弁が一重で中心が白っぽいかも〜

 

エレベーター前は

 

 

たぶん白い「シャクヤク」の一輪挿しです

このシャクヤクも開くと大きいよ

 

お手洗い、女性側は

 

 

一重の「トルコキキョウ」に「ドウダンツツジ」の葉です

 

男性側は

 

 

ムラサキの「リンドウ」に黄色の「カーネーション」

「ソリダコ」も添えました

 

そして今週の床の間は

 

 

中央に赤い「シャクヤク」ムラサキの「リンドウ」ものぞいています

大きく枝を広げる「ドウダンツツジ」に「ナルコラン」

大ぶりの花器に、大きく広がる作品は

伸び伸びとして初夏の床の間を涼しげに演出します

 

 

6月も三週が過ぎて、梅雨真っ只中なんですが

それ程降っている感じはしません

季候が良いのか、毎朝のご祈祷が効いているのか

今月、西福寺はとても閑です。

法事も少なくて土日も楽させていただいてます。

楽ばかりしてないで、週が開けたら「お盆」のご案内を郵送しなくちゃ!

今週頑張って、7月前にはお届けできるようにします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 18:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 境内地整備工事の始まり

長年計画を練っていた「境内地」の整備工事が始まりました

大きな目的はくずれそうな表と裏の「崖」の整備と

「豊川稲荷堂」の再建工事です

 

脆くなっていた「山門」も壊しました

 

 

始まって、あっという間になくなった山門

手前の石段も直す予定です

 

 

奥にあるのが「豊川稲荷堂」ですが

この工事でホールと位牌堂を兼ねた建物に生まれ変わる予定です

 

一日たつと、石段はすっかりなくなり

 

 

石段だった場所にトラックが納まっています

 

これから8ヶ月ぐらい

土木工事を中心に境内整備工事が続きますので檀信徒の皆様には

しばらくご不便をお掛けします、申し訳ありません。

 

それでは梅雨入りした「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

今日も午後は暑くなりました

いよいよ「ヒマワリ」が似合う季節ですよ

まわりが黄色い「ギボウシ」の葉と、細いのに「シマフトイ」です

中央下の方に「アワの穂」が二つ、わかりますか?

 

応接は

 

 

「トルコキキョウ」と黄色い花は「ソリダコ」ですね

 

本堂入り口です

 

 

真っ赤な「アンスリウム」と鮮やかな緑の「エメラルドウェーブ」です

輝くような緑と柔らかい赤の彩りが美しいですね

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの「ナデシコ」に「ドウダンツツジ」の葉です

ナデシコはいつもカワイイですね〜

 

お手洗い、女性側です

 

 

「トルコキキョウ」の花と葉だけを飾った感じです

茎がないと違う花のように見えますね

 

 

男性側は

 

 

黄色の下向きの花は「サンダーソニア」です

「アワの穂」と一緒に夏らしく〜

 

そして今週の床の間です

 

 

新緑が美しい「ドウダンツツジ」が大きく枝を広げます

まだ蕾の白い「シャクヤク」が二輪、咲いたら大きくてキレイですぞ!

きいろの「ソリダコ」を添えて

初夏らしい彩りの一鉢になりました。

 

5月末から6月にかけて、住職と家族は

シンガポールや結婚式でてんやわんやの日々を過ごしていましたが

今週ウィークデイは少しだけゆっくりできました。

来週は12〜13日で副住職が神奈川県祖門会総会(永平寺系)で一泊

13〜14日で大変お世話になった綾瀬 報恩寺先代住職様のご葬儀で

住職、副住職ともに参列を予定しており、副住職は泊まり込み。

15〜16日で副住職は関東総和大会(總持寺系)で茨城県一泊。

住職はともかく、副住職は一週間ほとんど留守です

身体に気をつけるんだぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 13:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 シンガポールから帰国しました

一つ前の情報のように、今年も無事シンガポールの法要が済み

大きな役目の一つが終わってホッとしています。

が、6月に入り、4日は宗興寺様の結婚式で媒酌(仲人)を勤めます

「一難去って、また一難」という感じですが

家内共々頑張ります

 

さて、6月最初の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

赤い大きな蕾は「シャクヤク」です

季節なんでしょうね、毎週来るような気がします

スクッと伸びた「ガマの穂」は今期初登場です

 

応接は

 

 

「紅花」ですが。この花も最近よくご来山しますね

先生のご苦労が偲ばれます

 

本堂入り口です

 

 

縁だけ赤い、ちょっと変わった「カーネーション」に

緑の「ヒペリカム」です

 

エレベーター前は

 

 

下に向かうオレンジの独特な花は「サンダーソニア」です

この花、住職わりと好きです

 

お手洗い、女性側です

 

 

色とりどり(と言ってもみんなムラサキ系ですが)の「スターチス」です

「レザーファン」の葉を添えて

 

男性側は

 

 

ピンクの「ナデシコ」に葉っぱの真ん中から芽が出る

「ルスカスの葉」の深い緑を添えて

 

そして今週の床の間です

 

 

細いのに「フトイ」です、今回はまだらの「シマフトイ」だそうです

真っ白な「ユリ」とピンクのカワイイ「ナデシコ」

下の方には二種の葉物「ドウダンツツジ」と「レザーファン」です

あっさりとして涼しげな作品ですね

 

思い起こせば、新郎の「浅野廣道」さんを宗興寺様に紹介したのも

シンガポールのおかげでした

西有寺前住職 故横山老師の法要をシンガポール日本寺にて

二年前の6月4日に予定し、その準備のために浅野君と一緒に

シンガポールに行ったのが二年前の4月でした

その時の働きぶり、食べっぷりに感動して

帰国後、すぐに宗興寺の奥様に相談してお見合いを設定

その二年後の6月4日に結婚式だって〜

世の中うまく行くことがあるんですね〜、媒酌人頑張ります!

 

| - | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成29年 シンガポール日本寺法要

シンガポール、5月30日午前6時

西有寺シンガポール別院日本寺の開山忌法要当日

ホテルの窓の外は土砂降りの雨

困ったもんだと思いながら法要の仕度を調え

スタバのコーヒーとセブンのサンドイッチで朝食

9時出発のバスに乗るときも雨足は落ちることなく、つのる不安。

 

9時半、日本人墓地公園に到着、雨は小降りに〜よかった!

お堂の中で須弥壇を見あげると

 

 

一年ぶりにご本尊様が笑いかけてくれました

着替えや準備にかかっている内に、いつの間にか雨は止みそう〜

 

 

ご随喜、ご指導をいただいた、大先輩 本覚寺守長老師、永春寺加藤老師に

参列のご寺院奥様方も、日本人会からの山内様も、添乗員も

 

 

法要が始まるのを待っています

いよいよ「平成29年度シンガポール日本寺開山忌法要」の始まりです

 

 

今年のご導師は、主催者でもある西有寺住職 勝川孝一老師です

 

 

元気と勢いの溢れる法語は日本人墓地に響きます

参加下さったご老師は総勢25名!

私が世話役を引き受けてからの最多人数です

 

 

東序の和尚様方、今回ツァーを組んで8名でご参加下さいました

東京「永見寺法類会」代表、永見寺葛西老師が筆頭、会から2名が

両班にお入りいただきました。

ご老師はこの法要のために「シンガポール日本寺」の歴史をお調べした

小冊子までご用意をいただき、改めて勉強させていただきました

 

西序の青い袈裟は今回も団長をお勤めいただいた 龍昌院石澤老師です

 

 

維那のお役をお勤めいただき、朗々とした声が法要を引き締めます

 

西序の和尚様方は

 

 

筆頭に前第一教区教区長 隨流院西村老師

続いて、現教区長 傳心寺大澤老師 龍珠院永久老師

そして、今回西有寺のツァーで参加いただいた、昔からの仲間の一人

山形県 海蔵寺平藤老師にお入りいただき

 

汗が噴き出すような暑さと湿気の中

 

 

心を込めた読経の中、厳粛にお勤めさせていただきました。

 

開山忌法要のあとは、墓地に眠る精霊や日本人会有縁の精霊

参列者の念ずる精霊を供養する「施餓鬼供養」が勤まります

 

 

導師の西有寺老師は袈裟と持ち物を換えて「施餓鬼供養」に臨みます

 

一心に読経を勤める導師とご寺院方

 

 

今回は五如来焼香もお勤めさせていただきました

 

 

 

いつもは圓相の繞行も今回は本繞行ができました

 

 

永見寺 葛西老師も汗をしたたらせて頑張って下さいました

 

 

でも、その涼しげなご様子は暑さを感じさせない

爽やかなご印象です

 

施餓鬼法要も無事勤まって、堂内に大きな安堵の空気が漂います

 

最後に参加者全員で記念撮影

 

 

皆さん、お疲れ様でした。

お忙しい中、シンガポールまでいらして下さり

法要に参加いただいたご老師様方

とくにツァーまでお組みいただいた「永見寺法類会」の皆様

永見寺 葛西老師には本当にありがとうございました

再来年のご導師は「永見寺法類会」様からと言うお約束もいただけました

その節はまた宜しくお願いします。

当法要にご理解、ご協力をいただいた日本寺会の皆様には

衷心より御礼申し上げます。

 

ありがとうございました!!!!

| - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |