SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
  • 今週の生花 相撲もお盆も始まりますよ!
    MW (07/18)
  • 今週の生花 お盆と施餓鬼供養の連絡、発送終了しました 
    MW (06/26)
  • 今週の生花 シンガポールに行ってきました
    MW (06/18)
  • 今週の生花 焼香師報告、見てくれました?
    MW (05/25)
  • 今週の生花 来週は永平寺
    MW (04/22)
  • 今週の生花 日曜日は「花まつり」
    MW (04/08)
  • 今週の生花 三月、春爛漫
    MW (03/04)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 10月も中頃に

6日の孫の運動会は前夜の大雨から一転、強い陽射しの中、無事終了

孫も副住職夫婦もみんな真っ赤に日焼けして帰ってきました。

本当に良かったね!

 

ここ数年、活動のなかった「南区、港南区仏教会」が昨年、再始動して

一年チョットを経過〜会長はご近所の真言宗「萬福寺様」をはじめ

事務局長の時宗「淨光寺様」や役員の皆様が、本当に熱心に取り組まれて

古刹「弘明寺様」の応援もいただき、会の運営も軌道にのってきました。

今まで他宗との接点があまりなくて、お付き合いも少なかったのですが

宗派を超えたお付き合いはとても刺激的に感じます。

 

私も少しだけお手伝いをさせていただき、

事務局長には格別なご交誼を賜り

11日も横浜市仏教会の中の委員会にお供させていただき

有意義な時間と楽しい会食をご一緒させて頂きました

 

今後、10月29日の鎌倉、藤沢方面の本山、寺院訪問研修も

予定されています。その報告はまた後日〜

 

いつの間にか10月も半ばとなる、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

背の高い紫の花は「ほととぎす」です、先週から登場ですね

同じ紫でもくっきりと明るいのは「リンドウ」で

囲むように「ソリダコ」が、そして手前には緑の「ヒペリカム」

小さめの「ドラセナ」の葉で出来上がりです

 

応接は

 

 

オレンジの大きな花「マリーゴールド」に黄色の「小菊」

「赤ドラセナ」の葉を添えて〜

 

本堂入り口は

 

 

左なびくピンクの「なでしこ」です

まるで外からの風にふかれているみたい

 

エレベーター前は

 

 

短めにあつらえた「トルコキキョウ」に「ヒペリカム」

丈のある花器の形に合わせたような活け方ですね

 

お手洗い、女性側は

 

 

白い「リンドウ」の蕾に「ソリダコ」

明るく、穏やかに〜

 

男性側です

 

 

オレンジの「マリーゴールド」に「ソリダコ」

こちらは元気よく!

 

そして今週の床の間は

 

 

中心に紫の「リンドウ」短めに従うように白い「リンドウ」

そのリンドウを囲むように伸びる「石化エニシダ」

そして「赤ドラセナ」が下を支えます、

品数は少ないんですが、高さを感じさせてくれる

優雅な作品になりました。

 

季節も晩秋にならんとしているのに、台風や雨が多く、

秋晴れの日が少なく、さらに蒸し暑かったりするので

何とも季節感がない日を送っています

箱根辺りに行って、紅葉でも見てきたいものですね

 

| - | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 また台風ですって

台風24号は暴風で神奈川県内、横浜市内にも

大きな被害をもたらしたようです

前の報告の「龍珠院」様も大変でしたが

市内、県内の仲間のお寺にもかなり大きな被害があったようで

被害に遭った皆様に衷心よりお見舞い申し上げます

 

そんな中、週末の三連休に、また台風ですって!

今度こそ、大きな被害がないことを祈ります

 

お孫ちゃんの運動会は6日の土曜日です

天気予報では徐々に晴れて良い天気になりそうです

無事にできると良いですね〜

そんな運動会やら台風やらで大変な週末を飾る「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

上、左右に広がる「石化エニシダ」は前衛だわ〜

オレンジの「ピンクッション」に黄色の「ガーベラ」

薄紫の「スターチス」。花もいろいろで楽しい感じ

花を支えるように「赤ドラセナ」が受けとめます

 

応接は

 

 

ギュッと詰まった花束は「リンドウ」と「アスター」です

凝縮感が凄いですね〜

 

本堂入り口は

 

 

赤い縁取りの「カーネーション」に緑のまん丸は「てまり草」です

 

エレベーター前は

 

 

ヒョロとした花一輪、「フジバカマ」ですって

秋の七草の一つで、万葉の昔から愛されてきた

日本の秋を代表するような花ですって

なんだか毒もあるらしいですよ〜

 

お手洗い、女性側に

 

 

二種の色違いの「リンドウ」です

 

男性側も

 

 

「リンドウ」です

でも、花の形が少し違うようにも見えますね

 

そして今週の床の間は

 

 

秋の風情「すすき」が床の間に〜

「小菊」や「アスター」そして「ホトトギス」が咲き競っています

 

 

「ドラセナ」の葉やススキの葉が上手く絡んで

まるで秋の庭をそのまま移したみたいですね〜

 

週明けの11日からは大本山總持寺の御征忌です

副住職は両班寮で随喜します。

秋の穏やかな頃なので(台風さえなければ)

お寺の仕事は余り忙しくなく、住職はどこかへ行きたくて

悶々としています〜(だれか誘って下さ〜い!)

| - | 05:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
台風24号の大きな爪痕

台風24号は大きな被害を残して日本列島を縦断

横浜でも瞬間最大風速40メートルに近い風が吹き荒れました

住職も日にちが変わった10月1日午前0時半頃から1時間ほど

眠れずに、本堂や庫裡の点検をしました

本堂は窓枠から水が吹き込みそうで、タオルを詰めて対処

風が弱まってやっと寝付けました。

 

親友の「龍珠院」では寿鈴500年のイチョウが倒れたそうで

深夜から大騒ぎだったようです

 

先ほど様子を見てきましたが、大変ですな〜

 

 

それでも、ぎりぎりでお寺の建物を壊さずに済み

近所の家に倒れて、迷惑かけたりしないで

本当に良かったね

| - | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 秋彼岸明けました

9月20日から、中日をはさんで一週間、26日の明けで

秋彼岸会が無事に円成しました。

20日の「入り日法要」も23日の「中日法要」も

沢山の参拝をいただき、両日とも用意したお菓子が足りなくなるほどでした

天候不順の中、ご参拝をいただいた檀信徒の皆様にひたすら感謝です

 

住職は大本山永平寺御征忌 26日早朝の焼香師の法要に参加

焼香師は中井町 泰翁寺ご住職 柿沼泰信老師でした

老師は4月の私の焼香師の時にご随喜をいただき

ご恩返しができました。

 

他の用事もあって24,25日と二泊して、

26日の昼過ぎに帰ってきました

彼岸中に二泊なんて初めてだわ〜

 

さて彼岸を終えて、9月最後の今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

 

背の高い「ススキ」に「菊」、秋だわ〜

菊は黄色の鮮やかな「ピンポンマム」と真っ赤な「アスター」

9月の花、青い「リンドウ」が赤と黄色を引き立てますね

 

応接は

 

 

赤い縁取り、ピンクの「カーネーション」に

コアラの好きな「ユーカリの葉」です

 

本堂入り口は

 

 

青に赤紫、色違いの「リンドウ」の競演です

リンドウの最盛期は9月ですから、もうじき季節が終わりますね

 

エレベーター前は

 

 

オレンジの「スプレーバラ」、暑さに弱いバラの切り花も

これからは過ごしやすい季節にりますね

 

お手洗い、女性側に

 

 

真っ赤な「アスター」に青い「リンドウ」

 

男性側です

 

 

オレンジの「ケイトウ」にクルッと巻いた「ドラセナの葉」

なんだかケーキみたいですね

 

そして9月最後の週末を迎える床の間です

 

 

自分にとって、とっても生花らしさを感じさせる「石化エニシダ」

ピンクの花は「ネリネ」別名「ダイヤモンドリリー」ですが

ヒガンバナの仲間ですって、10月から11月が旬だそうです

緑色の「ヒペリカム」、花材は多くないけどとても洗練された

素晴らしい一鉢ですね!

 

27日には新しい建物の「施主検査」が終了

10月15日に引き渡しが決まりました。

 

 

 

いくつかの手直しと、追加のお願いもあって工事はもうしばらく続きますが

完成が楽しみです。

| - | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成最後の秋彼岸中日法要が勤まりました

秋彼岸お中日「秋分の日」に恒例の

「西福寺秋彼岸 中日法要」が無事つとまりました

今回の秋彼岸は「平成最後」の秋彼岸になります

さて来年の5月からはどんな元号になるんでしょうね〜

 

法要は沢山の参拝者とともに、法話から始まります

 

 

彼岸の法話は住職の修業時代からの友人である

長野県広勝寺ご住職「茅野憲雄」老師です

老師は僧堂(修行道場)で長く活躍し、現在は長野県長国寺専門僧堂にて

雲水さんの指導に当たられています

お話しは穏やかに、淡々と進みます

 

 

参拝の皆様は、老師が準備された「レジメ」を見ながら、

熱心に話を伺いました

 

法話に引き続き、平成最後の「秋彼岸中日法要」が勤まりました

 

 

香を拈じて、本尊様にお拝をして、挨拶をする住職です

本尊様への供養の後は、秋彼岸法要の始まりです

 

 

秋彼岸法要に向かう住職の思い、招聘する精霊

参拝者の思いをいただいた「法語」が読まれます

 

読経中には参拝者のお焼香をいただきます

 

 

 

お焼香が続く中、参拝者や檀信徒の皆様の思いを供養にのせる

「読込」が始まります

 

 

副住職も大きな声で一生懸命に読み込みます

副住職に負けずに住職も読込を続けます

 

 

こうして「秋彼岸中日法要」が無事つとまりました

この後、「西福寺永代合祀墓 永遠のいこひ」にて

秋彼岸供養が勤まりました

 

 

秋の陽射しの中、厳かに勤まります

 

 

納まっている全ての精霊の戒名、お名前を読み上げます

 

住職と副住職は総代様の家に伺って彼岸供養を勤めました

 

平成30年、秋彼岸中日法要、無事円成です。

| - | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |