SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
  • 今週の生花 相撲もお盆も始まりますよ!
    MW (07/18)
  • 今週の生花 お盆と施餓鬼供養の連絡、発送終了しました 
    MW (06/26)
  • 今週の生花 シンガポールに行ってきました
    MW (06/18)
  • 今週の生花 焼香師報告、見てくれました?
    MW (05/25)
  • 今週の生花 来週は永平寺
    MW (04/22)
  • 今週の生花 日曜日は「花まつり」
    MW (04/08)
  • 今週の生花 三月、春爛漫
    MW (03/04)
  • 今週の生花 三連休に涅槃会
    MW (02/14)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
秋彼岸会 入り日法要が勤まりました

今日は9月20日、秋彼岸の入り日

西福寺では恒例の「秋彼岸入り日法要」が勤まりました

 

ここ数年、入り日は「落語」を法話代わりにしていますが

今年も「桂 歌助」師匠にお願いしました

 

 

演目は「替わり目」という酔っぱらいのお話でした

師匠は先日本をお出しになり

 

 

 

今日はその本を10册ほどお持ち頂き

檀信徒の希望者にプレゼントして下さいました

 

運良くジャンケンに勝った方が10人、サイン入りの本を受け取り

 

 

思わずニッコリでした〜

 

歌助師匠の落語を楽しんだ後は、厳粛に法要が勤まりました

 

 

法要中には参拝のみなさまのお焼香をいただきましたよ

 

 

 

 

 

 

皆様のお焼香をいただいた後は「読込」で

施主様の名前や供養の仏様の戒名、先祖様のお読み上げです

 

 

住職は塔婆供養の読込を

 

 

副住職は主に当日受付の施主様のお読み上げをいたしました。

 

こうして「入り日法要」は無事お勤めあがりました

ご随喜をいただきました各和尚様

ご参列をいただいた檀信徒の皆様

お手伝いの総代様、世話役様、女性陣の皆様

本当にありがとうございました。

 

さぁ、次は23日「中日法要」です

参拝の皆様をお待ちしています。

| - | 15:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 週が明けると「秋のお彼岸」です

今週の生花の生け込みは、お寺の都合で土曜日にお願いしました

そして、日、月と二日の休日を過ごすと20日から秋のお彼岸です

西福寺では例年通り

 

20日午前11時から「秋彼岸入り日法要」

 

23日午前11時から「秋彼岸中日法要」

 

をお勤めします。

 

大分涼しくなってきているので、お参りもしやすいかと思います

お塔婆供養はまだ間に合いますので

お手元の申込みハガキにてお申し込み下さい

 

皆様のご参拝をお待ちしています

 

さて、彼岸前最後の今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

「風船唐綿」の登場です、春に花が咲いて、晩秋に実が熟すそうですが

秋の深まりを感じさせてくれる花材の一つですね

「ストレチア」の花と「ニューサイラン」の葉、「赤ドラセナ」の葉

が夏の残り香を感じさせます。お彼岸って感じになってますね

 

応接は

 

 

カワイイピンクの花は「浜なでしこ」ですって

 

本堂入り口は

 

 

大きな「ピンクッション」に茶色の「ワレモコウ」

「赤ドラセナ」の葉を添えて〜

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの「ミニクルクマ」ですって

葉を見ても分かるようにショウガの仲間ですね

 

お手洗い、女性側に

 

 

鮮やかな赤の「ケイトウ」に散らしたように「ワレモコウ」を〜

 

男性側です

 

 

ピンクの「カーネーション」が二輪、「ケイトウの葉」でむすんで

リボンみたいですね

 

そして今週の床の間は

 

 

秋の風物「ススキ」に真っ赤な「ケイトウ」青の「リンドウ」

そして、散らした「ワレモコウ」

秋の野原に踏み込んだようですな〜

 

応援している「松鳳山関」は土曜日までの成績で

四勝三敗となっています。白星先行で中日に向かいます

彼岸前の18日には総代さんに誘われて、生まれて初めての

「砂かぶり席」での観戦予定です

もちろん「松鳳山関」の応援をしてくるつもりですが

さてさて、どんなことになりますか〜

お話しは続きます〜

 

| - | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 大相撲始まります

日曜日からは「大相撲9月場所」が始まります

先日、「松鳳山関」が来山、親しくお話をし、

今場所への決意を拝聴しました。

その後、本覚寺さんのご紹介で神奈川区の「サンオリーブ」で

本覚寺さんから若奥様、麓遽,気鵑ら住職と副住職の参加をいただき

 

ボリューム満点「メンチカツ」    大きさに驚いた「とんかつ」

 

  

 

そして、みんなでビックリした「ステーキ」

 

 

美味しい肉一杯食べたんだから、今場所も「頑張れ松鳳山!」

 

それでは今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

スクッと伸びた「ヘルコニア」を中心に、濃い赤紫の「リューカデンドロ」

白の「クルクマ」緑の「ヒペリカム」

とても清楚な感じに仕上がりましたね

 

応接は

 

 

大きな百合は「カサブランカ」ですって、ゴージャスです

「雪柳」の枝を散らせて〜

 

本堂入り口は

 

 

ピンクの「カーネーション」に白い「かすみ草」

「ドラセナ」の葉でみんなをひとまとめに〜

 

エレベーター前は

 

 

紫と白の「トルコキキョウ」です

紫が鮮やかですね〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

真っ赤な「ケイトウ」が眩しいほど、白の「トルコキキョウ」と

あわさって紅白になってますね

 

男性側です

 

 

濃いピンクの「ガーベラ」を中心にして、低く拡げてますね

青い「スターチス」と「ドラセナ」の葉で演出します

 

そして今週の床の間は

 

 

高く伸びる「雪柳」に添うように「リンドウ」が従います

下の方に白いポイントのように見えるのは、まだ蕾の「小菊」です

あっさりと、しかも伸びやかに、秋の訪れを知らせてくれます

 

新しい建物は、どうやら完了検査まで漕ぎ着けました

でも、住職が納得できない部分もあり、これから手直しに入ります

本当の完成して、ご覧に入れられるのは晩秋かな〜

| - | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 9月に入りましたよ

いよいよ9月です

20日からは「秋彼岸」です。

でも、大相撲の9月場所もあります

番付届きました

 

 

さて、応援している「松鳳山関」は何処でしょう?

 

右上を大きくすると

 

 

東の真ん中よりチョットだけ左寄り、分かりますか?

もう少し大きくすると

 

 

東前頭七枚目でした、今場所も頑張って小結復活だ!

 

さて9月最初の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

チョット悩ましい感じにそよいでいるのは「日扇の実」

紫の穂状の花は「スピードリオン」ですが

和名は「ジャコウソウモドキ」だそうです

白の「クルクマ」とスクッと立て気味に〜花器ともベストマッチです

 

応接は

 

 

紫の「スターチス」に、白の「ハイブリッドチース」

赤紫の「「スピードリオン」と盛り沢山

「ニューサイラン」の葉をクルッと丸めて出来上がり!

 

本堂入り口は

 

 

ガラスの花器に大きな花は「ピンクッション」です

ここにもクルッと「ニューサイラン」が登場

 

エレベーター前は

 

 

右の方に「ユキヤナギ」の枝が〜

赤紫の「スピードリオン」はここにも登場です

 

お手洗い、女性側は

 

 

白い「ハイブリッドチース」と「ユキヤナギ」です

今度のカメラはヘンに黄色っぽくなることがあります

 

男性側は

 

 

大きな黄色の「カーネーション」と紫の「スターチス」

 

そして今週の床の間は

 

 

「雪柳」が見事だわ〜(ここだけは漢字を使いました)

すっかり秋を感じさせてくれますね〜

雪柳と絡むのは二色の「リンドウ」です

夏を感じるリンドウですが、この作品ではすっかり秋になりました

 

週明けには「松鳳山関」が家族と仲間と一緒に遊びに来てくれます

お寺の行事にも力を貸してくれる松鳳山関

こんな時には、是非食事をご一緒してもらいたいです

力士にしては小食な松鳳山関ですが

それでも大食漢です、若い力士はさらに食べるだろうな〜

何を食べに行こうか、とても楽しみです

| - | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 秋彼岸の連絡、投函しました

さて 来る9月20日より秋季彼岸会となり
下記の通り、彼岸会の入り日法要、中日法要を厳修致しますので
万障お繰り合わせの上 ご参拝 ご焼香下さい
         記
一、日時 9月20日(彼岸入り日 木曜日) 

     午前11時 法話代わり 引き続き 彼岸法要

 

     9月23日(彼岸中日 秋分の日 日曜日) 

     午前11時 法話    引き続き 彼岸法要


一、供養 先祖代々精霊供養 並びに 先祖塔婆供養
     または 戒名読込み塔婆供養
      (戒名の読込み供養は必ず塔婆供養にてお申込下さい)


一、 用意 お布施、塔婆代
 (塔婆代は申込の有る方のみ お布施とは別に一基五千円)

お塔婆はお受取り日の五日前までに申込下さい

お手元に案内が届き、判らないことは連絡して下さい

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

おおきな「アレヤカシ」の葉はハサミを入れて、プチ整形

黄色の「オンシジューム」に濃い赤の「ハイビスカスローゼル」

薄い黄色の「カーネーション」と相まって、台風一過の晴れやかな

陽射しのようですね

 

応接は

 

 

ピンクの「クルクマ」です

なんて言っても花が重そうです

 

本堂入り口は

 

 

鮮やかな黄色の「ヒマワリ」が一本、最後の陽射しを求めて

首を伸ばします、青の「スターチス」が押さえてるみたい

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの色変わりの「スプレーバラ」です

バラは水あげが悪いのよ〜

 

お手洗い、女性側

 

 

こちらも色がかわった「トルコキキョウ」ですね

 

男性側です

 

 

こちらも色違いの「トルコキキョウ」

先が紫のはよく見かけます

 

そして今週の床の間は

 

 

左右に広がる「谷渡り」の葉、紫の「リンドウ」が花畑のように〜

明るい緑の「てまり草」にチョット濃い緑の「ポリシャス」の葉

お花畑が花器からこぼれそう!

 

彼岸の法要は檀信徒以外の方の参列も承ります
詳細は電話、メールでお問い合わせください
なお 駐車場の用意がありませんので 法要当日のお車での
お越しは絶対にご遠慮下さいますようお願い申し上げます

入りの日の法話は「歌助師匠」の落語になります

楽しみにして下さい

| - | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |