SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今週の生花 焼香師報告、見てくれました?
    MW (05/25)
  • 今週の生花 来週は永平寺
    MW (04/22)
  • 今週の生花 日曜日は「花まつり」
    MW (04/08)
  • 今週の生花 三月、春爛漫
    MW (03/04)
  • 今週の生花 三連休に涅槃会
    MW (02/14)
  • 今週の生花 先週に続いて工事現場を少し〜
    MW (01/27)
  • 今週の生花 本年最初の生花は〜
    MW (01/15)
  • 平成三十年 新年あけましておめでとうございます
    MW (01/03)
  • 今週の生花 年内を飾る最後の生花です
    MW (12/24)
  • 今週の生花 8日は成道会
    MW (12/12)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
<< 今週の生花 間もなく3月、春ですぞ! | main | 今週の生花 お彼岸まで一週間 >>
今週の生花 三月、春爛漫

いやぁ〜3月ですよ!

「光陰矢の如し」と申しますが、月日のたつのは早いものです

落語に

「月」さんと「太陽」さんと「雷」さんが同宿して

朝、「雷」さんが目を覚ますと、「月」さんも「太陽」さんも

すでに宿を出発していて、「雷」さん曰く

「月、日がたつのは早いものだ」

すると宿屋のご主人が

「「雷」さんも出発しますか?」と訪ねると

「私は夕立にしよう」と答える小話がありますが

本当に月日がたつのは早いものです

 

さて、三月最初の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

それこそ正面に「お雛様」がいらっしゃって

この土日まではお花は右側に寄ってもらいます

 

 

お雛様は4日の日曜日まで飾る予定です

さて、脇によけた生花は正面から見ると〜

 

 

こんな感じです

それでは生花の方をアップにしましょう

 

 

 

満開の「啓翁桜」に白い「トルコキキョウ」

紫の「スターチス」に「ドラセナ サンデリアーナ」の葉を添えて〜

 

応接は

 

 

大きなオレンジの「ガーベラ」に鮮やかな緑の「てまり草」

大きな葉は「ブラックタンゴ」ですね

 

本堂入り口は

 

 

縁の赤い、白の花弁は「ラナンキュラス」ですが

茎の太さに比べて、なんとも頭が重そうですね

「コデマリ」と一緒に

 

エレベーター前は

 

 

赤の「カーネーション」に「ドラセナ サンデリアーナ」です

 

お手洗い、女性側は

 

 

緑の「トルコキキョウ」にここにも「ラナンキュラス」が登場です

 

男性側は

 

 

開くと白っぽくなる「トルコキキョウ」に「コデマリ」です

 

そして今週の床の間です

 

 

「コデマリ」がニギヤカに広がります、紫の「アイリス」と

真っ赤な「カーネーション」が印象的な作品です

わりと脇役が多い「コデマリ」ですがここでは主役ですね!

 

ひな祭りは3日

お雛様は3日が過ぎたら早くかたづけるのが良いそうですが、

お客様もいらっしゃるので

お寺では4日の日曜日までそのままにするつもりです

飾っているお雛様よりずっとカワイイのは

 

 

やっぱりお寺のお姫様とお内裏様ですな〜

こっちもあっという間に大きくなりましたわ〜

| - | 18:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
早いものですね。
3月って気温が上がって、段々と日が長くなって花が咲きはじめて、
道行く人も薄着かつカラフルになってきて、雰囲気がガラっと変わるんですよね。
進学就職異動などで生活や環境が変わる人も多いし、別れの季節でもあります。
新卒就活や公務員試験に打ち込んでる人にとってはまさに追い込み時でしょう。

私は毎年この時期は「何かやらなきゃ!」「始めなきゃ!」
「停滞はいけない」って焦りばかりが募ってしまいます。
この焦燥感は嫌いじゃないですが、少々しんどくもあります。
一日30時間くらい欲しいです…。切実に。


そんなわけで、そろそろ我が社からの脱北を考え中なんですが、
面倒がり故、スカウトメールの仕分けだけで体力を使い果たす始末です。
まどっち雇ってくれ!宅建管業簿記FPなら今年中揃うから!
(※なおブルーカラーの模様)
| MW | 2018/03/04 10:02 AM |










http://blog.saifukuji-home.com/trackback/1618482