SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今週の生花 相撲もお盆も始まりますよ!
    MW (07/18)
  • 今週の生花 お盆と施餓鬼供養の連絡、発送終了しました 
    MW (06/26)
  • 今週の生花 シンガポールに行ってきました
    MW (06/18)
  • 今週の生花 焼香師報告、見てくれました?
    MW (05/25)
  • 今週の生花 来週は永平寺
    MW (04/22)
  • 今週の生花 日曜日は「花まつり」
    MW (04/08)
  • 今週の生花 三月、春爛漫
    MW (03/04)
  • 今週の生花 三連休に涅槃会
    MW (02/14)
  • 今週の生花 先週に続いて工事現場を少し〜
    MW (01/27)
  • 今週の生花 本年最初の生花は〜
    MW (01/15)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
<< 今週の生花 尺八追悼演奏 | main | 速報 永平寺に行ってきました >>
今週の生花 来週は永平寺

住職30余年、お陰様で永平寺の「報恩授戒会」で

初めての「焼香師」を勤めることになりました。

 

 

曹洞宗大本山「永平寺」では4月23日から29日まで「報恩授戒会」が

行われます。授戒会とは、お釈迦様の弟子になることを希望した方々

(仏戒を受ける戒弟と呼ばれます)が一週間を通して毎日坐禅や礼仏、

供養を行い、尊い説戒や説教を聞き、ともに供養を勤めながら

お釈迦様の教えを体験し、お釈迦様の弟子になるための大法要であります。

その授戒会中に行われる法供養の導師を大本山永平寺のご住職にかわって

お勤めするのが「焼香師」です、住職は六日目、4月28日早朝の予定で

法要は永平寺のご開山「永平道元禅師」の朝一番のお茶とお食事を捧げる

「高祖大姉 献粥諷経」になります。

 

大本山永平寺の「焼香師」を勤めることは大変な名誉でありますが

自分に相応しいかどうか、甚だ不安なところであります

 

しかしながら、神奈川県祖門会会長 本覚寺守長老師に頼まれれば

断れる訳はなく、喜んで(?)承りました。

 

法要には一泊二日の予定で西福寺総代様にご同行をお願いし、

お寺の奥様と一緒に早朝の永平寺までご足労をお掛けします。

侍者は副住職に勤めさせ、侍香には龍昌院の道信さんをお願いしました。

あがり症であわて者、記憶力の悪い住職のことですから

はてさて、どういうことになりますか?ご報告は後日改めて〜

 

それでは大役を控えた今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

もうすでに晩春の風情もなく

30度を超える真夏のような気温になるって!

そりゃぁ〜、五月の花も出てくるわな〜「ショウブ」の蕾です

上手に咲くとイイな〜

こちらもまだ蕾の「シャクヤク」これも上手く咲くかな〜

緑色の変わった花は「モルセラ」です、以前にも紹介しました

確か丸く見える緑の花のようなものはガクで

中に白い小さな花があるんですよ、確認しておきます。

 

応接は

 

 

ピンクの「カーネーション」がなんとも春っぽいですね

こちらはまだまだ春の風情です

赤紫の「スターチス」に大きな「ギボシの葉」を添えて

 

本堂入り口は

 

 

おとぎ話に出てきそうなブルーと白の花は「デルフィニウム」です

あわいブルーがおとぎ話みたいですね、「ドラセナ コンパクタ」と〜

 

エレベーター前は

 

 

濃いピンク、大きな「ガーベラ」の一輪挿しです

これ、本当に大きくてキレイですよ!

「ドラセナ コンパクタ」が少しあるだけで花の色が鮮やかに見えます!

 

お手洗い、女性側は

 

 

ピンクの「カーネーション」に「デルフィニウム」

淡い色同士でお孫ちゃんのドレスみたいです

 

男性側は

 

 

オレンジ色の「スプレーバラ」です

先週に引き続き、男性トイレはバラですね、決まりです!

 

そして、今週の床の間です

 

 

白い花の付いた「石化エニシダ」です

花の付くのはチョット珍しいかも〜

赤い「シャクヤク」こちらは半分開いてますね、

赤紫の「スターチス」と一緒に〜

 

と言うことで、来週の金曜日、住職は永平寺に籠もります

先生はいつも通りお花を活けて下さいますが

ひとまず来週の「今週の生花」はお休みにします

その代わりに「焼香師」の顛末をご報告をするつもりですが

法要中の写真が撮れないので、はてさてどうしましょう?

 

| - | 12:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
こんばんわ。
これはとても大役ですね。おめでとうございます。
入場の挨拶は雲竜型よりも不知火型の方が似合うと思います!!



想像ですが、お坊さんってお経唱えながら全体の進捗を管理するような
同時進行、同時処理といったマルチタスクが多いのではないでしょうか。
お経や説法における読み出しの速さはさることながら、
イレギュラーやアクシデントへの即時的対応やアドリブといった
現場判断の要素もあり、短期記憶やワーキングメモリ
(頭の中のメモ帳)を相当に使われることと思います。


これらの能力に優れ、
全体を見ながら的確に指示したりテキパキと物事こなせる人は本当に尊敬します。
大舞台で上がらず、不測の事態にも動じない人って本当にカッコイイですね。

私は先天的に忘れっぽく、これは努力しても治らないので
(4泊5日の弓道部合宿で袴持ってくるの忘れるレベル)
事前の段取りやシミュレーションは繰り返し行い確認し
メモ、ルーチンなども駆使してなんとか騙し騙し切り抜けてます(笑
足りないワーキングメモリは外部化することで補い、
アクシデントはシミュレーションしておくことでアドリブを回避する。
こうして緊張によるド忘れや判断力の低下を受けにくくしています。


永平寺は正月のNHK特番で見ましたが、とても厳かで神聖なところでした。
映画「フルメタルジャケット」の「ハートマン軍曹」みたいな世界感とは
全くベクトルは正反対ですが、生半可な覚悟ではダメなのは同じですね。
私はこちらの方が大変だと思いました。
| MW | 2018/04/22 11:52 PM |










http://blog.saifukuji-home.com/trackback/1618489