SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
コメントありがとうございます
rokohiさん、コメントありがとうございました。

先生が復活してから奥様はすっかり生花から離れ、お陰様で寺庭婦人として、集会や研修、会合に頑張っています。
それでもrokohiさんのコメントを読んで
「また活けてみようかな?」
などとのたまわっております。
実は奥様もお客様に見せない所(仏壇まわりや居間)では時々活けていて、それこそ花ビンに挿す程度のお花ですが、住職の身の回りには花が途切れることは滅多にありません。
今度は内緒で紹介しましょう。

rokohiさんも4月から再び生花を始められたとか、お花がご自宅に飾られるのは素晴らしいことだと思います。
でも、何よりも花に向かうrokohiさん自身の時間を楽しんで下さい。
日常と異なる時間がきっとrokohiさんをより美しく導いてくれるでしょう。

よかったら作品を送って下さい。メールでいただければここで紹介します。
楽しみに待っています。
| - | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 5月も終わりです
いつも西福寺のページを覗きに来て下さり、ありがとうございます。
5月もあと3日で終わり、月日のたつスピードに驚かされます。

まだまだ、だいぶ先だと思っていた「文化に親しむ集い」もあと2週間!
先日参加者の皆様にはご案内を送りました、よくご確認の上、時間厳守でお集まり下さい!
シルクドソレイユの「ZED」を楽しみにしています。

さあ今週の生花です

正面玄関は

「南天」のきれいな葉が初夏を飾り、ゆりの花が彩りを添えています。

応接は

この花名前なんだっけ?

本堂入り口

「バラ」と「くじゃく草」です

お手洗いは、男性が


女性が

かわいい小さな花が待っていてくれます。

小さな花は

「アルストメリア」と「シマフトイ」

床の間は

大胆な「シマフトイ」に「笹ゆり」「黒ゆり」の競演です。
写真を撮ったのが6時前なのでゆりはちょっとお休み中、日が射すともっと元気になるよ!
| - | 06:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
新盆のご案内
5/25、新盆を迎える方にご案内を送付しました

○ご自宅のご仏壇での新盆供養をご希望される方

○7/25にお寺での新盆施餓鬼での供養をご希望される方

○どちらもご希望される方

など書面をよくお読みの上、6/15までに返信はがきにてご連絡をお待ちしています。

新盆について

丁寧な新盆(しんぼん、にいぼん)の迎え方

四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」「しんぼん・にいぼん・はつぼん」などと呼びます。

故人が仏になって初めての里帰りということで新盆のご供養は、みなさん特に丁寧にやってお弔いをします。

間違えやすいのが故人の四十九日にならないうちに前にお盆を迎えた時、翌年が新盆になるので気をつけましょう。
分かりやすく言うとお骨か白木のお位牌があるうちは、お盆が来ても新盆ではありません。

新盆の時には仏壇の前に盆棚=(精霊棚)を儲け、初物の農作物でつくったお供物(きゆうり・なす)を飾り、供養膳に精進料理をもり、白玉・だんご・果物・故人の好物なども供えます。

蓮の葉やおがら、わらで造った馬や牛などは花屋さん、八百屋さんなどで売ってますので用意してください。




そして仏壇のそばや軒先、玄関先などに一つ新盆の白い提灯を飾ってあげます。この提灯は故人が家に帰る目標になります。


白い提灯は新盆の家で購入します。

ご希望の方にはお寺からの連絡で予定を決めて読経を勤めます、親戚や故人と仲のよかった友人などを呼ぶ方もいらっしゃいます。
故人の思い出話などをしながら会食の場をもうけるのも素晴らしい供養です。


また、新盆には提灯を親戚が贈る習慣があります。

最近では現金で「提灯代」として贈るケースなどもあるようですね

絵柄の入ったきれいな提灯は毎年のお盆に使い、白張り提灯は新盆の時、今年限りのものです、使い終わったら施餓鬼供養でお寺に納めるか、迎え火のとき一緒に燃やしてください。

絵柄の入った盆提灯は毎年使えるので、ちょっといいものを用意しておいたほうがお得かもしれませんね。

| - | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 久しぶりに住職の大人買い
こんにちは 
やっと初夏らしい陽射しを感じて「溌剌」と過ごした一週間でした。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今週は久しぶりに住職のマンガ大人買いがあり、前から気になっていた作品を購入、一週間かけて読破しました。

そのマンガは

そうです「BECK]です。
全34巻一気買いです

うまく場所見つけて近日中に西福寺マンガ図書館に登場するでしょう、檀信徒のよい子とよい大人は楽しみに待っていて下さい。

さて今週の生花です。

正面玄関は

今回は枝もの中心で「どうだんつつじ」「リューカデンドロ」「ナルコラン」「ソリダスタ」です。青葉がとても綺麗です。

本堂入り口です

「オクラレルカ」と「トルコキキョウ」。黄色い小さくてかわいい花が「オクラレルカ」かな?
ちょっとヘンな名前ですね

一階応接には

「ヒマワリ」です!もう夏がすぐそこ!

小さな花は

黄色いかわいい花と「トルコキキョウ」です

お手洗いは、女性が

これは「ガーベラ」と「コデマリ」かな?ピンクがとてもお洒落ですね

男性は

「バラ」です!オレンジ色大好き!

そして床の間は

「アリウム」に「ギボシ」です。今回は背の高さを上手に見せてくれています。
| - | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 一難去ってまた一難
陽射しが強くなってなり、初夏の香りが満ちてきました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先週の生花で報告したように、ノルウェイからのゲストを成田に送り、先週までの「一難」は帰国して去っていきましたが、今週、当方の奥様は神奈川県第二宗務所の寺族代表(いつの間にか奥様は出世してました)として永平寺に向かい、全国曹洞宗の「寺族中央集会」に参加してきました。一週あけて二度も永平寺に!まさに奥様にとっては「一難去ってまた一難」の状態でした。

奥様が永平寺に泊まった夜は、寒波のために肌寒い日となり
「足は痛いわ、寒くて震えるわ、もう死にそう!」
と、泣きのメールが届きました。「そりゃぁもうご苦労様でした」と言うしかないね。
ちなみに今週、住職はとても緩やかな時間を楽しみました。ゴメンナサイ。

さて、今週の生花です

正面玄関は

白い花瓶に花は控えめ、「トルコキキョウ」に「クラスペディア」「つわぶきの葉」だそうです。2本のクラスペディアが広がりをつくっていますが、全体に小ぶりです。

本堂入り口は

小さな二鉢で、黄色い「カラー」の一鉢と「小菊」に「カーネーション」の一鉢です。
花器もとてもかわいいね。

一階応接には

シャクヤクの蕾が、開くと豪華ですぞ!

小さな花は

かわいい「トルコキキョウ」

お手洗いは女性が

紅白のかわいい花、名前は何かしら?
男性が

有田の小さな花瓶に「カーネーション」です

そして、床の間は


大きく広がる「梅花空木」に「ギンガジューム」「シャクヤク」です。
左右に思いっきり広がり、大きな花を充分に支えています。
そうか!この床の間の花があるから正面玄関があえて小さめなんだ、と納得しました。
| - | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 一難去ってまた〜
今朝7時30分、重い荷物を車に載せて、住職の運転でノルウェイのお客様は一路成田空港へ向かって帰路につきました。

昨夜は家内の手料理でさよならパーティ!シャンパンは開けるは、ワインは開けるはの大盤振る舞い。

途中から小林君と娘も参加して、飲めや歌えやの大騒動。家内もわたしもこれが最後ともう一頑張り。本当に楽しくて、あっという間の2週間でした。

さて成田から帰って、今週の生花です。

正面玄関は

背の高い「アリウム」「菖蒲」の競演です。今日の正面玄関は縦長です。

本堂入り口は

満開の「シャクヤク」です。艶やかですね!

小さな花四点です

エレベーター前

応接脇

男子トイレ

女子トイレです

さて、今週の床の間は

中心に「カラー」左右に「イボタ」と「ドラセナ」です。正面玄関に対してこちらは横長に活けられています。このあたりもきちっと対称になっているんですね。

今週も素晴らしいお花です、是非ご覧あれ!
| - | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あっという間に
今日は5月6日ゴールデンウィークも終わり、きっとどこもかしこも人がいっぱいで大変だったんだろうな〜
でも、それはそれで楽しい思い出を作れたんだと拝察申し上げます。

さて西福寺は、ゴールデンウィーク中も毎日のように法事があって、せっかくノルウェイから客人がいらしているというのに、かなりホッポリパナシで、彼らは彼らで勝手に東京に行ったり、横浜をウロウロしたりしていたらしいです、ハイ。
夜は上大岡駅の周辺のバーに出入りして、結構受けていたという情報も入っています。何より日本の滞在を楽しんでいただけたら嬉しい限りございます。

そんな中で、3日の法事終了後道宗さんを連れて、武覚寺が大変お世話になった長津田の「大林寺」と上星川の「東光寺」に拝登しました。
特に「大林寺」はつい先々月に先代住職が亡くなり、武覚寺の宗禅師に代わってお墓参りをすることができたことを道宗さんはことのほか感激していました。

夜は西福寺主催で歓迎夕食会を日本大通りのドイツ料理店「アルテリーベ」で、道宗さんとトールビヨーグさんの結婚祝いも兼ねて、東光寺ご夫妻のご同席もいただき、賑やかにおこなわれました。


結婚祝いの花火つきのデザートに大喜びの道宗さんとトールビヨーグさん


改めてカメラに向かって「はいポーズ」
参加者の「コングラッチュレーション!」ににっこりされてました。

「アルテリーベ」を出て、カラオケで日が変わるぐらいまで大騒ぎをして、5日には東光寺さんが東京に連れて行ってくれるという約束つきでお別れの抱擁、素晴らしい一日を過ごしました。

明日7日は彼らが帰ります。5時に起きて成田まで送っていく予定。
12日間、2週間なんてあっという間でしたね。
それでも、あ〜あ疲れた!
| - | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
KSさんコメントありがとうございました
KSさんコメントありがとうございました。

家内は一泊の小旅行で精も根も尽き果てたようですが、「さわらぬ神にたたりなし」とあえて触れずにいます。
それでもKSさんのコメントを読ませると、涙を流して(?)喜んでおりました。何か報われたような気がしたそうです。

是非お寺に遊びにいらして下さい、山内一同KSさんのご来山をお待ち申しております。
| - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 先生もインターナショナル
やっと春らしい陽射しと気温になってきました、皆さんはゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?

この情報をお読みの方はご存じのように(読んでない方は過去情報参照のこと!)西福寺はノルウェイの道宗さんご夫妻が滞在され楽しい、そして刺激的なゴールデンウィークになりそうです。

さて、今週の生花は?

西福寺の生花はだいたい金曜日の午後、先生が2~3時間かけて活けて下さいます。昨日は尺八演奏があったりして少し早めに始まった活花ですが、ちょっと先生に無理を言って、トールビヨーグさんもご一緒にお願いしました。
花や動物が大好きなトールビヨーグさんは当然活花にも興味津々。「先生と一緒にどうですか?」と水を向けると、二つ返事で「I WANT TRY」。

そこでこうなりました

「ここに枝を刺して、ここの葉をとって」と英語を交えて先生。


「オー!ディフィカルト」とトールビヨーグ。

そしてできた作品が、今週の正面玄関です

花は「サンスベリア」「ヘルコニア」「レースフラワー」「ソリダスター」だそうです。
先生はお上手な英語を介して丁寧に指導。指導後、トールビヨーグさんに活花の「剣山」をプレゼント。日本とノルウェイのとても良い友好になりました。
トールビヨーグさんの活花はこの一鉢で終了、活花自体も一時休みでみんなで尺八の演奏会を聞きました。

演奏会終了後に先生はもう一頑張り!本堂入り口です

花は「カーネーション」と「ヒペリカムの葉」です

小さな花、今週はお手洗いのも紹介して三点です




そして床の間は

「アリウム」「クラスペディア」「エビデンドロ」です。とてもシンプルで芸術的です。

今週は飛び入り参加もあり、先生は花を活けるより英語をしゃべる方でお疲れになられたようです。ほんとうにありがとうございました。
| - | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |