SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 七月も最後の日
こんにちは、今週の生花です。

七月は、お盆のお経、施餓鬼供養と一年で一番忙しい月ですが、今年も何とか乗り切りました。
ここに来て多少疲れが出ているような気もします。元気なのは、毎晩どこかに出かける副住職だけのようです。若いってイイですね〜

さて一週間休んで、今週の生花です

正面玄関は



「あじさい」と「ヒマワリ」「ドラセナ」です。
「ヒマワリ」があると本当に夏なんだなって気がします、花言葉は「熱愛」「あこがれ」です。
どなたでも、どうぞ住職に「あこがれ」て「熱愛」をプレゼントして下さい!
もちろん女性の方がいいです〜
アッ!「アジサイ」の花言葉は「移り気」「高慢」でした、
大変申し訳ありませんでした。

本堂入り口は



「デルフィニューム」と「くるくま」です。
うすむらさきのくるくまと青いデルフィニュームの取り合わせが可愛いですね
「くるくま」って「うこん」の仲間なんですよ!

小さな花は

エレベーター前が



「ナデシコ」です、いつもよりボリュームのある小さな花になりました。
ちなみに花言葉は「もえる愛」です、ムフフ・・・

お手洗いは 男性が



女性が



となっています。

さて、本日の床の間は



「ケイトウ」に「雪柳」「ナルコラン」そして「ブルーファンタジア」です
前にも書きましたが「ケイトウ」は住職的には「冬」のイメージで、おまけに「雪柳」ですよ、
でも、活けられた鉢はやっぱり夏なんですね、名前は当てになりませんね〜
「ケイトウ」の花言葉は「警戒」そして「感情的」だそうです。
意味深ですね〜

今週も素晴らしい花になりました。ありがとうございました。
| - | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本年も施餓鬼供養が無事に勤まりました
今年も 25日 午前中に「盂蘭盆会 新盆施餓鬼」が
午後に 「盂蘭盆会 大施餓鬼」が大勢の参拝の方を迎え、沢山のお寺さんにお力をお借りして無事に勤まりました。

午前の「新盆施餓鬼」は、午前10時、説教師を
 曹洞宗 出版部長 横浜市神奈川区 宗興寺 ご住職 中野重哉老師
にお願いして、法話からスタート。



素晴らしい法話は不断の努力、積み重ねた勉強から。
中野老師にはいつも頭が下がります。
でも、私とはとても仲良し!

約50分の法話に引き続き「新盆施餓鬼」



供養に向かう住職の思いを述べ



お手伝いのご住職や副住職さん達で本堂もいっぱい!20人以上の読経は素晴らしいハーモニーに





お焼香も沢山の檀信徒の皆様が勤めてくれました。

そして、午後は「盂蘭盆会 大施餓鬼」です。

法話は、旭区さちが丘 長昌寺ご住職 玄野孝善老師です



玄野老師はよき先輩です!

法要が始まり、30人以上の和尚様の読経が流れます。




前に出て焼香をする住職、その向こうには侍者を勤めた副住職 裕貴師の顔も見えます。

今年は25日が日曜日にあたり、本当に沢山の参拝の方がいらして下さいました。



一階ホールも人でいっぱい!



階段まで人が溢れてしまいました。

供養の読込が本日のメインイベント



副住職も一緒に供養帳を読込み、一生懸命頑張りました!



暑い思い、大勢の人いきれの中で熱心にお経を聞いていただいた檀信徒の皆様、本当にありがとうございました。そいて、本当にお疲れ様でした。
お陰様で、とてもよい供養ができました。
| - | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今日はお休み
今週の生花を楽しみにして下さってる皆様こんにちは。

さて、今日は生花を紹介するの土曜日です。が、

今週は明日25日の日曜日が「西福寺 新盆施餓鬼、大施餓鬼供養」当日となり、生花はお寺中の掃除や準備が終わってから、今夕にお願いをしています。

そして、施餓鬼当日は朝から超多忙で、アップしているヒマがないと思うの〜

と、いうことで、今週の「今週の生花」はたぶんお休み、ゴメンナサイ。

もう間もなく、お手伝いの和尚さんや女性の方がいらして、お寺は施餓鬼体制に突入!

今日一日目一杯頑張って明日の支度するぞ! 



本日、正面玄関を飾る花は、八丈島のお檀家さんが施餓鬼のために送って下さったお花の盛り花です。Fさんありがとうございます。

| - | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いよいよ25日施餓鬼会の法要です
梅雨明けの三連休も終わって、いよいよ夏本番です。
この連休にどちらかに遊びに行かれた方はお疲れ様でした。

境内の「百日紅」に最初の一花が咲きました。



きっと、長く暑い夏の間、お寺を訪れる方の心を癒やしてくれることでしょう。

そして、今週の日曜日、25日はいよいよ西福寺の施餓鬼供養です。

午前10時からは「送り盆 新盆施餓鬼」が
午後1時からは「送り盆 大施餓鬼」が勤まります。
お寺の掲示板も「お盆」のお話しから「施餓鬼の案内」に変わりました



「施餓鬼供養」はお盆の送り供養として勤められ、西福寺一年の法要の中でも一番規模が大きく、沢山の人が集まる法要になります。和尚さんも午前午後のべにすると60人ぐらいの数になり、本堂を練り歩いてあげるお経は、普段供養されていない餓鬼や亡者の魂も含めて一切精霊を供養し、その大きな功徳が回らされることによって、参拝者の皆様の家族や祈る所の精霊、ご先祖様に何倍にもなった功徳が行き渡る法要となります。

是非ご参拝をいただけますよう、ご案内申し上げます。

| - | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 たぶん梅雨明け
事故のことでは、随分たくさんの方にご心配をおかけしました。
車は修理に入りましたが、住職と副住職は怪我もなく、ピンピンしています。
どうぞご安心なすって下さい。

今年はたぶん二日前、15日に梅雨はあけたんだと思います。
だって、昨日も今日の朝もすっかり夏の空ですよ!

でも、今年の暑さは少し優しいような気もします。風が爽やかですよね、今のところは〜

さあ待望の三連休です、生まれたての夏を楽しんで下さい!

と言うことで、今週の生花です

正面玄関は



今日は「カラー」です。よく見るとやっぱり先々週の「アンスリューム」とは随分違いますね。
白の取り合わせが、夏の玄関に爽やかさを運んでくれます。

本堂の入口は



ピンクの「カーネション」とムラサキの「スターチス」です。

小さな花は
エレベーターの前が



とてもかわいい「ヒメヒマワリ」です。かわいい黄色の花です

お手洗いは 女性が



かわいい花束です

男性は
ピンクの「ばら」です。

そして床の間は



「ヘルコニア」と「ドウダンツツジ」「ソリダユ」です。
すくっと伸びた生花に
夏らしさを感じますね。
| - | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメントありがとうございます
rokohiさんコメントありがとうございます。

ご心配をおかけした事故のことですが、住職も副住職もお陰様で怪我はなく、お盆を迎えてピンピンしています。お心遣い本当にありがとうございました。

生花は先生の活躍で、毎週お寺中に飾ることができ、本当に助かっています。
ただこの時季はお花がもたないので、先生も苦労されているようです。

住職も奥様も、ダメになった花はこまめに取り除くようにしていますが、せっかくの生花の形を壊しそうで、なかなか手を出しづらい所もあります。

それでも、花を換えたりして暑い夏を乗り越えるつもりです。

rokohiさんも、生花で家の中に季節を運んであげて下さい。
| - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 梅雨絶好調
いや〜、ベタベタです。
梅雨です!
所によってはゲリラ豪雨で被害も出ているようです。
特に九州地方は大変なことになっているようですが、場所にかかわらず被害にあった皆様には衷心よりお見舞い申し上げます。
さて、週が開けるといよいよお盆です。
西福寺のお盆は七月盆で、週明けから新盆の方を中心にお盆のお経回りも始まります。
お手伝いのお坊さんも何人かいらして、お寺はすっかりお盆モードに突入です。
集まる和尚さんは、若い頃から西福寺を手伝ってくれている方ばかりで、仕事より旧交を温めることの方に熱心で、半分同窓会みたいな所もあって、毎晩のように呑みに行くことになりそうです。
私の身体はもつかしら?

そんな梅雨の朝ですが、今週の生花です。

正面玄関は



白い縦長の花器に、綺麗にもられたのは、「アワ」とオレンジと赤の「鶏頭」です。
「鶏頭」は夏の花ですが、なぜか子供の頃はその名前を「毛糸」と勘違いして冬を連想していました。
でも、モッコリした姿は夏より冬向きかも!

本堂入り口は



「カーネーション」と青ムラサキの丸い花は「瑠璃アザミ」です。まるで、青い葱坊主みたいで
お寺にぴったり!

小さな花は

エレベーター前が



「キキョウ」と「ワレモコウ」です。

お手洗いは男性が



黄色い「バラ」

女性が



「ひまわり」ですね。今日は洗面台も一緒に写して、小さなかわいさを出してみました。

そして床の間は



「ひまわり」とお盆ということでちゃんと「ホウヅキ」です。
花器を離れてポツン置かれた一つも新鮮です。
なぜお盆にホウヅキかというと、昔はロウソクも油もとても高級なもので、提灯も行灯も簡単には手に入らなかったようで、どこの家も明かりが乏しい中、せめてお盆の時ぐらい提灯をつるして賑やかにご供養したいけれど、とても提灯なんて、ってところで「ホウヅキ」を提灯に見立てて仏壇や盆棚に飾り、少しでも豪華に見せたかったからだそうですよ。
一晩中、好きなときに電気の力で明かりを灯せる現在ではとても考えられないことですね。
むしろ「ホウヅキ」の方が全然高級かも!
| - | 06:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 7月第一弾です
7月に入って二回目の情報です。
実は住職と副住職は7月1日に首都高速横羽線の上で事故に遭いました。
住職と副住職が所用のため別々の車で大本山總持寺に行き、帰り道に2台続いて走っていた所、一台おいて、その後ろの車に追突され、なんとお寺の車2台が一瞬で壊れてしまいました。
すぐにでも修理をして、お盆には間に合わせたい所です。
なお、住職も副住職も自身は無傷なのでご安心下さい。

さて、今週の生花です

正面玄関は

「オクラレルカ」「あじさい」等の白っぽい花がブーケのように活けられています。
写真ではすべての花が同じ色のように見えますが、右側の花の色がわかりますか?
ピンクのかわいい「ガーベラ」です。写真写りよりもずっとかわいく活けられています。
それでは「ガーベラ」のアップです

アップにすると、ピンクの色が出てかわいさがハッキリ伝わりますね。

応接の花は

黄色の小さなバラです。しばらくこ応接のコーナーを飾ってくれた生花でしたが、夏はこの場所が厳しいと言うことで、しばらくこの場所には生花を置かないことになりました。最後の応接コーナーです。

本堂入り口です

「アンスリューム」と言うことですが、「カラー」に似ています。
「カラー」よりも茎が細くてひ弱な感じの花だそうです。、最近はいろいろな花があるんですね。

小さな花は
エレベーター前は

一寸地味な色合いで「カンガルーポ」と「ルケシラモリス」ですって。

お手洗いは



です。とても清浄な空気を醸し出してくれていますね。
こうして花を活けておくと手洗いがいつまでも綺麗なんですよ、花のもつ不思議な力の一つです。

さて床の間は

大きな「イト芭蕉の葉」に「柏葉あじさい」です。いつも西福寺の生花は金曜日に花屋さんが届けてくれたものを先生が活けて下さるのですが、この「柏葉あじさい」はお寺の庭からの登場です。
柏の葉のような葉の形と少しとんがった独特の花の形のあじさいですが、床の間でも上手に色を変えてくれるでしょうか?
| - | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月に入って
いよいよ7月の声がかかって、今月はお盆の行事、25日の施餓鬼供養と、お寺はフル回転。
既に副住職は塔婆にかかりっきりで、毎日一生懸命書いています。
今年も素晴らしい供養を勤めて、皆様に大きな安心をプレゼントしたいと思っています。

ふと気がつくと、ベランダの金網の上に小さなお客様が

もうすっかり夏なんですね!
| - | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |