SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
rokohi様 コメントありがとうございました
 rokohi様、いつも穏やかで優しいコメントをありがとうございます。
 rokohi様のおっしゃるとおり、良い花屋さんはなかなか難しいようです。
西福寺のお花の先生も
「生花人口自体が減っているので、花屋さんも良い花材を仕入れないのよ」
とおっしゃってました。
お寺にとって花は日常の問題で、嫁さんにもお花だけは勉強してほしいと思っていますが、意欲よりも他の用が先行するみたいで、なかなか思うようにはいきませんな〜
 rokohi様もお花を楽しんで、是非作品をお送り下さい、早速このブログに載せさせていただきたいです。
| - | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 11月の最後の週
 最近「新着情報」は他に何もトピックスがなく、一週間に一度「今週の生花」だけになってますね〜、大変反省をしています。
でも、なかなか面白い話しって無いもんですよね、個人情報の許せる範囲で面白くて、為になるような話しを探して頑張ります!

さて、今週の生花です

正面玄関は


赤く、うねりながら昇っていくような枝ものは「染めた雲龍柳」
柳に巻き付かれているように立ち、濃い赤の花をつけているのは花屋さんのメモでは「リューガデンドロ」なんだけど調べると「レウカデンドロン」
やはり赤く咲く「ヘルコニア」足元を支える葉は「ドラセナ」
そして白いアクセントに「トルコキキョウ」
何とも妖艶な趣の一鉢です。

応接は


先週と同じ二隻の小舟のような花器に鮮やかな黄色の「ガーベラ」
葉は葉脈が色変わりしてカワイイ「クロトン」です

本堂入り口は


淡い色の花がいっぱい!
黄色と白っぽい取り合わせの「キンギョソウ」と受け止めるのは「ドラセナ」です

小さな花は、エレベーター前が


カワイイピンクの「スプレーバラ」
暗いうちに写真を撮るのでこのカワイイ色がなかなか出ないのよ〜

洗面所は男性用が


白い「マーガレット」と「ヒペリカム」

そして女性用が


ちょっとにぎやかに盛り花です。紫でアザミに似た「エリンジューム」黄色の小さな花「ソリダスター」、そして「ヒペリカム」
ヒペリカムは最近は葉物「紅葉ヒペリカム」で来てたんだけど、今週は真っ赤な実をつけての登場です。

そして今週の床の間は


ピンクと白の大きめな「トルコキキョウ」に暖かさを演出した「ソリダスター」
左右に広がる枝は「土佐水木」だそうで、枝には小さな蕾が沢山付いています、花は晴咲くそうですが、今週のうちに咲くとイイな〜

| - | 06:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 あっという間の一週間
 今週の生花です

いや〜、大分寒くなってきました。
そのせいなのか、今週はとても忙しくて、住職も副住職も小林師もとても頑張りました。まさにあっという間の一週間でした。
特に小林師には、住職に近所の方から頼まれた法要があったので、一晩泊まりで秩父まで通夜、葬儀に行ってもらいました。
小林師の報告では、通夜、葬儀ともとても良いご供養になったそうで、特にお取りいただいた宿には大きなお風呂があってとてもゆっくり出来たとのことでした。
普段仕事ではビジネスホテルに泊まることが多い住職はちょっと羨ましかったです。
お施主様には大変お世話になりました。


さて今週の生花です

正面玄関は


「紅葉ヒペリカム」の中にピンクの愛らしい「ネリネ」その陰に「スターチス」
そして背の高い枝は「桐」です、小さな茶色い実が沢山ついています


何ともカワイイ実ですね!

応接の花は


変形のお椀の船が二つ、手前の赤い椀の中には赤い「ガーベラ」としろい小菊のような「くじゃく草」が、
奥の黒い椀には「くじゃく草」が、そして両方に「紅葉ヒペリカム」

本堂入り口は


明るい花です!白い「アルストロメリア」そしてピンクの「スプレーバラ」
ちょっとくらいスペースを明るくしてくれています。

小さな花たちは、エレベーター前が


紫、ピンク、薄黄色(まだ蕾ですね)、三色の「トルコキキョウ」です

お手洗いは、女性用が


大きな「ピンポンアム(黄菊)」と「アスター」「くじゃく草」

男性用が


「アスター」の盛り花!

そして今週の床の間は


赤く紅葉したもの、実をつけている緑のもの、どちらも「南天」の枝。
そして白の「ライラック」が、南天の実と白のライラックが紅白になっています。

今は冬の入口、生花も茶色が多くて晩秋、初冬の香りに〜
| - | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 暦の上ではもう冬です
 今週の生花です

11月7日日曜日は「立冬」でした、だから今週は今年の冬の最初の一週間だったんですね〜
振り返ると天候にも恵まれ、晩秋にしては素敵な一週間でした。
お寺もあまり忙しくなく、ゆったりとした時間を過ごしました。

奥様は月曜から2泊3日のお寺の研修会で鹿児島へ〜
二晩ともホテルのブッフェだったとお怒りでした。遠くまで行ったんだから、せめて夕飯ぐらいは宴会で土地の名物を食べたかったそうです。
でもお土産は「鹿児島名産 薩摩揚げ」!大変美味しくいただきました。

さて今週の生花です

正面玄関は


枝の先が白い「雪冠杉(せっかんすぎ)」
下の方には綺麗な赤の枝「サンゴヤナギ」
そして深紅の花は「千日紅」です。

応接は


いつもの観葉植物と一緒に、鮮やかな黄色の「オンシジューム」蘭の仲間だそうです。

本堂入り口は


薄い藤色の「スターチス」に青い「竜胆」です。

小さな花たちは、エレベーター前が


可愛くて華奢な「マーガレット」です

お手洗いは 女性用が


赤い「スプレーバラ」

男性用が


ちょっと花先がかわっている「スプレー菊」です

そして今週の床の間は


左右に堂々と広がる「木瓜(もっこう、またはボケ)」です、11月から4月ぐらいまでの花だそうですが、11月頃から開花するものは特に「寒木瓜」と呼ぶそうです。
中心にピンクの「ストック」まわりに黄色の「ソリダスタ−」が〜

先生ゴメンナサイ!手前のキンギョソウは撮影前に名誉の戦死を遂げました。
謹んでご冥福をお祈りします。
| - | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 11月になったら寒いわ〜
 お元気ですか?
11月になると、さすがに寒いですね〜
住職は朝はだいたい5時半ぐらいに起きるんですが、ぼちぼち布団からでるのが辛い季節になりますね。

さて今週の生花は

書面玄関は


大きく張った「ヤナギの枝」白っぽい「アスチルベ」小さくカワイイ赤紫の「イソボゴン」薄い紫の「リモニューム」そして茶色く色がついた「秋草てまり草」です。
晩秋の香りのする落ち着いた一鉢になっています。

応接は


うすいぴんくの「アンスリューム」の一輪、でも葉はバラの葉なんですって!
この花瓶は「日本むかしばなし(大)」と名付けた花瓶ですが、住職はいつも6時前に写真を撮っていたんですが、今日7時頃に写真を撮って初めて気づきました!なんと素焼きの花瓶ではなく透き通った樹脂製でした。それでも良い雰囲気は出していますよね〜

本堂入り口は


いつもの花瓶に、蘭の一種「デンファレ」そして「デルフィニウム」が皆様をお待ちしてくれます

小さな花たちは、エレベーター前が


黄色の「ガーベラ」の一輪ざし、こちらも葉は「ヒペリカム」の葉だそうです。
そしてこの花瓶も昨日まで素焼きだと信じ込んでいた樹脂製の「日本むかしばなし(小)」です

お手洗いは、女性用が


赤い「梅もどき」と「デルフィニューム」

男性用が


薄い黄色の「スプレーバラ」です

そして今週の床の間は


赤い実がいっぱいに付いた「梅もどき」に黄色の鮮やかな「カラー」の一輪、葉は「モンステラ」です。

今回いつもお世話になっている花屋さんが、枝ものを一つも入れずに持ってきたそうで、先生が再度お願いした所、良い枝ものが届いたそうです。
先生によると、最近活花をなさる方が少なくなって、どこの花屋さんにも枝ものはほとんど置いてないそうです。
日本古来の芸事、習い事をする人がだんだん減っていくようで、本当に淋しいことです。
やっぱり活花は枝ものですね!

| - | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
書額の寄贈
 西福寺の建物の中にはいくつも書の軸や額がありますが、それらのほとんどは書道家である、お檀家さんのKさんの作品です。

もう何年も11月3日の午後最後の法要はKさんのご主人の祥月の法要でした。
そして、その法要の前後に、毎年のように作品をお寺に寄贈して下さっています。

Kさんの発表する作品は大きなものが多く、家にはとても飾れないからとおっしゃいますが、その作品には仏教的な言葉が多く、菩提心でお書きになっていらっしゃるのがよくわかります。
誰でも一目見て「ホッとする」作品なんです。

今年はその法要も二十三回忌、Kさんも一区切りと考えられたそうです。
今年は当日にご持参下さいました。


Kさんと今回の作品「無辺大悲」です。


「仏の慈悲の心には尽きる所がない」という意味になるのでしょうか?
素晴らしい作品です。

大作の多いKさんにしては小さめな額装の、まさに「ホッとする」様な作品です。
この作品を何処に飾ろうか、今、住職と副住職で頭を痛めている所です。

Kさん、いつも本当にありがとうございます。
また、書に興味のある方は、他にもKさんの書を何点か飾っています、いつでもお寺にお越し下さい。

| - | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成23年年回忌表
 いよいよ11月です!今年も余す所あと二ヶ月。
来年平成23年の年回忌表をHPのほうへ載せました、どうぞご自宅の仏壇でお位牌の命日をご確認下さい。

年回忌表の確認はこちらへ

| - | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |