SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 年越しです
 今日は12月30日、本年も余すところあと1日ちょっと。
皆さんにとって今年はどんな年でしたか?

西福寺にとっては、お嫁さんが決まったり、宗務所の書記就任があったりと、副住職のための一年だったような気がします。

そして年明けには副住職の結婚式が待っています、頑張らなくっちゃ!

皆さんも今年のいろいろな思いに決着をつけて、家も身体も心も大掃除!
年を越してのイヤなことの持ち込みは厳禁です!みんなでリフレッシュ!

と言う訳で、本年最後の今週の生花です。
イヤのことは越年しませんが、今週の生花はお正月を迎える生花です。

今週のお正月の顔は正面玄関です


約束通り「松」と「千両」がしっかりです
大きく広がる「金柳」、「テッポウユリ」と「アルストメリア」
縁起物の紅白の「花餅」もあ仲間入りです。
正面原価ではお正月らしい一鉢で皆様をお迎えします。

応接は


鮮やかなオレンジの「ガーベラ」に「松」と「千両」
後ろに見えるのは梅をあしらった「盆景」です

こんな感じです。

本堂入り口は


黄色く華やかな「ピンポン菊」に小さな「マーガレット」
「千両」も生けられています
本堂の入口も新春の装いです

小さな花は、エレベーター前が


ここにも「松」
そしてピンクの「バラ」濃い青の「スターチス」です

お手洗いは女性側が


黄色の「カーネーション」に赤い「千両」
「レザーフィン」の葉がお洒落です。

男性側は


黄色と形の面白い、どちらも「カーネーション」です、そして「スターチス」
後ろに松を背負って、ここもきちんとお正月!

さて今週の床の間は、もちろん住職の一押しです

ランの仲間で「シンビジューム」
取り巻きに「かすみ草」黄色い「菊」と「千両」
よく見るとこの松は他の鉢と葉の形が違いますね、「五葉松」なんです。
お正月らしいゴージャスな生花になりました。

生花も松と千両ですっかり新春の装いです、さあ準備完了!
早〜く来い、来い お正月〜!
| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 門松も立ちました
 今週の生花です
冬至も過ぎて、寒さも日ごとに厳しくなるようです。
日本海側や北海道では大雪になって「ホワイトクリスマス」になっているところもあるようです。
言葉は美しいですが、現地の方にとっては大変なご努力だと思います。大きな災害にならないことをお祈り申し上げます。

お寺は今年も門松が立ち、お正月を迎える準備ができはじめました。
あ~ぁ〜、今年も一年が終わってしまう!!!そんな感じがします。

と言う訳で、今年の門松です



お陰様で今年も立派に建ちました。
参拝の方や近所の方にたっぷりお正月気分を味あわせてあげてほしいな〜
門松さん頑張ってね〜!

さて今週の生花です

応接は

2010122507580001.jpg

にぎやかな花盛りになりました
ちなみに「デルフィニューム」「キンギョソウ」「リューガデンドロン」まだありますよ〜

本堂入り口は

2010122507590000.jpg

白い「くじゃく草」にオレンジの「ガーベラ」

小さな花は、エレベーター前が

2010122507590001.jpg

黄色の「オンシジューム」和名は「雀蘭」ちょっと小さな可愛いランの花です

洗面所は 女性側が

2010122508000000.jpg

赤い「バラ」と「ソリダコ」です
バラもソリダコもまだ蕾です、綺麗に咲いてほしいな〜

男性側は

2010122508000001.jpg
黄色の「菊」と「ソリダコ」です
上の花に比べるとやっぱりちょっとだけ男性的かな?

そして今週の床の間は

2010122507570000.jpg

「白梅」そして赤い「ヒペリカム」あしらいは「ソリダコ」です

梅とヒペリカムで紅白になっていますね、年末を迎えるに温かい思いの一鉢になりました。

そして今週の住職のお気に入りは

2010122507580000.jpg

正面玄関を飾るとてもアグレッシブな一鉢。
優雅な曲線を描く枝は「赤ヤナギ=レッドウィロー」です
いかにも生花という創意と工夫に溢れた趣きですね。
背の高い花は「エピデンドラム」です「カトレア」の近種だそうです。
葉物は「ドラセナ」ですね。
花瓶の雰囲気、花の色合い、どれをとっても素晴らしい一鉢です!!

さぁ〜、この生花で年末を迎えるぞ!
| - | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 写真の感じが〜
 本日は18日、いよいよ暮れも押し迫ってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今週から住職の携帯電話が換わり、写真の感じが変わりました。
見やすいか?見にくいか?ご判断をお願いします。
さて住職は先週、今週とやれ忘年会だ、やれ歓送迎会だ、という名目の飲み会が続いています。
まだまだ続く忘年会、皆様も飲み過ぎやお小遣いの使いすぎには充分ご注意をお願いします。

さて今週の生花です

正面玄関は



ピンクの「スプレーストック」に黄色の鮮やかな「ピンクッション」
豪華に広がる「雪柳」
楽しく、可愛く活けられました。

応接は


濃いピンクの「チューリップ」
後ろはお歳暮でいただいた鉢です、でも大きさでちょっとチューリップが不利かも?



負けそうですよね〜

本堂入り口は


赤、白、黄色と三色の「スプレーバラ」
まるで歌の文句ですね

小さな花は、洗面所男性側が


黄色い「スイートピー」と「ソリダスター」です
お手洗いの中が明るくなるようですね

女性側が


小さな小菊のような「マトリカリア」花言葉は「集う喜び」です
後ろ側にちょっと隠れるように「ナデシコ」が「純愛」ありの「大胆」ありの「勇敢」ありで、さすがに「ヤマトナデシコ七変化〜」ですね(ちょっと古いか?)

そして今週の床の間は



濃い赤暗色の「リューカデンドロン」
花なのか実なのかわからないと紹介した「シルバープロニア」
赤くのびのびとした「サンゴみずき」
花瓶からこぼれるばかりに活けられています。

そして今週の住職のお気に入りは

エレベーター前の小さな花


カワイイお椀の花器に活けられた一輪の「ガーベラ」です。
アァ!なんて少女趣味なの、住職!
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
曹洞宗神奈川県第二宗務所書記となって
 12月14日、曹洞宗神奈川県第二宗務所が新所長山下老師の元、無事発足しました。
なんと、その宗務所の書記として副住職の裕貴が4年間働かせていただくことになりました。



14日夕刻、宗務所新旧役職員の歓送迎会が横浜駅東口崎陽軒にて大勢の管区寺院のご出席の下開催されました。
新役職人の一人として壇上に上がった裕貴を見て、誇らしく、感無量の思いでした。

宗務所の仕事は基本的には一週間に二日、火、木の勤務となり、管区寺院の行政事務を行います。ただし、出張や管区並びに関東、また全国の行持の準備や出席などで、その日以外にも出かけることが多くなりそうです。

付き合いも、今までのように気心の知れた友達関係ですむ訳ではなく、自らの立場をわきまえることが大切になると思います。

裕貴が忙しくなるのは西福寺にとって大きな負担ですが、それでも彼が四年間で学ぶ沢山のことはこの先、彼自身にとっても、西福寺のとっても大きな財産になると思います。

新しいスーツも買ったし、「イヤだ!参った!」とイイながらも密かに思うところを感じさせる裕貴、四年間一生懸命頑張れ!


| - | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月11日 寺友会七年目の忘年会
 西福寺のお檀家さんの親睦会の一つに「寺友会」があります。
メンバーは会長以下12〜3人の小さな会ですが、会ができてもう丸七年。お寺の行事に積極的にご参加をいただき、また、お手伝いをしてくれる大切な仲間です。

今回はいつでも頼りになる会長のIさんの懇意のお店、戸部本町にある「韓国家庭料理 サラン」に総勢10名でお邪魔しました。

店内はちょっと古めのスナックという感じですが、美味しい「韓国風おでん」やいろいろな韓国料理、飲み放題のお酒で一人3000円は安くてよかったよ〜、お土産まで沢山いただいてみんな大喜び!

今年最後の「除夜の鐘」や来年の「文化に親しむ集い」のご意見を頂戴して、住職にとっても有意義な一晩でした。


自分のごひいきのお店に寺友会の仲間が参集してご満悦のI会長


会発足時からの牽引者Sさんと従兄弟のKさん。遠慮がちに写っているのは、徹底的にじゃんけんに弱いことがわかったNさん「私一度もあたったことないの」大丈夫、次は必ず当たるから、かも〜


手前からSさん、Hさん、そしてヘンなおじさんのTさん
バックの高いイスに座っているお二人は、お店のお客さんで寺友ではありません


なにやら、親密にしているように見せかけているのは女性のKさんと男性はOさん、どちらも楽しい仲間です。


Hさんの最近の趣味は水彩画、とても素人には思えない出来映えに今度お寺に奉納してくれと頼む住職。うしろのI会長は写りたい一心での登場、困ったおじさんです!

楽しい時間を過ごした最後に、お寺からのプレゼントタイム!
住職とじゃんけんして勝った方には豪華プレゼントが〜

めでたく一等を当てたのは女性のKさん!
賞品はなんと


「マッサージ器付きのクッション」!

最後は寺友会全員で一本締め!今年に感謝し、来年の健康と楽しい日々を祈って閉会となりました。
お疲れ様でした。
| - | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今日は寺友会
 だいぶ寒くなってきました、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
風邪やらインフルエンザやら、寒い頃にかかりやすい病気が多いので気をつけて下さい。
それから、冬は怪我も多いそうです、充分に伸びていなかったり、厚着をしていると、身体は思うように動かないようです。安全なところで、ゆっくり身体を動かして、充分に延び縮みをくり返しましょう。体温も上がって、お腹も減ってイイことがありますよ、きっと〜

12月11日の夜は、西福寺寺友会の忘年会です。お寺の旅行会を通して仲良くなった方たちの集まりですが、今回は会長のなじみの店でと言うことで戸部の「韓国家庭料理 サラン」に集まります。

お寺はお通夜もあってちょっと忙しいのですが、こちらも正式行事ですので後は副住職に任せて頑張ってもらうつもりです。

寺友会の報告は後日に〜

さて、今週の生花です

正面玄関は


色の浅い「ストック」を中心に、小さな蕾を沢山もった「ソリダスター」
花を受け止めるようにシダのような「レザーファン ガテマラ」
左右に張り出しているのは「ろう梅」です。ろう梅は梅の仲間ではなく「ロウバイ科」の植物でとても良い香りがするそうです。ご来山の皆様にもちょっとお裾分け〜

本堂入り口は


ピンクの「ガーベラ」
ブルーの「デルフィニウム」です
花瓶の雰囲気にピッタリ!

小さな花は、エレベーター前が


一輪の「フリージア」

お手洗いは、女性側が


真っ赤な「キンギョソウ」洋名は「スナップ」少しだけ「レザーファン ガテマラ」の葉を

男性側が


白とオレンジの「キンギョソウ」やっぱり「レザーファン ガテマラ」を添えて

そして今週の床の間は


赤い花をつけた「椿」
真ん中にすくっと伸びた「アイリス」
右側を受け持つ黄色の「ラッパ水仙」
シンプルでキリッとした一鉢です

そして今週の住職のお気に入りは

応接に置かれた小さな一鉢


「マトリカリア」だけなんだけど、このスペースの使い方が好き!
| - | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月8日は釈尊成道会

12月8日はお釈迦様がお悟りを開いた「釈尊成道会」になります。
「成道」という言葉は「仏道を成就する」という意味です。
お釈迦様は修行者として長い間難行苦行を重ね、お悟りをもとめました。
時には一瞬の悟りのようなものは得ることができても、難行苦行からは深い真実の悟りが得られないことに気づきました。
そして、ただ一人で菩提樹の下に座り、瞑想を初めて21日目、12月8日の未明、明けの明星(金星)の輝きを見た瞬間に本当に深い、真実のお悟りを開かれました。
お釈迦様のお悟りは、お釈迦様が自ら言われるように、お釈迦様自身が考え出したものではなく「元からある法(ダルマ)を悟った」ものです。
宇宙の仕組みから人の心の動き、自らの在り方に至るまで、すべての目に見えるものと見えないもの、森羅万象の間に存在している力=秩序である「法(ダルマ)」を理解し、体得することでした。
また、お釈迦様は「私と生きとし生けるもののすべてが今、同時にお悟りを開いた」と言われ、このお悟りが決してお釈迦様一人のものではなく、世界中の生きとし生けるもの、すべてのものにとって、真実の喜びになると言われたのです。
このお釈迦様のお悟りが仏教の始まりであり、この日を記念して「成道の日」となり、世界中の仏教徒が、お釈迦様のお悟りを追体験し、自らの仏道修行に励む決意を新にするために行う法要が「成道会」になります。
私たち曹洞宗では、永平寺、總持寺の両大本山を始め、全国各地の修行道場では一週間ぶっ通しの座禅を組む「摂心(お釈迦様の心に触れる、と言う意味の修行)」が行われます。さすがに市中のお寺では一週間の座禅をしどおす事は難しいですが、それでも私ども西福寺では、8日の朝は朝のお経の前に座禅を組んでお釈迦様のお悟りに感謝をし、午前中に「成道会」の法要を勤めます。


| - | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月 ぼちぼち走りますか!
本日は12月4日、ついに今年も師走に入っちゃいました。
お坊さんも走るという12月、誰にとっても忙しいときです、こういう時こそじっくり構えて悠々と過ごしたいものですね〜

昨日の朝はまるで台風のような雨風で、残っていた葉もすっかり飛ばされて、落ち葉の季節も終わったようです。
被害の出た方もいらっしゃるかと思います。どうぞ、お大事に。

さて今週の生花です

正面玄関は

 

桃色の蕾のカワイイ「ボケ」、早くも咲いているのもありますね、
黄色がかった淡いピンクの鮮やかな「ガーベラ」
そして下を支える薄い黄緑の「ソリダコ」
「ボケ」は漢字では「木瓜」と書き、つける実が「瓜」に似ているとこらかついた名前だそうです。花言葉は「先駆者」「指導者」それに「妖精の輝き」だそうです。なんだか「ボケ」の語感と合いませんね〜、ただ「平凡」という意味も持っているそうなので、語感としてはこっちかな〜
ガーベラの淡いピンクがいつまでも鮮やかだとイイな〜

応接は


カワイイサボテンの頭のような「シルバーブーロニア」
ちょっと変わった花の形はピンクの「スプレーカーネーション」です
カーネーションのようで?葉や額はやっぱりカーネーションでした。
そして「ブローニア」の先端は実なのでしょうか?それとも花?

こんな感じですもの〜、どっちだかわかりません?
でも、どうしてもサボテンに見えてしまう〜

本堂入り口は


蕾を沢山つけた「土佐水木」
濃い黄色の釣り鐘のよう似かわいい花を持つ「サンダーソニア」です

小さな花は、エレベーター前が


赤い実の「ヒペリカム」

お手洗いは、男性用が


「カンパニュラ」聞き慣れない名前ですが和名は「フウリンソウ」です
赤紫の花の形が風鈴に似ているからでしょうか?「キキョウ」の仲間です。

女性用が


「スプレーバラ」、オレンジ色の小バラも可愛いですね

そして今週の床の間は


小さな花芽を沢山つけた「小豆柳」
紫色の「カラー」、その花言葉は「熱意、素敵な美」と花の美しさそのものです
そして「カラー」をしっかり支えるように広がる「ドラセナ」の葉
中央には「クジャクヒバ」が


シンプルで爽やかな一鉢に仕上がりました。

| - | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |