SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 三寒四温
今週の生花です

「三寒四温」と言う言葉がありますが、最近は冬型の天気が崩れて、
暖かかったり、寒かったり、くずれたり、雨が降ったり、雪になったり〜
梅が咲いて、日が長くなって〜

気がつけばもう春です!
なのに住職は山登りにも使えそうな、冬用のダウンコートを購入しました。


アウトドアーでは有名な「L.L.Bean」ですぞ!初めて買ったわ〜

そして雪道も歩ける様な靴も一足。
もちろん、季節終わりの「バーゲン品」で案外安かったんですけど、
それでも出費!
どうして今時分に?

なぜならば、来週早々に一泊で青森のお寺に行くからです。
もう横浜はっかり春の香りがして、コートを脱ごうかって言うのに、
青森は凍えるほど寒いのか?案外暖かいのか?馬鹿な買い物をしたのか?
はたして、この買い物は正解なのか?
その答えは「また別のお話〜」

さて今週の生花です

応接は


まさに春の花園っていう感じです!
黄色やピンクの「ガーベラ」にパステルイエローの「マーガレット」
春はここにありました!

本堂入り口は


「アイリス」が二本、とても優雅で、お上品!

小さな花は、エレベーター前が


ブーケのような、深紅の「バラ」と「レースフラワー」

お手洗いは、女性側が


「桃の花」と「菜の花」
ここにも春が〜

男性側は


ピンクの「カーネーション」と「小手毬」
「小手毬」と「レースフラワー」の区別がつかないよ〜

今週の床の間は


色使いがとても楽しい作品です。
黄色は「ラッパ水仙」
濃いピンクは「イキシア」和名は「やり水仙」ですが、水仙とは別物です。
白い「レースフラワー」に、枝ものは「水木」ですね。
あまり派手ではないけれど、楚々たる中に色を重ねて、
見ているだけで楽しくなるような、素晴らしい一鉢です。

そして今週の住職のお気に入りは

正面玄関に飾られた


この一鉢です!

こちらも床の間と同じに、とてもシンプルにまとめられています。
「桃」と「ソリダコ」だけなんですが、奥行きも広がりも感じられ、
春の世界観を上手に表現しています。

今週はこの花で皆様をお迎えします!


| - | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
21日は送別会
去る21日、月曜日は
平成15年から西福寺を手伝っていただいて来た
「ナイスガイ・岸本」さんの送別会を催しました。


働き者の岸本さんは、月曜日から金曜日までは「曹洞宗宗務庁」に勤め、
土日は西福寺を手伝ってくれていました。
優しい、穏やかな人柄は檀信徒の方にも大評判!
そんな彼が実家に戻ることになり、嬉しいやら、困っちゃうやら。

思い起こせば、彼はあろう事か、大切な「仲人」を私たち夫婦に依頼。
調子に乗ってお受けさせていただいた私たちは、鳥取の結婚式に参列!
「今日の仲人は、いったいどこの誰?」的な目線の中、
楽しく勤めさせていただいたのが、一番の思い出ですね。

昨年には「ベビー・RINO」の誕生もあり

とてもカワイイRINOちゃん!

時期的にも実家に戻るには最高!との判断で、昨年末に宗務庁を退職。
しばらく、東京で残務を整理して、この25日に引っ越すそうです。


新天地(というか、実家のお寺)にあって、家族三人益々お幸せに!

そして、吉成寺ご住職様には、長らく掌中の玉をお預かりし、
お手伝いをいただきましたこと、本当にありがとうございました。




| - | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 春よ来い!
いかがお過ごしですか?
雪が積もったり、嵐のような雨風があったり、
今朝はまた寒さが戻ったようです。
こうして、冬型が崩れてくると「春」も「もうすぐ」って感じですね。

ここ二、三日お寺は「春彼岸会供養のお知らせ」の発送準備に追われていました。
なんと、お嫁様が臆することなくパソコンに挑戦!
「マックをさわるのは初めてです」なんて言いながら、随分印刷を受け持ってくれました。

いや〜、助かりますね。

と言うことで「今週の生花」です

正面玄関は


ピンクのカワイイ「スプレーストック」をちょっと偏心して
中心からずれているところが「オシャレ!」
微妙なカーブで応える「エゾ雪柳」
豊かな緑は「アレカヤシ」です

応接は


オレンジの「バラ」と紫の「エリンジューム」
色の対比が面白いです

本堂入り口は


白い「マーガレット」と
久しぶりに登場、赤の「ピンクッション」
こちらも紅白の色使いが楽しいです

小さな花は、エレベーター前が


オレンジの「バラ」と「レースフラワー」

洗面所、男性側は


ピンクの「ストック」にカワイイ小さな「ソリダスター」

女性側は


薄紫の「カンパニュラ」です
この花は「フウリンソウ」と呼ばれることもあるそうです。
何とも微笑ましい形の花ですね。

さて、今週の床の間は


大きな盛り花のような一鉢。
ホテルのエントランスにあるような感じの豪華な花ですね。
白い花をもつ枝ものは「白桃」だそうです。
黄色の「金魚草」
そして同じ黄色の「ミモザ」
中に紅白の「チューリップ」が力強いアクセントになっています。
本当ににニギヤカで楽しげなお花です。

もちろん今週の住職のお気に入りになりました。
もうこの部屋だけは「春が来た!」っていう感じですね。
| - | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 雪が降る
昨日は一日雪模様で大変なことになるかと思っていたら、
今朝起きてみると、ほとんど雪がなく、


駐車している車の屋根と庭の芝生の上に少し残っている程度でした。


白一色の雪景色にはならずにちょっと残念、そして、大きく安心!
これなら今日の仕事には影響なさそうですね、よかった〜

と言うところで、今週の生花です

正面入口は


左右に枝を張る「林鐘梅」蕾がいっぱいあって咲くのが楽しみです
ピンクの「金魚草」、黄色の「オンシジューム」
葉物は「ゴットセフィアナ」かしら?
大きく広がる一鉢です。

応接は


どちらも黄色の「バラ」と「金魚草」
コーナーを明るく彩ってくれます。

本堂入り口は


黄色のカワイイ「ソリダスター」
紫の葉が異様な雰囲気を醸し出す「リューカデンドロン」
不思議な感じですね〜

小さな花たちは、エレベーター前が


濃いピンクの一輪の「アンスリューム」
下は葉蘭でアクセント、今週のお気に入りになりそうだったんだけど〜

洗面所は、女性側が


色鮮やかな「カーネーション」です
後ろにちょっと「リューカデンドロン」の葉がのぞいています。

男性側は


オレンジの「ガーベラ」
葉蘭を添えて

そして、今週の床の間は


とてもシンプルで、伸びやかな作品です
「ネコヤナギ」に「アイリス」
どちらも背を伸ばして、明日に向かう勇気を持っています。
下には葉蘭が作品を受けとめます。
こういうの好きだな〜

さて今週の住職のお気に入りは


実は床の間の作品で、葉蘭の横にそっと添えられた「くじゃく草」です
あまり目立たなくて、あってもなくても良さそうなもんですが、
「ある」と「ない」とじゃ大違い!
今週のヒーローです!

生花って不思議ですね〜
| - | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
rokohi様 コメントありがとうございます

rokohi様


おはようございます、西福寺住職です


いつも心温まるコメントありがとうございます。

お陰様で副住職の結婚式も無事に済み、西福寺は新しい時代を迎えようとしています。

この先も、常に花のある心安らぐ場所、お寺であるよう努力します。

どうぞ、お見守り下さい。


rokohi様も生花を楽しんでいますか?

これからも素敵な時間をお過ごし下さい。



| - | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 立春を迎えたよ〜
3日の節分、4日の立春を迎え、季節は今や春ですよ!
結婚式を挙げ、今日新婚旅行から帰ってくる副住職夫婦もきっと春爛漫なんだろうね〜
旅行中にケンカしてなけりゃいいけどね
 「少し不安な気持ちで迎える若夫婦」
ってところですかね〜

それでは今週の生花です

正面玄関は


もう何度か紹介した「サンシュユ」です、
柔らかな生地で包まれたような感触ですよ、
春らしい「ラッパ水仙」と「スターチス」です

本堂入り口は


先週は奉書の腰巻きに金銀の水引をあしらわれていた赤い広口の花瓶です。
今週は赤い「バラ」とカワイイ「ソリダコ」がこぼれるくらいに〜

小さな花たちは、エレベーター前が


黄色の鮮やかな「スイートピー」
受けとめるように「レザーファン」を一枚。

洗面所は女性側が


白の「ガーベラ」と紫の「スターチス」
白いガーベラも可愛いですね〜

さて、男性側は


こちらは黄色の「ガーベラ」と包むように「レザーファン」です

さて、今週の床の間は



春を感じさせる「桜」、そして「雪柳」に
青いキレイな「アイリス」と紫の「スイートピー」
床の間を別世界に連れて行ってくれます。

そして、今週の住職のお気に入りは


応接の片隅でお客様を迎えてくれる、濃いオレンジの「チューリップ」
白くカワイイ、「レースフラワー」です。
こうして、スパッと色分けされちゃうと、妙に納得してしまう住職なんです。

新しい花たちが飾られると、今週も頑張ろうと意気が上がります。
でも、いよいよ「花粉到来」皆様もともに頑張って乗り切りましょう!
| - | 07:32 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2月15日は仏涅槃会
 2月15日はお釈迦様の入滅されたご命日にあたる「涅槃会」になります。

2月に入ると、どこのお寺でも涅槃絵を飾り、お釈迦様の最後の教えである「仏遺教経」を読み、お釈迦様の徳を忍びます。


残念ながら、西福寺には涅槃絵が準備できていないので、今回はこの絵をお借りします。
北に頭を向けて、右手を手枕にして入滅されるお釈迦様と、周囲には多くの弟子と多くの動物や鳥、生き物がお釈迦様の入滅を悲しんでいるところです。

そして、15日は朝から「涅槃団子」を供え正当のご法要を勤めます。

西福寺では午前中に「涅槃会法要」をお勤めします。
法要への参列はどなたでも自由にお越し下さい。なお、時間等は未定ですので、メールもしくは電話でご確認をお願いします。
| - | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1月29日の仏前結婚式
 チョっと時間がかかりましたが、仏前結婚式の様子です

午前11時過ぎにホテルで用意を調えたお嫁さんが到着


なんとホテルからのお連れが四人でした!

本堂にあがっていよいよ結婚式です


新郎新婦の斜め後ろに座っていらっしゃる方は、
媒酌人の南区勝國寺ご住職 實淨典英老師ご夫妻です。
緊張が最高に高まります。

式師の登場


本日の式師は 大本山總持寺監院 西有寺ご住職 横山敏明老師です。
キリスト教式でいえば、バチカンの高僧をお呼びしてお勤めをいただくような感じかな〜
神式でいえば、出雲大社から宮司を呼ぶようなものでしょ〜
力量、識見、包容力のどれをとっても、
現在の曹洞宗では最高のお坊様の一人ですぞ!!

式師様が本尊に向かって、二人の結婚を宣言します


こんな素晴らしい方を師にいただいて
結婚式をつとめられる新郎新婦は幸せですぞ、
肝に銘じなさい!

とか言ってる内に、式は進み、数珠をいただき、指輪の交換になりました


「アレ?なかなか入らないぞ、こいつ太ったかな?」
 って思ってませんよね〜、お二人ともお互いに〜


新郎側の親族も


新婦側の親族も


お檀家様の代表も一緒に、般若心経を読み、仏教の帰依のお近い「三帰礼文」を唱えます。


二人は本尊様、両家のご先祖様の前で、これからは夫婦で力をあわせ、
仏道に適った生き方をし、家族とお寺を守り、
お檀家様とともに生きていくことを誓いました。

この後、盃事が無事に終了。式師様のお諭しになります。


二人が力を合わせることの素晴らしさと、
受け継ぐものを守る決意をお話しいただけました。


二人一緒に「合掌」して、厳かな思いでお諭しをいただき、
心の中で、本日の式師様、媒酌人ご夫婦、二人の両親、
参列して下さった両家の親族、お檀家様達に感謝の思いと
未来に向かう決意を捧げました(た、はずですよね〜)。

式が終わって、みんなが素晴らしかったとおっしゃって下さいました。

式師 横山老師
媒酌人 實淨老師ご夫妻

本当にありがとうございました。

この後、16時からはみなとみらいのホテル「パンパシフィック」で披露宴でした。

その様子は〜、また別のお話で〜

| - | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |