SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 七月も終わり
先週の今頃は施餓鬼の準備で大忙し!
生花も施餓鬼に合わせて日曜の午後に活けたんでした。
なので、二週間ぶりの「今週の生花」です。

今現在、土曜の朝、6時前ですが、三十分前くらいから雨です。
七月の頭はとんでもない猛暑で、今年はどうなるかと思いきや
あの台風からこっち、案外涼しい日が続いていますよね〜

いっそこのまま秋になっちゃえばイイのに〜
と、思っているのは私だけでしょうか?
でも8月に入ると猛暑復活ってことになるのかもよ〜
さてさて、来月はともかく、七月最後の週末を存分にお楽しみ下さい。

それでは二週間ぶりの今週の生花です

正面玄関は


まるい花は「菊」ですね〜、まるでピンポンのボールみたい〜
チョット大きくしても


どこから見ても円です
「イブキ」の枝と「ナルコラン」をまとって、秋の先取りです。

応接は


淡いパステル調の活花です。
淡いブルーの「デルフィニューム」
淡い黄色の「リモニューム」
「ドウダンツツジ」の若葉を添えて〜

本堂入り口は


こちらは夏の盛りを演出。
「ヒマワリ」と「リモニューム」
赤い葉脈の「クロトン」です。

小さな花たちは、洗面所男性側が


「トルコキキョウ」とこれは「スターチス(?)」かな〜
「ナルコラン」を取りあわせて〜

女性側は


濃いブルー(肉眼だと紫に近いんだけど)の「リンドウ」
黄色い「オンシジューム」に「ナルコラン」

エレベーター前は


こちらも「オンシジューム」に「リンドウ」
前のとは主客が逆ですね〜

そして今週の床の間は


穏やかな赤の「ケイトウ」
「ドウダンツツジ」を主柱にして
足元には紫の「スターチス(?)」
そして、「ドラセナ」の葉がしっかりと受けとめます。

活花は季節を先取りしたり、名残を楽しんだり〜
一鉢一鉢に思いを込めるもんですね〜

七月最後の活花はいかがでしたか?
来週はもう八月ですよ〜
| - | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月25日は施餓鬼の日
本年も7月25日、午前に「新盆大施餓鬼」が
午後に「大施餓鬼」が無事に勤まりました。

朝早く清められた境内


もう参拝の方が見え始めました。


受付も準備OKです


新盆供養の方がいらっしゃいました

新盆施餓鬼の法話は神奈川区宗興寺ご住職 中野重哉老師です



中野老師は、現在曹洞宗人事部長の要職をお勤めいただいておられる方で
超多忙の中を時間を割いて西福寺のためにお話しをして下さいました。

法話の後は、新盆施餓鬼会の法要です

参拝の皆様が和尚さんの上殿を待ちます


いよいよ法要の始まり、その前に
住職と侍者、侍香それに送迎の五人で法要前の記念写真


あまり緊張感がないね〜、頑張って仕事しなさい!

まずは本尊様に挨拶


南向きに向き換えると


たくさんの和尚様と新盆施餓鬼がご供養されます


餓鬼に施しを与え、その功徳を回らすことによって
一人一人の小さな功徳が、大きく、大きくなっていきます。
そして大きくなった功徳が、本年度の新盆の仏様に届きます。
功徳は直接より、回らすことによって大きな力を生みます。


お焼香をしてそれぞれの大切な仏様に功徳を回らし
お盆を過ごした仏様が無事に帰って下さることを祈ります。

こうして新盆施餓鬼が勤まりました。

午後は「盂蘭盆会送り盆 大施餓鬼」です。
13時から法話
午後の法話は旭区二俣川の長昌寺ご住職 玄野孝善老師です


落ち着いたお話しぶりと豊富な知識は参拝の方々に
日常を超えた安らぎを与えて下さったことと思います。

法話に引き続き、大施餓鬼法要が勤まります


よくよく見ると、午前中の新盆施餓鬼のときとメンバーが違いますよ〜


大施餓鬼でも餓鬼に施す供養は一緒です。
みんなの供養の思いが大きく、大きくなれと祈ります。


いつの間にか、一階ホールも人でいっぱいでした


たくさんの参拝の方がお焼香で、思い思いの仏様に供養の心を伝えます


親しく過ごしたお盆も終わり
無事に成仏の世界に戻ってくれることを祈ります

参拝の全ての人のお焼香が終わると
ご供養帳の読み上げです。


両班といって、法要の中心でお経を上げて下さる和尚様たちが
檀信徒一人一人の思いの仏様やご先祖様のお読み上げをしていきます。


副住職も西福寺永代供養墓「永遠のいこひ」に埋葬されている仏様
当日受付の仏様やご先祖様のお読み上げを勤めます。

頑張れ!裕貴副住職!

お読み上げが済むと法要は終了です。

新盆施餓鬼、大施餓鬼合わせて300軒ぐらいの方が
家族や親戚と一緒に参拝してくれました。本当にご苦労さまでした。
また、午前、午後のべ60人の和尚様がお手伝いして下さいました。
暑い中、ありがとうございました。

あ〜ぁ、今年も一番大きな法要が無事に勤まりました。


「わしゃも疲れたよ〜」
| - | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月25日は盂蘭盆会 送り盆 大施餓鬼会
7月25日は 当山恒季の法要
「盂蘭盆会 送り盆 大施餓鬼会」
になります。

10時からは、本年度「新盆施餓鬼会」法要です。
今年のお盆が新盆の家の方を対象にして、その送り盆供養を勤めます。
10時からは法話、引き続き法要となります。

13時からは「盂蘭盆会大施餓鬼会」法要です。
檀信徒近隣の信者の皆さんが集合して
お盆の送り施餓鬼を勤めます。
13時からは法話、引き続きの法要となります。
お塔婆の申し込みをし忘れた方は、
今日一日は「メール」にてお受けします。早めにお申し込み下さい。

お寺は施餓鬼を迎えて今日、明日と準備に入ります。
と言う訳で「今週の生花」は25日の朝に活ける予定です。
当日はアップする時間がないため今週は公開を諦めます。
25日ご来山の皆様に見ていただければと思います。

よかったら、檀信徒に限らず覗いてみて下さい。

それでは、施餓鬼会法要にて皆様のご来山をお待ちしています。
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ロコヒ様 お久し振りです
コメントありがとうございます。
お久し振りですね〜

住職も今週の「蓮の花の生花」は大好きです。
素材自体もお寺に相応しいし、活け方も最高でした。

カンボジアで見たホテルの池の蓮の花を思い出させてくれました。

猛暑が続いています、ロコヒ様もお身体をいたわって
毎日の暮らしを、そして趣味を楽しんで下さい。

ありがとうございました。
| - | 06:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 お盆が済んで
今日は7月16日、お盆が済みました!
盆経にお伺いした家も、お寺にお参りをいただいた方も
ものすごい暑さで大変でした。
どうぞこの暑さに負けないように
充分な休養をお取りいただいて、夏を乗り越えましょ〜

建築工事の方は、このお盆中はあまり進んでないように見えます
でも気がつくと新しい看板が出ていました


お盆明けくらいから本格的に始まるのかしら?楽しみではあります。

さて今週の生花は、

正面玄関は


先週よりさらに大胆な「ヒマワリ」です
「ニューサイラン」と「ドラセナ」が花を引き立てます。

応接は


カワイイピンクの「トルコキキョウ」に
黄色の小さな花が特徴の「リモニューム」です
葉は「ドラセナ」かな〜?

本堂入り口は


「青」が素晴らしい取り合わせです〜
「ルリ玉」と「リンドウ」
本堂の入口に涼を運びます。

小さな花たちは、エレベーター前が


今日は珍しく背の低いお花です。
花びらに特徴のある「カーネーション」と「リンドウ」
涼と暖の取り合わせです。

洗面所は、男性側が


小さくても「ヒマワリ」なんだって

女性側は


「ケイトウ」と「トルコキキョウ」
紅白の対称がキレイですね〜

そして今週の床の間は


「蓮の花と実」です、でも葉は「つわぶき」だそうです〜
先生曰く「なんで蓮の葉が入ってないんだろう?」
でも上手くまとめてくれました。
蓮を上から見ると

こんな感じです〜
お寺らしくて素晴らしい作品です。

でも、これだけ暑いとお花が保ちませんね〜
先生のご苦労が2〜3日でダメになっていくのは忍びないのですが
それが花の宿命ですね、
「花の命は短くて〜」
「命短し恋せよ乙女〜」ですよ〜!

| - | 06:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 庫院建設工事が始まりました
今週の半ばから、いよいよ庫院建設工事が始まりました。
庫院は駐車場と客間、家族の住まいで、二階建てになる予定です。

7日は樹木の伐採でした


木々の間に人が入ります。


重機を使って片付けられる枝。


キレイになった敷地。


栗の木と梅の木が伐採されて、更地になった場所はチョット頼りなく
それでも新しい息吹を感じさせてくれます。
これから半年、無事に完成すればと思います。

少しずつ報告もしていきます。楽しみですね〜

さて今週の生花です

正面玄関は


「ヒマワリ」と「ジンジャー」の葉ですね
紫の小菊も添えられています、夏を感じさせてくれます。

応接は


「りんどう」と「リモニューム」こちらは涼を感じさせてくれます。

本堂入り口は


青い「キキョウ」と「アスチルベ」
涼と暖の微妙な組み合わせです

小さな花は、エレベーター前が


「オミナエシ(女郎花)」です

洗面所は、男性側も女性側も


「ガーベラ」と「ドラセナ」の葉です。
色が違い、活け方が違うとまったく別の世界ですね、

そして今週の床の間は


「ダルマヒオウギ」と紫の「クルクマ」です
ダルマヒオウギはアヤメ科の多年草で花の内側に反転があるのが特徴です


こんな花です〜
今週も床の間の生花は部屋に涼を届けてくれました。

| - | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お嫁さんの料理教室
当寺のお嫁さんは料理の勉強中!
近所の京急百貨店の中にある「ABCクッキングスタジオ」に通っています。
通うといっても、不定期で、ヒマがあるときにいつでも行けるという、
便利なお料理教室です。

今日習ったのは、卵を使った料理でした。


こんな感じです。
オムライスのラタトゥーユソース、クリスピーチキンと
野菜スティックアイヨリソースです。

住職はまだご馳走になってないけど、本人曰く「美味しかった」そうです。

頑張れお嫁さん!

| - | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 すでに暑い!
早いものでもう7月です。
梅雨はあけているのやら、そうでないのやら〜
とても暑い日が続いています。
今日は曇り空で、少しはいいかもしれませんが、
熱中症が怖いので、どうぞ適度の水分補給とエアコンをお使い下さい。

さて今週の生花です

正面玄関は


夏らしい緑豊かな「ドウダンツツジ」
ピンクの「クルクマ」です
涼しげな空気を家の中に呼んでくれます。

応接は


黄色の「ガーベラ」と赤い「ヒペリカム」
窓際の小さな夏ですね!

本堂入り口は


スクッと伸びたブルーの「アガパンサス」
周囲には薄紫の「ブルーファンタジア」と緑の葉は「ナルコラン」
夏の生花はブルー系が涼しいですね〜
アガパンサスの名前はギリシャ語の
「アガペ=愛」と「アンサス=花」の2語から出来ていて、
直訳すれば「愛の花」ざんす〜

小さな花たちは、エレベーター前が


深紅の「カラー」と「ナルコラン」
花言葉は白いものは「清浄、素敵な美しさ」ですけど
色がつくと「情熱」に変わります。
深紅のカラーはまさに「情熱」だね、やけどしそう〜

お手洗い女性側は


「ソリダコ」と「ナルコラン」を従えた
この「葱坊主」みたいな花の正体は?

男性側は


ピンクの「カーネーション」と「ソリダコ」です

そして今週の床の間は


緑の小さな実を沢山つけている「サンキライ」
この小さな実が秋には真っ赤になるんですね〜
薄いピンクの「トルコキキョウ」に、お手洗いにも使われていた
「葱坊主」のような花。
さて、その正体は
「エキナセア=和名ムラサキバレンギク」でした。

これが「ムラサキバレンギク=エキナセア」です。

先生曰く
「ムラサキバレンギクの花弁を除去して、花芯だけを切り花にしたもの」
らしいとのことでした(一生懸命調べて下さった先生、ありがとうございます)。


これです。
いや〜勉強になりますね〜

涼しげな鉢と夏を感じさせる鉢、
どちらか一方では全体の調和がとれないんですね。
「熱」と「涼しさ」の二つの作品たちに教えられました。
今週も先生に感謝です!


| - | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月 お盆の情報です
今日から7月です。

本年もお盆の季節の到来です。
西福寺は基本7月盆で、全ての行事は7月中に行います。

檀信徒の皆様の盆の棚経(ご自宅へお伺いするお経回り)は
今年も新盆の家を中心に12日くらいから15日まで行います。
お伺いする家には、すでにご訪問の予定を郵送にてお送りしています。
申し込みをされているのに、日時のご連絡をお受けいただいてない方は
至急電話して下さい。

また盆の施餓鬼供養は例年の如く
7月25日(月)に行います。

午前中は 10時から「新盆施餓鬼供養」を
午後は  13時から「盂蘭盆会大施餓鬼供養」をお勤めします。

一年で一番大切な供養の一つです、檀信徒皆様のご来山をお待ちしています。

なお、お塔婆供養の申し込みは、お送りしたご案内の中にある
「塔婆申し込み葉書」をお使い下さい。

早めの申し込みをお願いします。



| - | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |