SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 すっかり涼しくなって来ました
秋を探している内に、すっかり涼しくなってしまいました
気がつくと今週は10月最後の土、日です
もう来週は11月ですよ、そうしたら一年も後二ヶ月!
あ〜ぁ、月日の過ぎる速さに驚かされますね〜

と云うことで、境内で見つけた「小さな秋」をひとつ


手前の葉も、もっと赤くなるはずだのにね〜
(新庫院、布袋様の所で見つけました)

さて、今週の生花です
正面玄関は


生花の世界は秋を通り越して冬、それも年末の風情ですね
中央の小さな葉をいっぱいにつけた「柾木」です
大きな葉物は赤い実をいっぱいにつけた「ティーリーフ」です
この赤い実は「ティーリーフ」の実なんですよ〜
ハワイ生まれで、フラダンスの腰蓑に使われるようですよ
柾木の独特の葉の色と赤い実があるとクリスマスリーフのように見えます

応接は


手前に突き出した枝は「ハイビスカス」です
真ん中あたりに見える、花の残りが「ハイビスカスロ−ゼル」に
なるらしいですよ〜(Y本さんの提供です)
青い「アスター菊」を添えて

本堂入り口は


青紫の「リンドウ」と囲むように盛られた「ソリダコ」
「明るさのプレゼント」のような一鉢です

小さな花たちは、エレベーター前が


大ぶりの「ケイトウ」オレンジの色もカワイイですね

お手洗いは、女性側が

濃いピンクの「ナデシコ」に紫の「スターチス」
葉物は「ハイビスカス」です

男性側は

色とりどりの花の盛り合わせ!
黄色と縁の赤い「カーネーション」
青い「リンドウ」に白い「クジャク草」
「ソリダコ」も見えるかな〜

そして今週の床の間は


まるでビロードで包まれているような「桐の実」
一段と鮮やかな黄色の「オンシジューム」
黒い「那智黒飴」のような「コニカル」
ナスの仲間で他には白や黄色や赤の実もあるみたいですよ〜
葉物は「斑入り葉沖縄月桃」です、
この桐の実の温かな感じが冬を呼びそうですね

副住職の風邪が治りません、時々疲れたと云って熱を出します
これからは涼しさを超えて、寒い季節に向かいます
皆様も身体をおいたわり下さいね〜

| - | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
研修の秋 被災地訪問寺族研修
去る22、23日で第1教区の寺族(お寺の僧侶以外の家族)は
宮城県閖上地区被災地訪問の研修会を行いました。

先日の副住職の盛岡訪問(10月6日の当情報参照)に続いて
今度は奥様が宮城県閖上地区の被災地を訪問して来ました

以下は奥様の感想です

早朝、東北新幹線「はやぶさ」にのって昼前に仙台に到着


地震の爪痕を感じさせない仙台駅周辺でした

バスは一路、閖上地区へ
高速道路を走ると「海側」と「山側」のあまりの違いに愕然

海側は家屋も、田んぼも、樹木さえ惨憺たる状況
対して、山側はかなり復興している様子でした

道路から海側を見ると



防風、防砂林の松林もすっかりなくなって
木の本数を数えられるくらいでした

バスを降りて現地に立つと


住宅街も家屋は一切流されたままで、区画だけが残っていました


チョットした小高い丘には慰霊塔が
この丘に避難された方には生存された方もいたようです
お花が絶えることがないそうです


慰霊塔の隣には横浜では見慣れない塔が
もしかしたら、神道の慰霊塔かも

被災地、特に海に近い場所は
まだまだ復興にはほど遠いようでした。
この後、塩釜の復興市場に行って、お土産を購入

23日は 平泉中尊寺を拝登し、お参りをして来ました

被災された方のお話しや現地の様子をうかがって
改めて、地震の被害の大きさに心が打たれました。
| - | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント ありがとうございます
ロコヒ様

コメントありがとうございます
いつもこの情報に温かい声援をいただき
本当に感謝しています。

この情報が誰かと繋がっている
この情報が読まれている

と云うことを信じて続けていますが
実際にコメント頂くのは励みになります

ロコヒ様も生花を楽しみ、素晴らしい毎日をお過ごし下さい
| - | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月21日 この日曜日は住職休業
10月21日 日曜日
素晴らしい秋晴れの下
「港南区障害者団体連絡会」主催
「第31回 港南区ふれあいスポーツ大会」が
横浜市立港南中学校のグランドで行われました。


手作りのパンフレットにも、味がありますね〜

住職が入っている「横浜港南ライオンズクラブ」は
もうずいぶん長くこの大会を協賛しており、
今年も例会を振り替えて大会に参加しました。


開会式の入場を前にライオンズクラブの記念撮影です
でも、なんで住職だけ僧衣なの?


本日のプログラムです
実は「協賛目録贈呈」で住職は挨拶をさせていただく予定だったのです
この挨拶があるから、僧衣で参加したんですよ〜



開会式に整列した参加団体、参加者の皆様です
住職はみんなの前で横浜港南ライオンズクラブを代表して
挨拶させて頂きました。ありがとうございました。

毎年、日曜日は必ず法事が入るので、
今までは、住職は開会式だけ顔を出すようにして
終日の参加はなかったんですが
今年は思い切って21日の法事を受けないで
住職を休業してライオンズクラブの会長として一日過ごしました。


競技に入ると、みんな真剣に、本当に一生懸命に頑張ります
一人一人障害の度合いが違うので、
それにあわせてのマンツーマンのお手伝いです
ライオンズクラブのメンバーも、競技のお手伝いや応援に頑張ります


そして、パン食い競争「おひとつプリーズ」に住職も白組で参加です
「和尚さん頑張れ!」と云う声援も聞こえてましたよ〜
案外、僧衣で参加してインパクトあったみたいですね〜


港南中学校の生徒達も一生懸命手伝い、参加してくれました。

この後、昼食のお弁当をご馳走になり、
午後の競技と最後はみんなで輪になって踊りを踊ったり、太鼓をたたいたり

抜けるような青空の下、一生懸命に頑張る参加者を拝見して
住職は本当に心を打たれました!

頑張れ!みんな、頑張れ!

日に焼けて、ホコリだらけになったけど、
とても意義のある一日を過ごせました。



| - | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 秋を探しに
秋を探しに早朝の境内をウロウロしてビックリ!
紅葉が色づいてない!
毎年キレイに赤く染まる紅葉や
いろいろな木の葉が
緑色のまま枯れてきてるの〜
これは西福寺だけのことなのかな〜
良かったら教えて下さい。

探し損ねた「秋」ではなく、お地蔵様の写真になりました


さて、今週も生花です
正面玄関は


おやおや!もう椿ですね、これは「白玉椿」だそうです
チョット、ワビスケに似てるのかな〜
赤紫の三角帽子のような花は「セロシア」です
最近花束などにもよく見かけますよ〜
ケイトウの仲間で「ヤリゲイトウ」などの別名もあるそうです
黄色いカワイイ花は「ソリダコ」ですね
同じ黄色の「スターチス」も見えますね
椿の葉が力強く、作品を形作ります。

応接は


白い「リンドウ」です
とがった葉はなんだろうね?

本堂入り口は


「ストレリチア」が二つ
真ん中に白い「オーニソガラム」が〜
細い葉物はヤシ科の観葉植物「フェニックス」だそうです

小さな花たちは、エレベーター前が


白と青の色変わりの「トルコキキョウ」です

お手洗いは、女性側が


黄色とピンクの「ガーベラ」二輪です
色合いがカワイイですね

男性側は

色染めの「カーネーション」です

そして今週の床の間は


黄色い「グラジオラス」を中心に
横に大きく広がるのは「ツル梅モドキ」です
名前と違って、梅でも梅モドキでもないそうです
キレイな実は生花によく使われるそうですよ


これが実です

そして大きな葉は「モンステラ」ですね
赤い実が実りの秋を感じさせてくれますね〜

今この一瞬の時期が一年で一番素敵な頃です
でも年々この時期が短くなるような気がします
酷暑から一転冬に飛び込むような感じとでも言いましょうか

どうぞ、この素晴らしい一瞬の「秋」をお楽しみ下さい!
| - | 06:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 秋色も濃厚に
朝晩涼しくなってきましたね
涼しくなって過ごしやすくなった反面
風邪には充分注意して下さい!

我が家でも
ついに孫のベビーちゃんが風邪をひきました

生まれて五ヶ月と二週間ちょっと、母体の免疫も切れる頃で
「ぼちぼち熱を出すかもね〜」
などと云っていた矢先でした。
鼻汁を出しながら、苦しそうにむずがるベビー
そして、一緒に風邪をひいている副住職〜

これからどうなる事やら、世に心配の種は尽きませんね〜

それでは、今週の生花です
正面玄関は


大輪の「ユリ」咲いているのが一つ、蕾が二つ
そしてユリの間に黄色の「オンシジュウム」
「コーリ柳」の枝が広がり、
葉っぱのように見える不思議な植物「ルスカス」が添えられています

ルスカスの葉をよく見ると


葉っぱの中から茎が顔を出していました
ルスカスの葉に見えるものは実は茎が変形したものなんですよね
だから、そこから枝分かれした茎が出てくるんですよ〜
何とも不思議ですね〜

応接は


「くじゃく菊」の盛り合わせです

本堂入り口は


紫色の「ワックスフラワー」に青い「リンドウ」です
応接の「くじゃく菊」もそうだけど
小さな花は沢山飾るといっそう可愛く見えますね〜

小さな花たちは、エレベーター前が


黄色の「カーネーション」に青い「リンドウ」
黄色と青もとても相性が良いですね

お手洗いは、女性側が


緑がかった「白菊」です

男性側は


紫の縁取りがキレイな「トルコキキョウ」ですね

そして今週の床の間は


真っ赤な「ケイトウ」が目をひきます
そして赤い枝がキレイな「ジャノメサンゴ」
大きな波打つような葉物は「タニワタリ」で
小さな葉物は「レザーファン」ですね
赤がとても鮮やかに使われ、新鮮な緑の葉がそれを受けとめる
色使いの見事な一鉢です。
こういう赤の使い方は冬の到来を感じさせますよね〜
もう生花の世界は冬に向かっていますわ〜

皆様も風邪にはご用心、ご用心!!
| - | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 10月も二週目に
台風が去って、素晴らしい秋晴れや
爽やかな空気を期待したんですが、
チョット遠いような蒸し暑さや倦怠感が残るこの頃ですな〜

副住職は
月、火は東京の宗務庁で住職研修、
これを受けないと住職にはなれない、という大切な研修でした、
(受けたからと入って、すぐに住職交代という必要もありませんが)
水、木は神奈川県第二宗務所主催の檀信徒研修旅行で盛岡へ。
震災後の視察と慰霊法要の旅に行ってきました。
まさに副住職にとっては研修の秋を迎えた一週間でした。

さて、今週の生花です
正面玄関は


秋の象徴!丈の長いススキの仲間は「パンパスグラス」
真っ赤な「バラの実」を中央にいただき
バラの実に隠れるように「リュウカデンドロン」
「ドラセナ」と「レザーファン」の葉を添えました

応接は


白い「クジャク草」と紫の「ナデシコ」
カワイイ花をひとつかみ〜

本堂入り口は


今回はチョット大盛りですね
濃い青は「トリカブト」ですね
薄い青は「デルフィニュウム」ピンクの「アルストロメリア」と
お花畑みたいになってますね

小さな花たちは、エレベーター前が


紫の「リンドウ」です
可憐ですね〜

お手洗い、女性側は


五つの花弁を持つ「ホワイトスター」です

男性側は


真っ赤な「ガーベラ」と「ホワイトスター」
紅白の取り合わせが良いですね

そして今週の床の間は


「ボケ」です
季節的にはまだ早いそうで、
先生は「こんなに早くボケが来たら困っちゃう」と
なにやら物騒で曰くありげな一言を〜
葉蘭と真ん中に小さな「カラー」がありますが
わからないでしょうね〜

生花は常に季節の先取りです、
でも春の花の「ボケ」が出てくるとは
あまりに早すぎるかも〜
きっとこのボケはぼけてるんですよね〜
| - | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |