SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
速報 孫娘、安倍首相に抱かれて号泣
大相撲千秋楽、副住職は奥ちゃま家族とともに
初の相撲観戦!
優勝杯授与のために国技館を訪れた安倍首相とニアミス

ついに、安倍首相は我が孫を抱き上げて


泣く赤ん坊に困り顔!
我が孫娘の政界デビューでした
総理大臣も困らせる我が孫は
将来は大物政治家かも?

なお、松鳳山千秋楽は見事な相撲で勝利!
副住職にとって、最高の一日と成ったようです〜
| - | 05:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 頑張れ!松鳳山
松鳳山が負け越しました(シュン)
場所前にあんなに溌剌としていただけに残念です。

でも出世した最初の場所は緊張して、星が悪くなるのが当然とも聞きます
先場所の日馬富士もそうでしたよね〜
小結に昇進して、沢山の取材やお祝いを受けて
場所前の祝賀会も大仕事だっただろうし〜
西福寺にも来てくれたぐらいだから、いろんな所からお呼びがかかって
ゆっくり休むこともできなかったんだろうな〜

勝負は次の場所です、頑張れ!松鳳山!!

と云うわけで、今週の生花です

正面玄関は


スクッと伸びた「レンギョウ」を中心に
前面に大胆に活けられた「アレカヤシ」の葉は今にも飛び出しそうです
そのアレカヤシに守られるように
「チューリップ」とまだ蕾の「ラナンキュラス」
そして「ワックスフラワー」が彩りを作り出しています。

応接は


背の高い石の花器に、背の高い黄色の「水仙」が
ドラセナの葉を添えて

本堂入り口は


白と深い紫の二色の「カラー」を
鮮やかな黄色の「オンシジューム」と「ドラセナ」の葉が支えています
「カラー」はいつでも存在感のある花ですが、この深い紫のカラーには
異様な迫力がありますね〜
白のカラーと対極の妖しい美しさです

小さな花達は、エレベーター前が


黒いワイングラスに真っ赤な「ガーベラ」と「白菊」
色の取り合わせが面白いですね〜

お手洗い、女性側は


紫色の形の変わった「カーネーション」に「黄菊」
小さな「ワックスフラワー」も沢山見えます
菊の葉が面白いアクセントになっていますね〜


まるでアザミのようにも見える紫の花は「千日紅」です
白い素朴な感じの「アリウム コワニー」と
まだ緑色の「ヒペリカム」を従えて、彩りを楽しんでいます

そして今週の床の間は


白く丸い花器の左右に広がる「ネコヤナギ」
中心を彩る「フリージア」と緑の「ヒペリカム」
そして大きく広がる「葉ラン」、何とも素朴で、大胆で趣のある作品です
「花」と「空間」
活花ではこの二つの要素が大切なんだと教えてくれるような作品です

さぁ〜大相撲も残り二日!
千秋楽には副住職も初の相撲観戦に行く予定です
頑張れ!松鳳山!!
| - | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 雪!雪!雪!
いや〜、参りました。
成人の日に突然降った大雪は
今も境内のそこかしこに残っていて
今年の寒さを感じさせます。
20日は大寒、節分を迎えるまで
いや〜、立春過ぎても、まだ寒さは続きそうですよ。

住職と副住職は大雪の晩、翌朝の早い時間の葬儀にそなえて
生まれて始めて伊勢佐木町のホテルに泊まりました。
万が一、雪が朝まで降り続いたら、タクシーも来てくれないだろうし
お寺から出ることも不可能になりそうで苦渋の選択でした。

お通夜の後、9時頃からそば屋で夕食を取って、
そのまま寝て、起きたらドピーカン!
でも、あわてることなく、安全に葬儀に行くことができ、
それはそれで、良かったのかな〜〜〜

と云うわけで、今週の生花です
まず最初にご披露するのは
満開となった紅白の梅、盆景です


大雪の前日くらいに満開となりました
次の日からこんなに寒くなったのにね〜

そして今週の正面玄関は


鮮やかな「ツツジ」ですね〜 大胆に枝を広げています
中心には白い「マーガレット」と黄色い「水仙」です
色の取り合いがとても面白く活けられました

応接は


白い「レースフラワー」に紫の八重(?)の「カーネーション」
大きな葉は「アロカシア」です
紅白の梅の隣で慎ましく〜

本堂入り口は


「チュ−リップ」に「オクラレルカ」の葉を添えて
伸びやかな花の勢いを感じますね
寒いけど頑張ってね!

ちいさな花達は、エレベーター前が


黒いワイングラスの中身は〜?
「トルコキキョウ」のカクテルでした

お手洗い、女性側は


黄色の「アルストメリア」

男性側は


オレンジの「サンダーソニア」ですね
どちらも一種類だけの一輪挿しです。趣がありますね〜

そして今週の床の間は


背景の壁とベストマッチは「こぶし」です
まるでビロードのようなこぶしの蕾が沢山ついています
一斉に白い花がさいたらキレイでしょうね〜
白とピンクの「ストック」に「ソリダスター」
「オクラレルカ」の葉も添えられています。

こぶし(辛夷)は春に白い花を咲かせ、木蓮の仲間です
白い花もキレイですが、独特の蕾に趣があります
春を待つ蕾の内に秘めた力強さをもって
もう少し続く厳しい寒さに打ち勝ちましょう!!
| - | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 副住職 相撲部屋のパーティー出席
寒い日が続きますが、皆さんは大丈夫ですか?
前のブログで紹介した
 松鳳山関が
小結昇進 敢闘賞受賞の祝賀会にお誘い下さいました

この十三日から始まる本場所前の
松ヶ根部屋 出陣式(?)を兼ねてのパーティーは盛大で

副住職は奥ちゃまとべビーをつれて出席したようです

送ってきた写真がこれです


松鳳山を中心に親方より奥様を優先した構図に感心しました。
でかしたぞ、奥ちゃま!
しかしながら、紋付き袴、髷も立派な正装の小結はかっこいいですね!!
頑張れ松鳳山!横綱なんかぶっ飛ばせ!!!

と云う所で、今週の生花です

正面玄関は


縦長の花器に、スラッとした花です
ひときわ高く活けられた「黒芽柳」スクッと伸びやかな「カラー」
オレンジの「チューリップ」がカワイイアクセントになっています
そして、これまたスクッと添えられた「オクラレルカ」の葉
伸びやかで静寂を感じさせる作品ですね

応接は


オレンジ色に賑やかにまとめられました
「キンセンカ」に南方のウニのような花弁は「グズマニア」ですね

本堂入り口は


薄いピンクの「バラ」に濃い紫の「スターチス」
バラが寒さに勝つとイイな〜

小さな花達は、エレベーター前が


黄色の「オンシジューム」
その中に紅一点「アルストメリア」が印象的です

お手洗いは、女性側が


黄色と青のツートンカラー
「オンシジューム」と「ブルースター」の取り合わせです
楽しい一鉢ですね

男性側は


いかにも生花的な小品
このとがったオレンジの花は?「チューリップ」です
葉はなんだろう?でも芸術性のある作品ですね!

そして今週の床の間は


縦長の花器に、スラッとした花です
(あれ、正面玄関と同じ言葉だ)
クルクルッとして全体を形作るのは「柳」ですね
中心に薄いオレンジの「金魚草」
周囲に紫の「クジャク草」をそえて
下の方には「ソリダコ」も見えます

今週は正面玄関も床の間もスラッとした美しいシルエットに活けられました
でも、味わいはまるで違います
穏やかな気品と静寂を表す正面玄関に対して
まるで洋花の盛り込みのような床の間。
住職的には逆でも良いかな〜って感じですが
あえて、このようにされた先生の思いがとても面白く感じられますわ〜

| - | 06:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「松鳳山」関 来山!
新小結 松鳳山裕也さんが西福寺に来山されました
関取は駒澤大学出身で、副住職の学友。
今回は副住職の招きで遊びに来て下さいました。

部屋は松ヶ根部屋、元大関「若嶋津」関、現松ヶ根親方の部屋になります。
お供は「若力堂」関 
二人並ぶとその迫力に圧倒されます


大きさでは若力堂が大きいけど、その迫力は小結、さすがです!
若力堂は笑顔がカワイ過ぎ〜かも

しばし、歓談の後、本堂に移って記念撮影


ガッシリした身体は迫力もの
さわらせていただくと、全身鋼鉄のような堅さにビックリ
手の厚さなんかもう大変って云うぐらいですよ
まさに戦う男の気迫が伝わってくるようです
この日はいらっしゃる前に二所ノ関一門の連合稽古、横綱白鵬とあたって
強烈なかち割りを食らって、軽い脳しんとうを起こしたんですって
やっぱり凄いわ!


住職と副住職もはいって記念撮影
関取もチョットだけ顔が緩んでるかも〜

この後みんなで食事に出発
関取の希望もあって、スポーツ選手定番の焼き肉へ
近所で評判の「山宝苑」さんに
(この店は「ゆず」がよく来ることで有名なんですよ)
奥座敷を空けてもらって、小結昇格を祝って「乾杯」
関取は一切お酒を召し上がらず、乾杯も大ジョッキにつがれたウーロン茶で
食べる量も最近は少なくなったそうですが、イヤイヤなかなかどうして!

それでも若力堂関に比べると〜、若力堂関ガッツリお召し上がり!

焼き肉の後は、西福寺総代のお店、鮨割烹「鹿島」へ
(ここも評判の高い、美味しい店です)
あらかじめ、連絡をしておいたので
関取の到着に、お客さんも含めてお店のみんなが拍手でお迎え
美味しいお寿司をいただいて、総代さんとも記念撮影
さすがにみんな満腹になりましたわ〜

食事も済んで、お寺に戻ってコーヒータイム
ちょうど帰ってきた娘とも記念撮影


この時の顔が一番緩いかも〜

関取との会話の中で、今後、お寺の行事や催し事に協力をお願いしたところ
心良くご承諾をいただき、
関取のお力添えをいただき、お檀家さんとのふれあいや
相撲観戦、相撲部屋訪問のなどの催し事も計画しようかと思います

副住職の手配で、素晴らしい出会いがあり
有意義な一日を過ごすことができました

これからも松鳳山関の応援に益々頑張り、
若力堂関ともに益々のご活躍を祈念いたします

このブログを書いた後、本日十日の読売新聞紙上に
大々的に松鳳山のことが取り上げられていました
今や、相撲界の期待の星であり、全国的に人気のある松鳳山関
今後のご活躍を改めてお祈り申し上げます。
| - | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今年最初の生花は〜
三が日が箱根駅伝くらいのスピードで過ぎ去り
もう今年最初の土曜日を迎えました

昨日から仕事に出た方も、あと二日休みがある方も
冗談じゃないよ、お正月もずっと仕事だよ!って云う方も
みんなが幸せになれるような一年にしたいですね!

と云うわけで、今週の生花です。

正面玄関は


形の整った立花です。
中心はもちろん「松」
裾を飾る華やかな花達は「トルコキキョウ」「ストック」
「レースフラワー」に「オンシジューム」
色とりどりの花達の饗宴、お正月の第一弾に相応しい華やかさですね

応接は


赤い「南天」の実と葉に「シキミア」の紫が添えられています
シキミアは日本原産の海外改良版だそうですよ、花もいろいろですね〜

本堂入り口は


「大王松」の葉に青のキレイな「アネモネ」です
葉は「レモンフラワー」が
サッパリとして、新しい年の本堂のお迎えをします

小さな花達は、エレベーター前が


何ともカワイイ花「ブルースター」ですね
この肉厚な感じは冬が似合いますね〜

お手洗いは、女性側が


ピンクの「ガーベラ」に「ブルースター」
松葉をあしらって、まるで「おとぎの国」からのようなカワイイ一鉢です

男性側は


女性側と同じ花なのに「ガーベラ」が黄色になるだけで
感じが変わりました
男性達よ、キリッとせい!ってことかしら?

そして今週の床の間は


全体をかたどる「南天」、葉も実もみんなお正月って云う感じです
「松」と大輪のユリ「カサブランカ」が中心を守り
中央には松とカサブランカの間に埋もれるように
「カーネーション マトリオスカ」の蕾(?)が二つ


これなんですが、エッ!これがカーネーションって感じですよね〜

今年最初の床の間は
シンプルで、大胆で、おまけにミステリアスな一鉢ですね〜
先生も、そしてこの新着情報(ブログ)に訪れ、楽しみにして下さる皆様も
どうぞ、本年も一年宜しくお願いします
| - | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
除夜の鐘と新年のお祝いのお経
大晦日は夜11時45分頃から「除夜の鐘」を打ち出し
ご来山いただいた方たちが一通り打ち終わった所で

新年祝禱法要、引き続きの祈祷法要となりました


副住職と一緒に新年のお祝いのお経が勤まります。


続いて、新年のご祈祷です
大般若経をふって、お寺の鎮静と檀信徒の皆様のご多幸を祈ります。

ご祈祷が勤まりますと、除夜の鐘を打ちに来て下さった方全員に
ご祈祷が勤まったばかりの「お守り」を配ります。


今年一年が素晴らしい年になりますようにと
住職が一人一人、心を込めて手渡しました。

さぁ〜、皆さん幸せな一年にしましょうね〜!!
| - | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成25年 新年明けましておめでとうございます

   平成25年 謹んで新年のお慶びを申し上げます

本年は巳年、「巳」には蛇を表す意味と、
お腹の中の胎児を表す二つの意味があります
昨年は西福寺の副住職にも子供が誕生し、
私たちの未来が素晴らしい命となって出現しました。
住職にとっても驚くような感動でした

赤ちゃんは家族の未来です。
坂村真民さんの詩に
「悲しみを あたためあって 歩いていこう」
と云う一節がありますが
大きな信頼の絆の中で、家族が心を寄せ合う
そんな一年にしたいと思います。

ご来訪の皆様の益々のご多幸をご祈念申し上げます

            西福寺住職、副住職、山内一同 合掌
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |