SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 6月最後の週末
「光陰矢のごとし」と申しますが
6月もこの週末が最後、アッと云う間に7月です。

7月はお盆月、施餓鬼もあるし〜、もう〜大変ですから
住職も身体に気をつけて頑張りますわ〜

と云うところで、6月最後の生花です

正面玄関は


「スモークツリー」がまるで雲のようにモワモワです
その雲の中に「かすみ草」や「ウイキョウ」「リューカデンドロ」が
まるで雲の中の雷のように飛び出しているのは「丹頂アリウム」です
一番下で雲を支えているのが「クワズイモ」の葉、
なんだか爆発現場みたいな、不思議な雰囲気がありますね。

応接は


鮮やかなブルーは「キキョウ」です「木イチゴ」の葉
青と緑の競演です

本堂入り口は


黄色の「バラ」と「かすみ草」
チョット暗い本堂入り口のかどを明るくしてくれています。

小さな花達は、エレベーター前が


白と黄色の二色の蘭は「オンシジューム」と「デンファレ」ですね
ここにも「木イチゴ」の葉が鮮やかな緑色でまとめてくれています。

お手洗い、女性側は


チョット肉厚のこの花は、白い「オキシペタルム」です
青いのは「ブルースター」って云いますよね

男性側は


こちらは赤い「オキシペタルム」です

そして今週の床の間は


ビックリするくらい大きな葉ですね〜、南国の葉「イトバショウ」です。
紫色の帽子のような花は、頭の部分に見覚えが!
これは「アーティーチョ−ク」なんだ!


花が咲くとこんな感じなんだ〜、面白いですね〜
可憐な「かすみ草」を添えて
大きなイトバショウはまるで仏様の光背みたいですね〜
してみると、アーティーチョークは仏様の頭かしら?

梅雨の雨が続いています、皆さんも身体に気をつけてね!
| - | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お盆の飾り方
お盆の飾り方で悩んでいる方はチョット見て下さい
けっして難しくも、面倒でもありません。
特に新盆の方は初めてのお盆ですから
チョット頑張ってみましょう

新盆の方は


左側の「白い提灯」をひとつ用意します。
この提灯は初めて帰ってくる仏様の目印になり
新盆のとき一回だけ使います。
右側の絵のついてるものは、何年も使えるものです
親戚の方や家族のプレゼントが多いようです。

この時期、花屋さんでは

こんなセットが売られます。

ゴザのような「まこも」と水滴を散らす「ハスの葉」
わらでできている「牛」と「馬」「ホオズキの実」と実をしばる「縄」
そして迎え火、送り火に使う「おがら」です

上手に使ってみて下さい


こんなふうにテーブルを使ったり


仏壇の引き出しを使ったりしましょう。



ナスやキュウリを使って、家族で馬や牛を作るのも楽しいものですね
そのほかに必ず添えるものに「みずの子」があります


洗い米とキュウリやナスのさいの目をまぜたものです
みずの子は傷みやすいのでお盆中毎日新しいものを供えたいものです

それでは実際に飾られた盆棚を紹介しましょう
協力は西福寺の檀家さんです


仏壇の前に「まこも」を広げて、
キュウリとナスの「みずの子」に果物を添えています
仏壇の左右に竹とガマの穂を立てて、
間に張った縄にホオズキを上手につるします
お盆らしい仏壇になりました

別の家では仏壇の前に「あかみず」を置いています。


その上に「ミソハギ」を巻いて置きます。
このミソハギを手にとって「あかみず」を「みずの子」の上にかけることもしますね〜

次は新盆を迎えたお宅です


仏壇とは別に、窓際に盆棚を飾りました。
四方に竹を立て、張った縄にホオズキや掛袋、五色旗を飾っています
愛する方を初めてお迎えする、素晴らしい盆棚になりました。
家族の方の思いが届くようですね〜

飾り方も迎え方、送り方もその家々でみんな違うようです
大切なのは、その家のやり方を未来に残すことです
心を込めて、仏様をお迎えしてあげて下さい。

| - | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 活けたてのホヤホヤ
毎週素晴らしいお花を活けて下さるT先生は
だいたい、金曜日の夕方いらして、活け終わるのが6時半から7時くらい
その時分、住職は既に仕事を終えて食事かお風呂かな〜
当然、今週の生花は翌朝早く作ります
冬だと、まだ暗いうちに写真を撮るから、
花も起きてないときがあったり、
水あげが悪くて一晩で元気のなくなる花があったり
活けたての作品を届けられないのが残念でしたが
でも、今日は先生の都合で午後には完成!
ヒマな住職は早速写真を撮りだして
「活けたてのホヤホヤ」をお届けしますわ〜

と云うわけで、今週は活けたての生花です

正面玄関は


グリーンが爽やか!
正面にまだ若い緑の「クルクマ」と中段には「カラー」
真ん中に真っ直ぐ「ヘルコニア」が屹立
右側に流れるような「葉ラン」が空気の流れを演出しますね
先生が
「カラーは一本、ワザと後ろに活けてるの、倒れたんじゃないからね」
と、どうやら奥行きを演出したことにこだわりがあるようです
先生が直接教えてくれるのもその日の内だからこそですね〜
奥行きを表現するって、どういう感じかというと


こんな感じです、写真にすると平面勝負みたいなところがあるけど
実際は奥行きまで活けてるんですね〜

応接は


赤い「バラ」の花束!
昔、かーちゃんに贈った花束を思い出すぜ!
でも、これは「ミニバラ」だそうです(*^o^*)

本堂入り口は


白い花と緑の茎が左右に広がる「フロックス」
真ん中あたりに隠れるように赤紫の「モナルダ」が
どちらもあまり聞かない花だわ〜
なんだかハーブティーのポットの中のハーブみたいな感じ〜

小さな花達は、エレベーター前が


カワイイ「ナデシコ」の一盛り
「レザーファン」の葉を敷いて

お手洗い、女性側は


紫と白の色変わりの「カンパニュラ」です、
花だけを活けて、下を向いてないとちょっと変な感じ〜
「ホタルブクロ」って感じがしないわ〜
「レザーファン」の葉をあしらって〜

男性側は


こちらも「カンパニュラ」
チョットした向きになっていて「ホタルブクロ」らしいね
赤いイチゴのようにも見える「千日紅」
色の取り合わせが面白いね〜

そして今週の床の間は


まだ若葉をたたえる「夏ハゼ」の緑が涼を呼びます
その中にスクッと細い「フトイ」が凜々しさを表し
ピンクの「シャクヤク」が色合いを演出します。
真ん中の紫色のなすのような花は


よく見るとこんな花ですが〜、ベロニカのようだけど花先がなんかヘン〜
これは「ベロニカ クリスタル」、新しい品種のようですよ〜

発送が遅れていたお盆と施餓鬼のご案内も来週早々には
送れていた「文化に親しむ集い」の印刷もあがって
檀信徒の皆様のお手元に送れそうです
今月中には届くと思いますわ〜

お盆は7月の12日からまわりますよ!
施餓鬼は7月の25日、木曜日
午前が「新盆施餓鬼」午後が「大施餓鬼」です
ご来山を待ってますからね〜

| - | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 お盆の連絡が遅くなりそ〜
台風の影響か、久しぶりの長雨になり梅雨らしい水っぽい日が続きました。
枯れそうになっていた境内の樹木もこれで一安心です

この一週間は秋に行う予定の「文化に親しむ集い」の準備で
何度か「大相撲 松ヶ根部屋」に連絡を取ったんですが
相撲部屋の忙しさに振り回されて、なかなか予定が立たず
お盆のご案内に同封するつもりの「募集案内」ができずに困りました

何とか予定を立てて、連絡をしますので、待ってて下さい

と云うところで、今週の生花は〜

正面玄関は


この季節、これしかない「今でしょー!」の「紫陽花」
モッコリモコモコ、ほのぼのとした幸せを感じさせます

応接は


黄色の「シャクヤク」大柄の花は明るい希望を与えてくれますね〜

本堂入り口は


真ん中に「リューカデンドロン」左右に広がる「ナルコラン」
落ち着いた色合いは、穏やかな心、悟りの世界を思わせます

小さな花達は、エレベーター前が


可憐な「ナデシコ」に「ヤマボウシ」の葉です
まだ少女のような恥じらい、デビュー前です

お手洗いは女性側が


「クルクマ」の一輪挿し。
一輪といっても重厚で重みがあります、秘めた思いって感じ〜

男性側は


舟形の花器にまるで帆のように白い「ナルコラン」の花が
そして青い「デルフィニューム」が舳先「ナルコラン」の葉は艫みたい
さぁ〜、明日に向かって出航ですぞ!

そして今週の床の間は


白と赤のアンジュレーションは「カラー」ですね
紫の大きな丸いねぎ坊主は「ギンガジューム」
「ヤマボウシ」の枝からこぼれるように活けられました。
陽気でやんちゃな若者のような未来に向かう元気を感じますね

さぁ〜、梅雨も本番!
蒸し暑くなりそうですぞ!
週明けはお盆の案内の作成じゃ〜!!!
| - | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 無事に帰ってきました
シンガポール日本寺の開山忌法要は
前ブログにてご笑覧のように無事に円成しました。

(なお、法要の様子はこちらのページでもご覧になれます)

住職も6日木曜日に無事帰国。
シンガポールに行く前から副住職の都合で
里帰りしていた若奥ちゃまとお孫ちゃまに
久しぶりに会いました。
うぅ〜ん、お孫ちゃんカワイイ!!

住職が家族誰にもお土産を買わずに済ませた中
唯一購入した孫向けの「ブーちゃん」


どういうわけか孫には不人気!じいさんはガッカリざんす〜

と云うわけで、今週の生花です
正面玄関は


いつもと違うわ〜!
青銅の細めの花器に、洋風にアレンジされた花
一抱えの「スモークツリー」に黄色の「ガーベラ」に白い「デイジー」
どこぞの洋館にも似合いそうな感じ!

応接は


花の重さでチョット下向きになっている「クルクマ」
青い縁取りは「トルコキキョウ」「レモンリーフ」の葉を添えて〜

本堂入り口は


白い「カンパニュラ」に薄いピンクの「アスチルベ」
花器とも相まって、淡く、淡く、淡く〜!

小さな花達は、エレベーター前が


まるでカワイイ提灯みたいな「サンダーソニア」が良い雰囲気!
手前には同じ黄色系の「オンシジューム」
有田焼の花器の赤がひときわですね〜

お手洗い、女性側は


黄色のカワイイ花は「姫ヒマワリ」だそうです
もうヒマワリの季節なんですね〜

男性側が


薄紫の「クジャク草」です
まだ咲きかけですね

そして今週の床の間は


新緑と大輪の花の組み合わせです、爽やかさと力強さが相まっています。
大輪はピンクの「シャクヤク」です
新緑は「ドウダンツツジ」と「オクラレルカ」
涼しげな趣きです。

毎年恒例のシンガポールも終わって、いよいよお盆の準備です!
お盆の飾り方もアップしなくちゃ〜
| - | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成25年 シンガポール日本寺開山忌法要
毎年恒例の6月4日、シンガポール日本寺開山忌法要のために
今年も総勢30人のメンバーでシンガポールにやってきました。

今年の焼香師(中心で法要をつとめる導師)は
神奈川県海老名市 鳳勝寺ご住職 山下玄機老師 です
山下老師は現在、神奈川県第二宗務所の所長をお勤めいただき、
宗務所の皆様のご協力の下、主事4名と書記2名のご参加もいただき
お坊さんは主催の「西有寺ご住職」をはじめ
総勢17名となり、久しぶりの大法要になりました。

また、山下老師の奥様を中心に県下9ヶ寺の奥様(寺族)も参列、
ご詠歌の奉詠もいただきました。

午前9時過ぎ、シンガポール日本人墓地公園に到着した山下老師


暑くなりそうな予感にちょっと緊張気味?

お坊さんが支度をしているうちに、寺族様や参列者は墓地公園の散策〜
二葉亭四迷のお墓は見つかったかな?


暑い中、法要の準備をするお坊さんたちです

支度も調い、散策も終わって、御堂に上がった参列者の皆さん


これから始まる法要にちょっと緊張気味?
でも、そこは寺族の皆さん、堂々たるものですわ〜

お坊さんの支度も終わって、いよいよ法要の始まりです
最初は シンガポール日本寺ご開山「西有禅師」様の開山忌法要


ご開山に香を手向け、位に戻る山下老師

お経の題目を唱えるのは維那和尚さん、今回は海老名市龍昌院石澤住職です


導師の右側(東序)で法要をつとめる和尚様は、上位(向かって左側)から
泉龍寺砂越住職、本覚寺守長住職、維那老師、盛徳寺竹内住職の4人です

導師の左側(西序)は


宗務所の主事を中心に上位(向かって右側)から
人権主事 長尾寺遠藤住職、教化主事 宗英寺稲富住職、
庶務主事 貞昌院亀野住職
そして全日仏財務部長 清水寺久喜住職の4人です

自位について読経する山下老師


その右後ろには侍者として 山下老師のお弟子さん
法勝寺山下玄通副住職が素晴らしいアシストを見せます
左後ろには西福寺副住職の裕貴もお手伝いです
今回裕貴は宗務所書記としての参加です

この法要の主催者で横浜西有寺ご住職 横山老師


この朝に到着して、まだホテルにチェックインすらしてない老師は
いささかお疲れ気味かしら?

お坊さんのお経が終わると、寺族の皆様によるご詠歌奉詠
始まりの独詠は導師山下老師の奥様


左側でビデオを撮っている梅花主事、梅花が始まると一生懸命なんだから!

独詠に続いて、寺族による一斉奉詠


すばらしい梅花流ご詠歌の声がシンガポールの空に響き渡りました
ご奉詠をいただいた寺族は、東林寺瀧田様、東泉寺上形様、永珊寺松樹様
長昌寺玄野様、桂林寺津田様、雲昌寺大嶋様、龍松院近藤様、法昌寺伊藤様
でした。
このご詠歌が法要に素晴らしい花を添えてくださいました。
寺族の皆様本当に感謝しますわ〜!

開山忌法要の後は、施餓鬼供養


山下老師が墓地に眠っている精霊やその先祖様へ、また参列者のご先祖様へ
ありがたいお言葉が読まれます。

施餓鬼のお経は「甘露門」


朗々と読まれるお経の言葉のひとつひとつが心にしみ込むようですね、

施餓鬼法要も無事に勤まり、最後にみんなで記念撮影


今年は宗務所長山下老師の焼香師の下、宗務所関係者、多くの寺族の方の
ご協力を賜り、盛大かつ厳かな開山忌法要をつとめることができました。

ご協力の皆様に深甚からの感謝を申し上げます。
| - | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今週は忙しいぞ!
6月です!お盆まで一ヶ月半になりました。
今週は恒例のシンガポールもあり、忙しいですぞ!

最近、お盆の飾り方、
特に新盆の飾り方を調べられている方が多いようです

この新着情報にもヤフーやグーグルの検索から来られた方が
いらっしゃいます。

一度、飾り方を載せましょうね!
でも、今回ではありません。待ってて下さいね〜

では今週の生花です

正面玄関は


緑の若葉が初夏ですな〜「珍至梅(ニワナナカマド)」だそうです
赤の色変わりの「トルコキキョウ」に青い花は「アガパンサス」ですね
珍至梅の緑のうっとりです〜

応接は


ピンクの小さめな「カラー」にまだ蕾の「ユリ」ですね

本堂入り口は


「木イチゴ」の葉が正面に、左奥には「アワの穂」
そしてブルーと白の「クジャク菊」です
淡い色の取り合わせが可愛いわ〜

小さな花達は、エレベーター前が


ここにも「木イチゴの葉」がそして奥の暗赤色は「リュウカデンドロ」です
コントラストがハッキリ!

お手洗いは、女性側が


ピンクのカワイイ「小菊」に「浜ナデシコ」だそうですよ

男性側は


紅白の「カーネーション」に「珍至梅(ニワナナカマド)」の葉です

そして今週の床の間は


とても背の高い作品です
高さを引き受けるのは「姫ガマの葉」ですね
真ん中の赤いものは、残念ながらガマの穂ではなく「ヘリコニア」です
大きな白い「シャクヤク」が「ナルコラン」の小さな葉に包まれて
元気が良いですね!
高さが豪華さを演出し、シャクヤクが華やかさを見せてくれます

さぁ〜6月です、今年はもう梅雨入りもしていて
忙しくなりますよ〜!!!

| - | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |