SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
青木老師の本葬に参列 長野の朝
住職と奥様はご縁のある青木老師の本葬に参列するために
29日の午後から長野へ行ってきました

車で片道約300キロ
行きは5時間弱の行程でした

着いたらすぐに夕ご飯を食べて、その日は運転疲れもあって早寝しました
翌30日、いつものように5時に目覚めた住職は
奥様を起こして、早朝の「善光寺」にお参りしてきました

清々しい朝の空気の中

善光寺参道はそこそこの人出
仁王門あたりから空気が変わります


仁王門をくぐると、参道にお店が続きますが


まだ6時ちょっと過ぎ、さすがに開いている店は2軒だけでした
その中の一軒


「滝屋本店」
でもお客さんはいませんでした。残念!

参道の突き当たりは「山門」です


山門の寺号学「善光寺」には


7羽の鳩がいるそうですが
私にはわかりませんでした、残念〜

山門をくぐると「善光寺本殿」です


ちょうど朝課(朝のお経)が始まったところで、
やっぱり朝はお経があいますな〜

帰りがけに、「大勧進」と「大本願」をお参りして参りました

大本願で見つけた掲示板に


「今月の言葉」が
いい言葉ですよね、西福寺の掲示板に紹介しましょ!

善光寺の仁王門前に見つけた郵便局


「善光寺郵便局」がさすがの雰囲気でした、
この写真で朝の散歩は無事終了、約一時間の幸福な時間を過ごしました
この後の、朝食のおいしかったこと!

そして、気分を引き締めて青木老師の本葬に向けて出発しました
本葬は写真を撮るわけにいかなかったので
思いのあふれる素晴らしい式だったと報告します
| - | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 秋彼岸が終わってやっと一息
秋彼岸の法要も無事に済み
お寺もやっと一息つきました。

夏のお盆前から秋彼岸までほとんど休み無しの毎日
その疲れが出るんでしょうか?
この時期、住職はよく体調をくずします

今年は彼岸前に突然の胃痛で、丸一日苦しみましたが
26日に胃カメラを飲んで検査をしたところ
胃のほうは大丈夫だと云うことですこし安心しました。
但し、食道は逆流性の食道炎と云うことで
チョット不安を残しましたが〜〜

皆様も身体だけは気をつけましょうね!

と云うところで、今週の生花です

正面玄関は


大きな「パンパスグラス」に
名残の「ヒマワリ」、暖かな色はオレンジの「ケイトウ」
下の方には薄紫の「スターチス」と「ドラセナ」の葉が支えます。
パンパスを見ると、もうすっかり秋ですな〜

応接は


カワイイ花が盛り沢山です
薄いピンクの「トルコキキョウ」に薄紫の「スターチス」
「かすみ草」がこぼれるくらい〜
明るいわ〜

本堂入り口は


変わった形の花器の窓からのぞくのは薄紫の「カラー」ですね
「ポトス」の葉を添えて〜

小さな花達は、エレベーター前が


青磁の花器に濃いピンクが映えます
「スターレッド」の花が綺麗だわ〜

お手洗いは女性側が


薄い色合いの「カーネーション」に「かすみ草」

男性側は


白の「アスター」に真っ赤な「ヒペリカム」です

そして今週の床の間は


大きく広がって堂々とした作品です
その広がりを担うのは「赤芽柳」の枝で
それを助けるのが「オクラレルカ」の緑の葉ですね
この二つで広がりを作り、真ん中に「ほととぎす」を活けました

ほととぎすはこんな花です


ユリ科の花で、日本原産だそうですよ。
チョットおとなしい穏やかなたたずまいは
日本原産を感じさせてくれますね

秋彼岸が終わって、ヒマになるかというと、そうでもなく
副住職は永平寺へ行ってきたし
住職は日曜から月曜にかけて、お世話になった方の本葬で長野へ

その後は、来年の「文化に親しむ集い」の準備打合せで
海外に行ってきます

あ〜ぁ!忙しいわ〜、本当に身体だけは大切にしましょうね!
| - | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋彼岸 中日法要が勤まりました
秋らしい涼しさを感じさせる23日
西福寺では恒例の「秋彼岸 中日法要」が厳修されました

清められた境内と本堂に朝の清らかな風が入り
参詣の方々をお待ちします。

9時頃には、お手伝いの総代様や世話役の方々、女性陣が集合。
皆様のご到着をお待ちする準備が整いました。

10時前くらいから集まり始める檀信徒の皆様に
「だいぶ涼しくなりましたね」と声をかけます

いつの間にか本堂は人でいっぱいになり、法要の開始となります

最初はご法話をいただきます
毎年恒例の「長野県広勝寺ご住職 茅野憲雄老師」のご法話です


今年は「曹洞宗宗歌」を題材にして、心のこもるご法話がなされました。

ご法話に引き続き法要が勤まります
最初は本尊様に本日のご挨拶を告げ、参詣の皆様の家内安全とご健勝を祈る
「本尊上供」が勤まりました。


本尊上供のお経は「般若心経」です
一緒に唱えて下さる方もいて、身が引き締まる思いがします。

本尊上供が勤まると、住職のお言葉から本日メインの
「秋彼岸中日法要」が始まります


住職は
西福寺歴代のご住職を始め、開基様、功労者、世界中の被災殉難者
西福寺壇信徒のご先祖様、この法要に供養を求められた精霊にむけて
供養の言葉を伝えます。

お言葉は「法語」とも「香語」とも呼ばれ
住職の最初のお焼香の香りが添えられます。

お言葉に引き続き、読経が始まり
参列の皆様のお焼香が勤まりました


総代、世話役さんから焼香が始まり



多くの方が順序よくお焼香を済まされ、お経が終わると
法要の功徳をお届けする「回向」になります。

回向中に住職と副住職は
参列の皆様のご先祖様や、特別に供養されたお塔婆供養の精霊の
すべてをお読み上げします








できるだけ大きな声で、わかりやすく読み上げましょうね

参列者の中にはご自分のお名前を聞いて頷いていらっしゃる方もいますよ
読み上げが終わり、回向の最後が終わると法要も終了です

お塔婆をお渡しし、皆様を見送らせていただいて
無事法要の終了です

午後からは、永代供養合祀墓「永遠のいこひ」墓前で
彼岸供養が厳修されました



春秋の彼岸供養には必ず埋葬されているすべての精霊の戒名、
お名前をお読み上げします

永遠のいこひの法要で秋彼岸法要はすべて終了です
参列の檀信徒の皆様、お手伝いの皆様には
厚く御礼申し上げます。
| - | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋彼岸 入日法要が勤まりました
20日、秋の快晴の空の下
秋季彼岸会入日法要が勤まりました

今回は西福寺初の試みとして、法話にかわって
「桂 歌助」師匠のお話しをいただきました

演題は師匠お得意の「ラーメン屋」です


師匠に歯切れの良い話し口に皆が引き込まれていきます


熱の入った話しに大満足でした

その後、彼岸法要に移り


住職の法語で法要が始まり


総代、世話役さんのお焼香


檀信徒の皆様のお焼香をいただき、入日の法要が無事に勤まりました。
| - | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 能登(總持寺祖院)に行ってきました
この週のエポックは、12日13日の二日間
日吉の保福寺、高橋老師の焼香師随喜で
久しぶりに能登、總持寺祖院に行ってきました。

初めて降り立つ「能登空港」
輪島でいただいた「能登丼」

地震の傷跡が色濃く残る「總持寺祖院」


山門の勇姿です、太鼓橋渡りました。


祖院の長廊下は鶴見と違いますね!


これから大一番を迎える「保福寺 高橋老師」
手前のまだ着替えていない方は
今回二日間ご一緒させていただいた「本覚寺 守長老師」です
到着したばかりのスナップです

この後、堂々とした高橋先輩の焼香師法要に参列し
今回の目標を達成しました。
帰りは飛行機の関係もあり、一晩休んで13日。
和倉温泉の塩辛いお湯を堪能しました。

疲れたけれど、充実した二日間を過ごしてきました。

と云うことで、今週の生花を〜

正面玄関は


背の高い「雪柳」は色を染めてあるようですね
青の美しい「リンドウ」と「クジャク草」をそえて
秋らしい趣のある一鉢です

応接は


チョット濃いめのピンクの「アスター」です
温かな雰囲気を作ってくれますね

本堂入り口は


白とピンクの「トルコキキョウ」に「ワレモコウ」です

小さな花達は、エレベーター前が


真っ赤な「バラ」
いつもは暗い一角を明るく演出するのは
やっぱりバラですね〜

お手洗い、女性側は


小ぶりの花器に、ギュッと収めた
ピンクの「カーネーション」に山嵐の背中のような「テマリ草」です
長く伸びた葉の使い方が上手いな〜

男性側は


こちらは「テマリ草」を前面にして黄色の「カーネーション」を奥に
「エメラルドウェーブ」の葉に「ワレモコウ」も添えて
同じような構成なのに、この色合いが秋を感じますね〜

そして今週の床の間は


青い実をいっぱいにつけた大きな葉物は
ハワイでおなじみの「ティーリーフ」
下には独特の葉物「アレカヤシ」
二つの大きな葉物で真っ赤な「ケイトウ」を挟むように活けてあります
大胆でいて、それでいて心の落ち着くような作品ですね

總持寺祖院の御征忌の随喜も終わり
来週はもうお彼岸です、
皆様のご来山をお待ちしてますわ〜
| - | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 「文化に親しむ集い」抽選が終わりました
19回目となる「文化に親しむ集い」に
今回も多くの方から申し込みをいただき
募集人員30名の所、50名近い応募があり
残念ながら全員をお連れすることはできず
抽選と同伴者の辞退をお願いして参加者が決定しました
ひとまず電話で連絡をしていますが
詳細、旅程は決定次第お送りしますのでお待ち下さい


秋彼岸ももう間もなく
お塔婆の申し込みはお急ぎ下さい

と云うところで、今週の生花です
正面玄関は


正面にピンクの「ネリネ」です、ヒガンバナ科の花で
ユリ科に近いそうですよ、秋っぽいですね
緑の丸い「手まり草」に「ドラセナ」の葉を多めに添えました
よく見ると、奥の方に


かわいいピンクの「ハマナデシコ」と「オミナエシ」が
奥の方に秋が隠れていましたわ〜

応接は


鮮やかなオレンジ色の「ケイトウ」の一輪挿しです

本堂入り口は


大きくまるい、赤紫の花は「ピンポン菊」です
「かすみ草」を添えて。

小さな花達は、エレベーター前が


青でまとめた演出です〜
「トルコキキョウ」に「デルフィニューム」です
有田焼の花器にとてもお似合いです

お手洗い、女性側は


染められた「カーネーション」にほんの少し「かすみ草」を
「レザーフィン」の葉を添えて、ピンクを演出しました

男性側は


夏の残り香「ヒマワリ」ですね、秋らしい「ツルウメモドキ」を添えて
黄色の演出です〜

そして、今週の床の間は


こちらはすっかり秋色の演出となりました
スクッと立ち上がった「ススキ」です、穂が金色の輝きますね
安定と力強さを受け待つのは「ツルウメモドキ」です
いっぱいに果実をつけて秋を表現してくれます
中心に「フジバカマ」と「オミナエシ」を二段に活けて
床の間に秋の完成です。

さぁ〜、もうすぐ秋のお彼岸です
副住職君!お塔婆を書いて下さい!
| - | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋彼岸会のご案内
9月に入って、いまだ続く猛暑に参っています

さて、9月20日より「秋彼岸法会」が始まります

西福寺では、秋彼岸は

20日 午前11時より 彼岸入日法要を
23日 午前11時より 彼岸中日法要を

お勤めします。
檀信徒の皆様には、ご都合の良い日にお参り願えればと思います

また、お塔婆の申し込みは早めにお願いします。
| - | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |