SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
尺八 追悼演奏会
今年も西福寺でお祀りをしている故瀬水三夫さんの
尺八追悼演奏会が開かれました



故人を偲んで琴古流の師範5人の方が西福寺にご来山いただき
追悼演奏を修めて下さいました



最初は五人全員による演奏でした
尺八の音色がお寺の本堂に響きます

ほんの少しですが、音色を楽しんで下さい
http://youtu.be/F1fEk_Jl_ag
 
| - | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 ゴールデンウィーク突入です
世の中は「ゴールデンウィーク」で大騒ぎですが
お寺は休み中、毎日一つか二つの法事があって
一週間仕事が続く「ダークウィーク」なんですね〜

そんな中、今年は28日から一泊で永平寺に行ってきます
午後遅くの便で小松へ、早朝の法要に随喜して
昼過ぎの便で帰ってくるだけなんですが
ゴールデンウィーク中に飛行機に乗るなんて
初めてじゃないかしら〜 嬉しいやら、忙しいやらです

それではゴールデンウィークを飾る「今週の生花」です

正面玄関は



大きな花の盛り込みです
濃いピンクの大きな花は「シャクヤク」で、半開き状態で
間もなく大きく開いてくれるでしょう
背の高い、紫の細長い花は「リアトリス」です
前後に大きく振られていますが、わかりにくいかしら〜
白い「トルコキキョウ」は少し紫がかっていて
白と紫の「アスター」に「ゴッドセアナム」の葉が
添えられています。
ゴールデンウィークに相応しい、賑やかで明るい作品ですね

応接は



かわいいピンクの「カンパニュラ」に「ソリダコ」
「ブラックリーフ」の葉をクルッと丸めてあしらいました

本堂入り口は



大盛りの「オンシジューム」と「ホワイトレースフラワー」に
「柾木」の葉です。
明るく溢れるほどの色彩、いつもより多めに活けた所に
大きな夢が詰まっているようですわ〜


小さな花は、エレベーター前が



オレンジの「姫ユリ」です
庭からとってきた「ギボシ」の葉が見えています

お手洗い、女性側は



「グラジオラス」に「ソリダコ」です
小さな「オンシジューム」を少し
そして「菖蒲」に葉が一枚、とても効果的ですね〜

男性側は



染めた「カーネーション」に「柾木」の葉です
「柾木」の葉の色変わりはとても面白いですね

そして今週の床の間は



水色、円形の水盤形の花器に活けられたのは
「菖蒲」と「黒ロウバイ」、そして「ギボシ」の葉です
今週中に5月になる、そんな季節を上手に表現してくれました
これだけの空間がまるで水郷のように、湖の畔のように感じられます
瑞々しい緑に水色の花器がマッチして、美しい情景を見せてくれます

お寺はともかく、世間は「ゴールデンウィーク」突入です
日頃の忙しさにかまけて家族をほったらかしにしているお父さん
(私もその一人ですが)
何よりも大切な「家族」と楽しい休暇をお過ごし下さい
 
| - | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 4月も半分過ぎて〜
春には珍しく「乾燥注意報」が出るほどに晴れの日が続きました。
住職と奥様はいつもお世話になっている
高遠の広勝寺様をお訪ねしてきました。
茅野憲雄住職のお父様とお母様のお位牌に
親しく香をたき、感謝の思いを伝えてきました。

帰りがけに、高遠城址の「桜」を見てきました
初夏のような陽射しと気温の中、満開の桜は見事でした

一転、金曜からの雨と寒さの中、今週の生花です

正面玄関は



花材を一直線に高さ順に並べています
基本的な生花である「立花」の応用だと思いますが
洋花だけだととても面白い形に見えますね〜
横から見るとよくわかります



こんな感じです
手前から、「サンダーソニア」
「ストレリチア」「丹頂アリウム」
そして大きな帆のような「イトバショウ」の葉が一番の「のっぽさん」です

応接は



いつもよりチョット賑やかな応接の花です
黄色とまだ赤い「紅花」ですね「ソリダコ」と一緒に春らしいですよね
「ドラセナの葉」を添えました〜

本堂入り口は



ここは一転してブルー系です
紫の「トルコキキョウ」と淡い紫の「グラジオラス ピュアベール」です
穏やかな優しさを感じますね

小さな花達は、エレベーター前が



手前に「ゴッドセアナム」の葉を持ってきて
「オンシジューム」を引き立たせます
奥の方に隠れるように「ヒマワリ」が
夏の到来はまだ早いよ!と言われてるようですね〜

お手洗い、女性側は



薔薇の花の中にまた薔薇の花が
このバラは「エキサイティング メイアン」という品種です

男性側は



黒のように濃い色に染められた「カーネーション」に隠れるように
鮮やかなオレンジの「ガーベラ」が
私なら逆に配置しそうなんだけど〜 上手いですね〜

そして今週の床の間は



スクッとして、なお、凜として活けられたのは
白い「ハナミズキ」に赤い「シャクヤク」
そして緑の「ライデン」です
色の取り合わせと上下の趣が見事ですね!
とても、モダンでクラシカルな雰囲気です
この作品は住職好みかな〜

さぁ!4月も中盤を過ぎましたよ
光陰の速さは驚くくらいです
新年度もあっという間に月日を重ねてしまうでしょう
私もいつまでも春に浮かれていないで、気を引き締めようっと!





 
| - | 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 本山は授戒会中
この時期、大本山總持寺では授戒会の真っ最中
副住職は今年からフル随喜です
金曜には法友、秦野市寿福寺の川口智弘老師が焼香師でした
住職も法要に随喜、その後は祝いの酒を飲み過ぎました
この後15日は、長津田の大林寺様の焼香師があります
なんだか飲む機会が多くて身体の調子が悪くて困りものです

それでは今週の生花です

正面玄関は



春の野山に来たみたいですね
新緑の枝は「キバデマリ」だそうです
くるりと輪を描くのは「ゼンマイ」です、見るより食べたいな〜
下、右側の深い緑は「手まり草」で
手前の白い可憐な花は「ヒゲナデシコ」だそうです
淡い色のポピーがカワイイわぁ〜

これは食べてしまいたい



ゼンマイです、美味しそうだわ〜

応接は



真っ赤な「アンスリューム」に「シクラメンの葉」です
アンスリュームは本来シュールな花ですが
シクラメンの葉と合わさると、よりいっそうシュールさが増します

本堂入り口は



まるで水草のように見えるのは「ウィリーブッシュ」だそうです
真っ赤な「カーネーション」に「スパチィの葉」です
この赤は落ち着いていて
アンスリュームのようにシュールにはなりませんね

エレベーターの前は



住職の好きな「サンダーソニア」です

お手洗い、女性側は



濃いピンクの「カーネーション」に「シクラメンの葉」と
一枝の「キバデマリ」の若草色が見事だわ!

男性側は



オレンジの「バラ」に「キバデマリ」
濃い緑とオレンジと若草色、三色の取り合わせが良いわね〜

そして今週の床の間は



先週来使っている虎仙窯の花器「紫陽花」に活けられたのは
「松前紅豊桜」だそうです、チョット赤みが強くて
とてもキレイな桜ですね
下には桜とほぼ同じ色の「ストック」がコンモリ
この写真では見分けがつかないかも〜
そのカゲに「ブルーファンタジア」と大きな「イトバショウ」の葉
今週は客間でお花見です!

總持寺のお授戒会は16日まで
その後は、二週間後に永平寺のお授戒会です
住職は再来週
ゴールデンウィークのはじめ頃に永平寺に行ってきますわ〜
そして、お酒との日々は続くのでしょうね〜
| - | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成26年 花まつりに松鳳山ご来山です
4月8日は花まつり、お釈迦様の誕生日「降誕会」です

ちまたの花見所の桜は終わりのようですが
西福寺の駐車場の桜は「山桜」なので今が見ごろです



花と一緒に葉もあるのが「山桜」だそうです



春らしい景色になりました。

本堂の方も、子供達を迎える準備ができています



中央に右手で天を指し、左手で地を指している
小さなお釈迦様が、このお釈迦様に甘茶をかけます

でも須弥壇上には



金色に輝く大きなお釈迦様の姿が

チョット引いてみると



こんな感じです。

甘茶もでき、仏様の用意も万端



練習で何度も甘茶をかけるお孫ちゃんです

午後3時から法要が勤まりました



みんな真剣にお経を聞いてくれました
法事が勤まると



お釈迦様に甘茶をかけて、お祝いをしてくれる子供達です



真剣な眼差しで甘茶をかけました
お孫ちゃんはお菓子を渡す係なんですが〜



ご褒美にお菓子や、お母様にもお土産が〜

今年は関取「松鳳山関」も来山!
長男の志希也(ゆきや)君を連れて、一緒に花まつりを楽しみました



みんな、お相撲さんに抱いてもらって、写真をパチリ



ついでにお母様も一緒にパチリ

天候にも恵まれ、関取も一緒で
素晴らしい花まつりになりました
| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 春爛漫
新年度を迎え、桜も満開!
まさにこの世は「春爛漫」

4日は副住職に誘われて、宗務所長のご自坊
海老名市鳳勝寺様に花見にお邪魔しました

桜を愛でて、お酒も愛でて、楽しい一時をいただきました
鳳勝寺の奥様にも、新婚の副住職ご夫妻にも
大変お世話になりました、ありがとうございました。

さぁ、新年度最初の「今週の生花」です

今回から、新しい花器が二つ登場します
佐賀県伊万里の鍋島焼き「虎仙窯」の作品です
虎仙窯とはもう二十年来のお付き合いで
西福寺の客殿の茶器はすべて虎仙窯の作品です
と云っても、二十年間に作った物をいまだに使っているので
頻繁に連絡をしているわけではなく、
今回も京急百貨店の紹介でお願いしたしだいです
とても素敵な花器ができました、覗いてみて下さい

正面玄関は



流れるように、勢いをもって横に広がるように活けられた
「天文草」と白い「山つつじ」
黒っぽく見えるのは「チョコレートコスモス」です
この花器が「虎仙窯」の新作です



作品名は「あじさい」だそうです、小さな花びらがあつまって
紫陽花を表現してるようです。
斜めに流れるような二色の紫陽花の帯がキレイですね
生花もこの流れを生かして下さったと思います

応接は



黄色のピンクの二色、二段に活けられた「スィートピー」
春の色合いですね〜
ちなみに、新作ではないですけどこの一輪挿しも「虎仙窯」です

本堂入り口は



南国の花を思わせる「グズマニア」に「ゴッドセアナム」
「テマリ草」を添えて、緑賑やかな作品に

エレベーター前は



ティーカップに色とりどりの小さな花達が
「カーネーション」と「レースフラワー」ですね

お手洗い、女性側は



「アルストロメリア」です

男性側は



「カンパニュラ」ですね
どちらも盛り合わせで、ギュッとね〜

そして今週の床の間は



大きめの青磁の花器にあっさりと
「レッドウィロウ」の赤い細い枝がするっと伸びやかに
色の濃い「リュウカデンドロン」に「麦の穂」です
この花器も新作です



大ぶりな青磁の花器にあまり目立たないように「貫入」が入っています
とても質感のある「虎仙窯」らしい作品ですね

この花器に、あえてあっさりと活ける先生の力量が見事です

今回初登場の花器二点はこれからも出てくると思います
そのたびに使われ方に新しい発見があるんでしょうね
それが楽しみです

新年度、消費税も上がりました、学校も始まり、
新人達に素晴らしい春の訪れを祈ります。
 
| - | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |