SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
7月25日 盂蘭盆会施餓鬼会
7月25日は西福寺恒例の「盂蘭盆会 施餓鬼会」でした

午前中は「新盆施餓鬼供養」
午後は「大施餓鬼供養」が勤まり
多くの檀信徒の方々がご来山下さいました

今回はその様子を写真で公開です

まずは午前中の「新盆施餓鬼供養」の様子です

ちなみに受付の皆様です、お寺の総代様や世話役様にお願いします



今はまだ「余裕」ですけど〜

法要の始まりは「ご法話」からです
ご新盆施餓鬼のお話しは神奈川区幸ヶ谷宗興寺ご住職様です



いつもながら、わかりやすい丁寧なお話しで
私たちを導いて下さいます

お話しが終わると、法要の始まりです



最初に住職は、この供養を受ける精霊を呼ぶ「香語」を読みます

そして、精霊に焼香を捧げます



手前のお世話焼きは「副住職」ですね「侍者」という役です

お経が始まり



施餓鬼供養ならではの「施し」が勤まります



浄水で清め、念じられた食物を施します



「すべて、施しました。もう手の中には何もありません」
と、手を開いて見せます。

尊いお経を聞く参拝者の方々



今日も、新盆を迎えた、たくさんの方がお参りをしてくれました



行道という回りながらあげるお経が圧巻です





大切な方へ思いを込めてお焼香を勤めます

午後からは「大施餓鬼供養」です



ご法話は二俣川の長昌寺ご住職様です

こちらも心を込めてお焼香です





お経もご供養の読み上げもたくさんの和尚様がお手伝いしてくれました



副住職も



頑張りました〜

暑くて、大変な一日でしたけど
ご来山の檀信徒、ご親族の方々
西福寺の関係者、お手伝いの方々
そしてご随喜の和尚様のお陰様で
夏の一大事業「施餓鬼」が無事に勤まりました

皆様のご協力に厚く感謝申し上げます
| - | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7月25日施餓鬼の朝
今日、7月25日は西福寺恒例の盂蘭盆会施餓鬼供養です

午前は「新盆施餓鬼供養」
午後は「盂蘭盆会大施餓鬼供養」です

お寺全体が施餓鬼仕様で、たくさんの檀信徒の皆様や
手伝いの和尚様達をお迎えします

本堂も施餓鬼のためにいつもと変わっています



木魚と鐘は須弥壇の左右に置かれ、一人一人の和尚様にお願いします

正面右側には、法話をいただく和尚様のために
特別なイスが用意されます
午前中の新盆施餓鬼のお話しは
神奈川区幸ヶ谷 宗興寺ご住職 中野重哉老師
午後の大施餓鬼のお話しは
旭区さちが丘 長昌寺ご住職 玄野孝善老師 です
どちらのご住職もお話しのベテランで
毎年とてもいいお話しをいただけます

本堂の正面=南側には施餓鬼棚が用意されます



いつもは閉じられている本堂正面が開け放たれ
和尚様のお経は、須弥壇を背にして、この施餓鬼棚に向かって
お唱えされます

施餓鬼棚には



三界萬霊、檀信徒先祖代々、新盆絵精霊、被災殉難者精霊の
四つの大きな位牌に、海、山のお供物が供養され
最後に餓鬼飯、浄水、水の子が置かれます
なんで本堂南側に施餓鬼棚を設けるか?
それは、成仏していない餓鬼は須弥壇に上れないからで
北面(正面向き)では供養を受けることができないからです
普段供養されない餓鬼を供養することによって、
その功徳が回り回わって、何倍にもなって
檀信徒の皆様のご先祖様や新盆の精霊に回向されるわけです
施餓鬼供養は大きな功徳のある法要ですよ

客殿一階も施餓鬼供養の受付になって、いつもと違います



今日は正面玄関の花も、応接の花もありません(残念)

本堂入り口は



「サンダーソニア」と「ギボウシ」が

エレベーター前には



鮮やかな黄色の「ガーベラ」

お手洗いは女性も男性も「蝶ネクタイ」で皆様を迎えます



お洒落な女性側は「クレージー パープル」



力強う男性側は「ガーベラ」でどちらも「ドラセナ」のタイですね

そして床の間は



「ガマの穂」に白い「チューリップアンスリウム」
真っ赤な「紅葉ヒペリカム」に「ギボシ」の葉を添えています

客間の隅に、明日から正面玄関や応接を飾る花が準備されてました



この花達は土曜日公開です

さぁ、本堂も客間も準備万端!
いよいよ施餓鬼供養の始まりです
さぁ、お迎えの準備は万端
いよいよ施餓鬼に突入です
| - | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 お盆が終わって、お施餓鬼供養だ〜
12日から始めたお盆のお経回りも無事に15日に終了
近隣の寺院の施餓鬼の手伝いも無事に過ごして、迎えるのは

「7月25日 西福寺施餓鬼供養」です

25日は
 
午前中に「新盆施餓鬼供養」を10時から
午後に 「盂蘭盆会大施餓鬼供養」を13時から

お勤めします。

台風の到来も予想される中、檀信徒の皆様のご来山を
そして、素晴らしい供養が勤まることを願っています

そんな、お盆の後の行事を迎える「今週の生花」です

正面玄関は



ヤシの仲間「ロベ」の大きな葉が2枚
前後したり、はみ出したり、はさまれたりして
「丹頂アリウム」のまるい花と緑の「手まり草」
真っ赤な「ヒペリカム」が、あたかも遠近感を狂わされたように
「ゆらり ゆら〜り」としていて
ずっと見てると、目がおかしくなりそうなくらい
不思議で楽しい作品ですわ〜

応接は



ピンクのカワイイ「カーネーション」
緑の葉をいっぱいもった、紫の可憐な「トレニア」と一緒に〜

本堂入り口は



真っ白な「リンドウ」ですね〜
花器にピッタリ!合いすぎかも〜

エレベーター前は



「ヒマワリ」の一輪挿し
元気をもらえそうな感じだわ〜
お寺の近く
「大賀の郷 3万本のヒマワリフェスティバル」は今年も開催ですよ!!!

お手洗い、女性側は



変わった花弁の「カーネーション」の盛り合わせ
面白いですね!

男性側は



深紅の「ケイトウ」です、奥には「手まり草」を添えて

そして今週の床の間は



お盆の季節、夏を演出するのは仏教に縁の深い「ハスの実」です
乾燥したハスの実もよく見ますが、フレッシュで緑のほうが素敵ですね
「アワの穂」に「ソリダコ」が夏らしい息吹を感じさせてくれます
深紅の「ケイトウ」が力強さを表現して、勢いのある作品ですね

前の日曜から始まった大相撲名古屋場所で
応援するのはもちろん「松鳳山」です
1大関と3横綱には負けましたが、その後は昨日まで2連勝!
結婚式も盛大につとめて、さぁ!勝ち越しだぞ!!!

 
| - | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 台風一過 そしてお盆です
心配された台風も、関東ではそれほどの被害がなく一安心でした。
でも、九州をはじめ、岐阜や新潟、東北の方では大雨の被害が
大変だったようで、被災された方にはお見舞い申し上げます。

お寺はこの土曜日12日からお盆のお経回りを始めます
11日の夕方には、いつものように手伝いのお坊様が
九州や鳥取から来て下さいました。

お風呂の工事がまだ済んでないので、住職と奥様は留守番で
副住職に空港のお迎えと夕食をお願いしました。

いよいよお盆ウィークの始まりですぞ!

と言うことで、お盆ウィークを飾る今週の生花です

正面玄関は



背の高い「ガマの穂」を中心にして、真っ赤な「ダリヤ」に
黄色い「紅花」です
きれいな赤がはいると全体が締まりますね〜
夏らしさも良く出ますよ〜

応接は



白と黄色の「キク」です
この丸いキクは「ピンポンマム」ですね
見てるだけで笑顔がこぼれそう〜

本堂入り口は



まだ蕾の「フロックス」に紫の「リモニューム」
フロックスの蕾は白いので、白い花がたくさん咲いてくれるとイイな〜

エレベーター前は



青紫の「リンドウ」に薄紫の「スターチス」です
猛暑の予感を涼しげにしてくれそうな色合いですね

お手洗い、女性側は



黄色の花は「姫ヒマワリ」だそうです
紅花にもにているけど、紅花よりチョット大きめかな〜

男性側は



「黄菊」と「ヒペリカム」です
巣箱の中の小鳥のくちばしみたいに見えるわ〜

そして今週の床の間は



大胆に飾られた「アレカヤシ」の葉が見事!
白と真っ赤な「アンスリューム」も前衛的!
「ソリダコ」をモヤモヤと添えて、住職の大好きな一鉢になりました

ここのところ「新着情報」へのご来訪がとても多く
毎日200前後ぐらいの来訪があります
そのほとんど全部が「お盆の飾り方」を探しての来訪のようです
この「新着情報」が参考になればいいのですが〜?
| - | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 梅雨絶好調
雨、雨、強い雨、弱い雨
頑張る梅雨!梅雨絶好調

今年は本当に雨の日が多いわ〜
当然、住職絶不調〜

救いは、気温が低いことですね、朝晩の涼しさ、
ここ二、三年の寝苦しさに比べれば、楽なもんですね〜
それでも、九州の大雨なんぞは本当に困る
被災された方にはお見舞いを申し上げます

さて、お盆を前にした今週の生花です

正面玄関は



右側に色のある花を
左側に緑だけを活け分けたそうです
先生曰く「青山俊董老師の本から拝借」だそうです
青山俊董老師は愛知専門尼僧堂堂長で曹洞宗女性僧侶の高峰ですぞ
うちの奥様もフアンの一人です〜
右に一重で紫の濃い「トルコキキョウ」(一重は風情がありますね〜)
左には「アワ」の穂と緑の「ドラセナ」を
配置の微妙を楽しんで下さい〜

応接は



ひたすら「カーネーション」の盛り合わせです
先生曰く「三種」だそうですけど、それ以上に見えるわ〜

本堂入り口は



真っ赤な実は「ヒペリカム」
チョット独特の色(赤?)と形の「クロトン」の葉ですね
暑さに強そうな一鉢です

エレベーター前は



真っ白な「ナデシコ」に赤い「アスター」
紅白、否白紅の取り合わせが面白いですね

お手洗い、女性側は



上下に並んだ「ヒマワリ」が二つ
夏ですな〜

男性側は



横に並んだ「ヒマワリ」が二つ
夏ですな〜
携帯で撮影するからかな、色が違うよね〜

そして今週の床の間は



大きめで思いきり厚め、貫入がはいった青磁の花器に
まだ緑色の実をつけた「野バラ」に白い「クルクマ」
黄色い「姫ヒマワリ」少しだけ白の「リモニューム」を添えて〜
「花のないバラなんて」と思ったら、結構イイ感じですね
広がりのある、大きな作品に仕上がっています

週明けの7日は保土ヶ谷区の正観寺様で最初の施餓鬼
その後は、施餓鬼にお盆のお経回りに、また施餓鬼が続いて
いよいよ7月のお盆に突入です
健康に気をつけて、元気のよいお経で
檀信徒皆様の心の支えになれるように頑張ります!
| - | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |