SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 再びラジオ中継が〜

まさにたった今、28日午後3寺29分、ニッポン放送から電話があって

「11月4日の放送に駐車場を貸して下さい」

とのことでした。

 

思い起こせば、忘れもしない三ヶ月前、真夏の8月9日

うだるような暑さの中、駐車場で繰り広げられた白昼夢。

念入りに掃除して、チョット着替えなんかして、

冷たいものでも差し入れして、エアコンで冷やした客間で接待したり

有名人がいたらサインももらって、etc、etc〜

映りも期待してそわそわしてた住職のかすかな期待を打ち壊すような

 

けっして映ることのないラジオ中継!

 

全てラジオ局自前の車の中で、着替えも待機も準備も、全て、全て〜

 

前回で学習しました、どうぞ勝手にオンエァーでも何でもして下さい

所詮ラジオには、お寺の建物も、住職の姿も映ることはありません。

 

ただひたすらに気持ちよく駐車場をお使いいただければ

それでかまいませんから〜

 

でも、たった一つだけ「ハヤマ ミズキ」ってどんな人ですか?

 

それでは、今週の生花(奥様の奮闘は続きます)

 

正面玄関は

 

 

真っ赤な実をいっぱいつけた「ウメモドキ」を中心にして

鮮やかな黄色の「金魚草」に

チョット濃いめのピンクの「スプレーカーネーション」

一番下に「赤ドラセナ」の葉で締めくくり〜

 

応接は

 

 

賑やかな盛り花になりましたね、紫の「リンドウ」に

真っ赤や紫の「アスター」です、「ソリダコ」はチョット多めに〜

 

本堂入り口は

 

 

オレンジの「スプレーバラ」です、「ドラセナ」のは添えて〜

 

エレベーター前は

 

 

チョット色変わりが面白い、二輪の「大輪ガーベラ」です

 

お手洗い、女性側は

 

 

紫の「リンドウ」は変種で花の付き方がちょっと変わっています

二色の「アスター」と一緒に〜

 

男性側は

 

 

ここにも濃淡二色の「あすたー」が頑張ります、「ソリダコ」を添えて〜

 

そして今週の床の間は

 

 

すっかり色のついた「秋色ファーガス」に

目の覚めるような黄色の「ガーベラ」ですね

「スプレーカーネーション」と緑色の「ヒペリカム」を添えて

床の間も秋色の染まります

 

この週末は川井の「福泉寺」様で「晋山結制式」が勤まります

副住職は「書記」という結構重要な役で参加し、

住職はいつものようにお手伝いをしてきます。

新命住職の「文秀」さんは住職にとっては「カワイイ後輩」ですが

副住職にとっては「頼りになる先輩」です。

趣味も通じ合い、住職も副住職も新住職の「文秀」さんが大好きで

この祝典が本当に嬉しいです、ハイ!

| - | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 すっかり寒くなりました

チョット前までTシャツ一枚で歩いていたのに

なんだか随分寒くなって来ましたね

このまま冬に向かっていくんでしょうか?

 

前の情報で紹介したように「寺友会」で一泊してきました

お寺の旅行は「ハワイ」以来一時中止していますが

やはりみんなで楽しむ旅行は格別ですな〜

来年あたり、国内旅行でもやりたいと考えています。

何かお知恵、素案等ございましたらご指導下さい。

 

さて、奥様大活躍の「今週の生花」です

なお、今週は住職が外出したため、写真も奥様です(念のため)

 

正面玄関は

 

 

赤く色づいた葉がいっぱいの「紅葉雪柳」に薄い紫の「リンドウ」

下の方には濃い紫の「アスター」です

 

応接は

 

 

ここにも濃い紫と薄い紫の「アスター」と

「ブルースター」の競演です

 

本堂入り口は

 

 

キレイな赤の「スプレーバラ」です

 

エレベーター前は

 

 

薄紫で真ん中に黄色を持つ「アスタートウヨウロマン」に

チョット背の高い赤っぽい「アスター」の組み合わせですね

 

お手洗い、女性側は

 

 

ここも色違いの「アスター」と「アスタートウヨウロマン」です

 

男性側は

 

 

黄色とピンクの「カーネーション」です

 

そして今週の床の間は

 

 

ニョロニョロと天を突く「石化エニシダ」に

大輪の「カーネーション」とカワイイ「アスター」

しっかりと土台を固める「「ドラセナ リップスティック」です

 

奥様の頑張りも今週で四週目です

お寺にいらっしゃるお檀家さんは「今週もキレイですね」と

いって下さいます、けど。どうなんでしょうね?

たぶん来週まで奥様が頑張って

翌月からは「先生の復活」となれば良いんですが〜

 

| - | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
寺友会 会長頑張れ 一泊旅行のご報告

去る17日18日で寺友会久々の活動

「会長頑張れ 一泊旅行」

のご報告です。

 

朝8時半頃には全員お寺に集合、残念ながら出発直前から「雨」

それでも予定時間前には西福寺を出発

 

 

さぁ、出発。みんな笑顔で行ってきます、

チョット心配顔は会長だけかな〜

 

バスの中で冗談が出たり、お菓子を食べたりしているうちに

会長もだんだん笑顔になって

海老名サービスエリアではお決まりの「メロンパン」

 

 

一時間チョットで「大雄山最乗寺」に到着

 

 

車椅子の会長のために中までバスをいれさせてもらい

受付完了

 

特別祈祷は「道了様」をお祀りする御真殿「妙覚宝殿」にて

途中、真如臺(住職の居室)の前を通り、本堂を見て

内庭のキレイさにみとれながら移動、最後はケーブルカーで登って

御真殿に到着(階段を歩いた人もいたよ、住職も頑張りました)

 

 

御真殿のカラス天狗に守られる、ご本尊さま

 

 

太鼓とお香の香り、とてつもなく早いお経のテンポに

あっという間の三十分

何か素晴らしいショーを見ているような大雄山の祈祷法要でした

いただいたお札は二枚

一枚は会長の「当病平癒」を祈り、会長宅にお持ち帰り

もう一枚は

 

 

寺友会会員の「身体健全」をお祈りしてもらい、西福寺に保管

 

 

祈祷の後は、カラス天狗も心なしか優しそうに見えました

 

素晴らしい祈祷法要で全員すっかり満足して大雄山を後に

昼食は「アサヒビール園」です

 

 

いくつかのテーブルに別れてのお食事

 

 

 

乾杯に続いての食事、美味しゅうございました。

食事の後、全員の総意で「工場見学」はパス

一路ホテルに向かうことに

 

宿泊は「ホテルニューアカオ」

小さな旅館は階段が多く、通路も狭いので

車椅子の会長のために選んだ旅館でしたが

実際は「バリアフリー」じゃなくて、結構苦労しました。

 

 

雨から曇り、時々ぱらつく天気の中、到着した部屋からの景色です

 

それでもみんなでお風呂に入り

チョット塩辛い温泉のおかげで元気モリモリ!

 

温泉の後は、宴会。

今回は住職の計らいで「桂歌助師匠」をお呼びしての落語付きです

 

 

誰が何処に座るかで大騒ぎ、そのうちにひょっこり歌さんが入ってきて

「すみません師匠、もう少し後で〜」と追い返し

全員が座ったところで、師匠再入場!

 

 

さっきまで同じ部屋の中で

裸同然で涼んでいたのがうそのようなかわらぬ笑顔で、

 

 

最初は「宮戸川」の一、場所が場所だけにいつもより少し艶っぽく

 

 

大熱演に一同大喝采です

 

二座めは、浴衣に着替えて、お酒も飲んで「イイ感じ」での熱演

 

 

こんな格好で演じるのは歌助師匠も初めての経験だそうで

チョットお茶を濁した小話が打ち解けた宴席を作って下さいました

これで宴会も無事終了、横浜に帰る歌助師匠をお見送りして

お休みなさい〜

 

翌朝は晴天

 

9時半にはホテル出発、Nさんの希望で一路大涌谷へ

そこで記念撮影

 

 

立ち上る噴煙は、やはり多くてビックリでした

 

早雲山までロープウェイでおりましょう

 

 

上から見る噴煙もチョット凄いですね

 

 

ロープウェイはあっという間に早雲山に、待っていたバスに乗って

「岡田美術館」へ、ここは全員で観賞することに

この夏東京で話題になった「若冲」さんの絵を観賞

その後、敷地内にある「開化亭」で昼食、鯛ご飯のお弁当をいただきました。

 

 

食べ終わって「開化亭」を後にします

 

改めて美術館正面の大壁画を鑑賞

 

 

大迫力の「風神雷神図」に見送られて、一路上大岡に向かい

無事にお寺に到着。

寺友会一泊旅行、会長も元気になってくれて楽しい一時を共有しました

一泊で、結構盛り沢山で楽しい旅行になりましたわ〜

| - | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 週明けの月、火で久しぶりの寺友会

急に秋めいて、朝晩は涼しいどころか「寒い!」ていう感じです

 

寺友会は会長の具合が今ひとつで、なかなか集まれなかったんですが

ここは一つ、みんなで会長の応援しようと言うことで

久しぶりに一泊旅行を企画。

大雄山最乗寺(同じ曹洞宗のお寺です)で

会長の「当病平癒」と会員の「安祥」を祈願して、熱海で温泉に入って

会長も元気!参加者全員の英気も養おうって企画です。

さて、この企画いったいどうなったかは、改めて報告します。

 

生花の先生はまだ治療中で、今週も奥様の腕の見せ所ですか〜

さすがに三週目になると、奥様も疲れ気味〜

さてさて、どうなることでしょう〜

 

正面玄関は

 

 

「雪柳」がサッと風になびいているようです。白い花が付いてない、

緑の葉だけですがよく見ると葉先が少しだけ赤く色づきはじめていますよ

真っ赤な「ケイトウ」に大きな「クロトン」の葉を添えて

 

応接は

 

 

オレンジの「スプレーバラ」に薄紫の「ストック カルテット」

 

本堂入り口は

 

 

鮮やかな色の「ガーベラ」に「ストック カルテット」の組み合わせです

 

エレベーター前は

 

 

こちらも色鮮やかな「ガーベラ」です

チョット面白い花器は、先日、虎仙窯さんから求めたものです

他にも幾つか購入したので徐々に使って欲しいですね

 

お手洗い、女性側に

 

 

真っ赤な「ケイトウ」に回りに、紫の「アスター」です

 

 

男性側

 

 

こちらは濃淡の二種の「アスター」を上下に使ってみたようです

 

そして今週の床の間です

 

 

真っ赤な実をいっぱいにつけた「ウメモドキ」に

鮮やかな緑色の「スプレーマム(キクの仲間かな?)」

そして下の葉は「ドラセナ リップスティック」です

赤い実と菊の仲間で秋を演出ですね!

 

奥様、今週も忙しい中、頑張りましたね!ありがとう

 

先週、西福寺に逗留していた「安淳さん」は無事岡山の「桐松寺」に帰着

どうやらこの晩秋で修行も終わりそうです。

ノルウェイに帰る前にもう一度寄ってくれるそうだけど

何分、相手は修行僧、どうにも連絡が取れずに苦労しています。

さて、さて、

「安淳さん」は本格的な冬の到来の前にノルウェイに帰れるでしょうか?

そのお話も改めて〜

| - | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 そしてみんな帰っちゃう

7日早朝、ノルウェイの武覚寺ご住職「宗禅老師」は家路につきました

横浜で過ごす、たった三泊のために丸一日かけて来山、

弟子の「安淳」さんと濃厚な三日間の儀式を勤め、

今朝の11時過ぎの飛行機でコペンハーゲンに、

そこでは乗り継ぎ便を5時間も待つそうで、チョット大変かも

 

「安淳さん」は一日遅れ、8日朝早く新幹線で岡山県桐松寺に帰ります

一週間弱の西福寺での生活、嗣法伝法の行持の完遂。

 

師匠も弟子もよく頑張りました。

 

そして、ここにもう一人、とてもよく頑張ったのが「奥様」です

いつもより多めに料理を作ったり、一緒に外食したり

お酒も多めに飲まされたり〜

その上、生花ですよ!

上手じゃなくたって、仕方ないよ。本当に〜

 

では、その奥様の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

クルッとまるまった「コオリヤナギ」に、頭でっかちで

奥様を困らせる「ストレチア」、下の方には短めの丈で

紫の「スターチス」に緑色の「ヒペリカム」ですね

いやぁ〜なかなかどうして〜

 

応接は

 

 

赤やピンクの「アスター」です

 

本堂入り口は

 

 

薄いピンクと渋いワインレッドの「カーネーション」に

こちらは赤と緑、二色の「ヒペリカム」です

 

エレベーター前は

 

 

オレンジと深紅、二色の「スプレーバラ」です

 

お手洗い、女性側は

 

 

ここのもオレンジの「スプレーバラ」が

よく見ると、真ん中下目に真っ赤な「バラ」が一輪

かくれんぼしてますな〜

 

男性側は

 

 

ここには深紅と小さなピンクの「アスター」に、

真ん中には紫の「トルコキキョウ」が一本。

 

そして今週の床の間は

 

 

これでもかと枝を張る「ドウダンツツジ」に鮮やかな赤の「ケイトウ」

紫の「リンドウ」は花の付き方がいつもとチョット違って

ポテッとした感じですね、種類も違うのかな〜?

そして黄色に見える大きな葉は「クロトン」です

それでも〜

枝が床の間の狭い方に向かって広がるのはいかがなものかとは

私怖くて言えませんでした〜

 

先生のケガも思ったより軽そうで、来週か再来週に復活してくれるでしょう

私も奥様も心底祈ってます

 

| - | 16:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ノルウェイからのお客様 2

さてさて二人はどうしてるでしょうか?

 

5日の夕食の相談でちょっと覗いてみると

 

 

一生懸命に書写する安淳さん

その準備や添え書きの英訳に没頭する宗禅さん

とにかく夕食に出る時間だけを伝えて退散

 

夕食は「ピザ」に決定

 

 

野毛のイタリアン「キアッキエローネ」でワインとピザで盛り上がる

ノルウェイからのお客様

帰ってからも、書写するからと安淳さんはノーアルコール。

 

6日早朝には改めての挨拶と言うことで

正装で本尊様に香り高いお香とお拝を捧げてくれました

 

 

 

住職もお受けの拝でご一緒に〜

 

 

お拝の後は記念撮影で

 

 

丁寧なご挨拶を頂いて、お二人は早速作業に戻ります

今晩は何が食べたいかとの質問に宗禅さんは即座に

 

「とんかつ!」

 

そういえば、お手伝いをしていただいていた当時

よく「とんかつ」を食べましたよね〜

では今晩は横浜のとんかつの老舗に参りましょう!

| - | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ノルウェイからのお客様

ノルウェイ「武覚寺」様の弟子「安淳尼僧」さんが

岡山県桐松寺の今夏制中で首座をお勤めになり、その解制をまって

武覚寺ご住職「宗禅」老師が、我が西福寺の客間を使用して

伝法(嗣法)の儀式が行われます。

 

10月3日、どうなるか心配された「安淳」さんが無事に到着

 

 

何分、日本語はほとんどダメ、地理にも疎くておまけに連絡は付かない!

それでも本人曰く「新幹線で来ました」

良かったね〜

 

安淳さんに続いて4日午後3時過ぎには「宗禅」さんが到着

 

 

ほぼ丸一日かけて、ノルウェイ クリスチャンサンからの長旅でした

でも、二人の再会は、特に抱擁も無くあっさりでしたわ〜

 

ひとまず、ゆっくりお風呂に入って荷物をほどいてもらい夕食。

伝法(嗣法)の儀式、行持は明日から

 

明けて、5日。

朝から二人で一生懸命「血脈」「嗣書」「大事」の謹写です

 

 

ここから先は、師匠と弟子の二人だけの世界。

何人たりとも入ることの許されない「伝法(嗣法)」の世界です

 

概ね、5日、6日で大体の準備、書き始めをして

6日の夕方から「伝法」の儀式。

7日には「宗禅」さんが帰国。

 

その後、安淳さんが書写を完成させるという段取りです

安淳さんの書写が終わるのが10日ぐらいの予定ですが

はてさてどうなりますでしょうか?

| - | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |