SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 ありがとうございました

母の葬儀を終え、姉二人とその家族、親戚、お檀家様や近所の方々

そして、教区、近隣のご寺院、先輩、仲間、後輩達、特に寺族の方々

 

みんなが助けて下さいました。

本当に感謝、ありがとうございます、でした。

 

多くの方に送られて、母は幸せだったと思います。

自分も最後の時は、あんな風にみんな仲良く送られたら良いな〜

って、思います。

 

私自身、お坊さんとして、また天命として、

改めて、愛する方のお別れに精一杯力を尽くすことに精進します。

 

本当にありがとうございました。

 

さて、感謝の思いで迎える週末の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

スクっとしなやかに空を目指す「赤芽柳」に赤紫の「アスター」

黄色の「小菊」そして淡い緑を提供するのは「ユーカリ」ですって

赤と黄色の対比が、とてもまとまりのある作品に仕上がりました

 

応接は

 

 

「水仙」に「小菊」

水仙てなぜか「軒下」ってイメージなんですよね

子供の頃のお寺は、雨に濡れない軒下に水仙が沢山咲いていました

その頃のイメージをそのまま移したみたいです

チョット感傷的になってますかね〜

 

本堂入り口は

 

 

黄色の「小菊」、大盛りです!

 

エレベーター前は

 

 

薄紫で真ん中が黄色のこの花は「都わすれ」です

別名「野春菊」だそうで、もちろんキクの仲間ですね

花言葉は「しばしの慰め」そして「別れ」ですって〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

白に赤のふちどりの「カーネーション」に「ユーカリ」の葉です

 

男性側は

 

 

こちらはピンクの「カーネーション」に「ユーカリ」の葉です

 

そして今週の床の間は

 

 

正面に今にも飛び出しそうな「ストレチア」が大きな葉とともに、

赤紫の独特の風情「リュウカデンドロ」が寄り添います

中央に真っ白な「金魚草」、「ソリダコ」がニギヤカに下を固めます

このボリュームを、大きな伊万里焼の花器が引き受けます

素晴らしい作品です

 

なんだか今週は「菊」が多かったみたい

中でも「都わすれ」は心に迫りましたわ〜

先生の思い、そのまま頂こうと思います。

さぁ、11月も今週で終わり、次週は怒濤の12月突入ですよ

体調に注意して、年末に向かいましょう!

| - | 06:43 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
第21回 文化に親しむ集い 歌舞伎鑑賞

母の葬儀を終わらせて、明くる日21日は

「第21回 文化に親しむ集い」でした。

 

今回は一切旅行社をいれて無くて、私が行かなくてはどうにもならず

仕事は仕事と割り切って、楽しくやって来ました。

 

素晴らしい天候に恵まれ、真昼の12時頃、上大岡駅前に集合。

予定より少し早めに出発、途中参加者のお一人、

旅行や行事にいつもお世話になる宮島バスの会長さんが

(もちろん今回も宮島バス使ってます)

「人数が多いから、バスを代えてあげましょう」とのこと

一旦、会社の駐車場まで行って、大きめのバスに乗りかえることに

そして、快適なバスを提供頂きました

 

いつもながら「会長、ありがとうございます」

 

道路も順調で、予定通り「歌舞伎座」に到着

 

メンバーは地下一階の「木挽町広場」で買い物、

私は、本日のゲスト「おくだ健太郎」さんと打合せ

 

その後、おくださんの案内で歌舞伎ギャラリーを見学

 

 

馬に乗る人や

 

 

駕籠に乗る人

 

 

副住職も結構のってますね〜

 

 

歌舞伎座の大屋根を後ろから見たりしながら

場所を食事処「花篭」に移動して、いよいよ歌舞伎の解説です

 

 

どんなふうに始まるか、みんな興味津々ですな〜

 

 

 

だんだん熱が入ってきて

 

  

 

手振り、身振り、終いには床に寝っ転がっての大熱演!

 

歌舞伎って前後の脈絡なしに突然始まるじゃないですか〜

まさにその前後、特に前の方を詳しく話してくれたので

始まると、あぁ、さっきの話しはここに続くんだと理解でき

すぐに場面に気持ちが入って、本当に楽しく観賞できました

さすが「歌舞伎ソムリエ」おくださんの力です!

 

本日の出し物は最初が

「仮名手本忠臣蔵 五段目、六段目」でしたが

予備知識が無ければ、この話しがなんで忠臣蔵?

って言うくらい、忠臣蔵らしくない話しだったんですけど

おくださんの解説で、すっかり納得!

もし解説を聞いてなければ、本当にわからなかったな〜

 

終わって幕間、先ほど解説を頂いた「花篭」で今度は夕ご飯

 

 

こんな「花幕の内」です。

 

 

お食事中に、チョット失礼します

 

 

こちらもみんな「美味しそう」にお召し上がり

 

さて、お腹もふくれて、後半戦に突入です

 

二話目は

「新口村(にのぐちむら)です

人間国宝の「坂田藤十郎」さんはなんだか人形みたいにあまり動きません

この話しも、前段を聞いているので、よく分かります。

藤十郎さんは扇雀さんと親子で罪を犯して逃走する恋人役です

二人に死ぬ覚悟は出来ていて、最後に故郷新口村のお父様に会いたいと

村まで帰ってきた二人とお父様のお話しは、さて〜さて〜

 

三話目は

再び忠臣蔵物で「大石最後の一日」でした

討ち入り後、上意(切腹の日)を待つ赤穂浪士たち

最後の日に持ち上がった若い浪士の恋物語、最後まで思い遣りを尽くす

大石内蔵助の心情を、重厚な舞台、堂々たる所作で表現する

幸四郎さんの演技にほれぼれ、染五郎さんと金太郎

なんと親子三代の舞台でした。

この話しもまた、おくださんのおかげで、充実して、わかりやすい

舞台になりました。本当に楽しかったわ〜

 

すっかり歌舞伎を堪能して、4時間半。

9時に終わって、外に出ると

 

 

夜の「歌舞伎座」は美しかったわ〜

 

さぁ、宮島バスの豪華な座席でゆっくり帰りましょ!

皆さんお疲れ様でした!また、遊びましょう!

| - | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
母 翠の葬儀式が勤まりました

まだまだ長生きしてくれると思っていた母が

11月12日に亡くなり、今日まであっという間に日にちがたちました

 

14日に仮通夜、15日に荼毘式を、導師を「勝國寺方丈」にお願いし、

家族だけで済ませ

 

 

お骨になった母がお寺に帰ってきました

 

そして20日に本葬儀式

 

 

とても寒い日になりましたが、雨の心配は無く

陽射しも有り、母の人柄のような日になりました

 

祭壇は頂いた生花だけでしつらえました

 

 

更に生花は左右に広がり

 

 

皆様の思いで母を飾ることが出来ました

ひたすら感謝であります

 

頂いたお花の芳名板です

 

 

本葬儀の御導師は、第一教区教区長「傳心寺大方丈」様にお願いし

 

 

私の先導で本堂に向かい、本葬儀の始まりです

 

開式の辞は

 

 

檀信徒総代の「大川」様が勤め、いよいよ葬儀式が始まります

 

お役に就く方丈様達が読経を進めて下さいます

 

向かって右側、東序側には

 

 

両班東序の和尚様と後ろには家族親族、総代様が

 

向かって左側、西序側には

 

 

両班西序の和尚様とご随喜を頂きました和尚様に寺族の方が座られました

 

 

御導師「傳心寺」様の母を偲ぶお言葉が堂内に響きます

思わず目頭が熱くなりました

 

その後、家族のお焼香をさせて頂き

 

 

住職夫妻と姉二人が挨拶席に移り、

 

 

ご弔問の多くの方のお焼香を賜りました

 

 

今年一番の寒さの中、本当にありがとうございました。

 

家族、親族、総代様、ご参列のご随喜寺院、ご寺族様の御焼香も頂き

母 翠 定光院環翠妙薫禅尼葬儀式は無事つとまりました

 

ご弔問の皆様、ご参列の皆様、お手伝いの皆様

本当に、本当にありがとうございました

| - | 05:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
住職の母 西海翠 逝去

11月12日、母、翠(みどり)が亡くなりました

 

大正十二年生まれの満94歳の天寿を全うしました

母は、ここ20年くらい姉の家で暮らし

晩年は姉夫婦の手厚い介護で幸せに暮らすことが出来ました

 

きれい好きで、お洒落。新しい物好きな母でした。

4年前の先代住職の三十三回忌法要まできちんと済ませ

亡くなる一週間前くらいまでは食欲旺盛、しっかりしたものでした

 

食べられなくなって一週間、あっという間の最後でした。

 

葬儀告別式は

 

20日(月曜日)午前11時から

西福寺本堂にて勤められます

 

是非、お参り下さい。

 

西福寺住職 西海秀晃 合掌

 

 

| - | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 大相撲九州場所の番付が到着

二所の関親方の容態が心配されますが

大相撲はこの日曜日から「九州場所」が始まります。

先だって「松鳳山関」から番付が届きました

 

 

この一枚に、何人の名前があるんでしょうか?

松鳳山は〜

 

                ↑

 

この矢印の上あたりにいます

もう少し大きくすると

 

 

前頭東三枚目、大したものです!

師匠の容態も心配でしょうが、勝負に言い訳はありませんから

今場所も頑張って、三役復帰を目指して下さい!

 

さて、大相撲も始まる今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

優美な曲線を描くのは、赤い「レッドウィロー」

風を受けとめるように、良くしなるのはさすがにヤナギの枝ですね

チョット多めの「ソリダコ」に

白っぽい「アルストロメリア」です

冬の入口にお洒落な風を起こします

 

応接は

 

 

黄色と白、ピンクも混ざって「小菊」のアンサンブルです

 

本堂入り口は

 

 

ピンクを中心に白や黄色の「小菊」に

黄色いまん丸の「ピンポンマム」も混ざってますね〜

 

エレベーター前は

 

 

白い花器に、鮮やかな赤の「ミニバラ」です

白の上に緑、その上の赤とどっかの国旗みたいですね

 

お手洗い、女性側です

 

 

ピンクの「トルコキキョウ」が大ぶりです

 

男性側は

 

 

こちらはもう少し大きな、色変わりの「トルコキキョウ」

鮮やかな紫がよく目に付きます

 

そして、冬に突入の床の間です

 

 

大きな「アレカヤシ」の葉が光をいっぱいに受けて輝いているみたい〜

うすいピンク、二輪のガーベラが緑の葉の中に良く映えます

下のガーベラを囲むように、光沢のある緑が「ヒペリカム」

上下にモサっとしてるのが「バーゼリア」ですね

風を受けて後ろに倒れそうな「アレカヤシ」を

濃い紫の「ドラセナ コンパクタパープル」がガッチリ受けとめています

大胆で素晴らしい床の間になりました。

 

立冬も過ぎて、いよいよ冬本番ですね

ついこの間まで、秋だったのに季節の移ろいは早いものです

この時期、怖いのは「風邪」ですよ

体調管理に万全を期して、薄着のままでいないようにして下さい

| - | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月7日 西福寺でラジオ中継

11月7日

ニッポン放送朝の番組「垣花正 あなたとハッピー」の

「沿線各駅めぐり みんなで歌おう にっぽんのうた」コーナーが

再び西福寺にやって来ました。

 

ゲストは坂本冬美さんそっくりのモノマネ歌手の「坂本冬休み」さん

 

 

人気のアナウンサー「新行市佳」さんもいらっしゃいましたよ

 

「坂本冬休み」さんのミニコンサートは大笑い!楽しかったわ!

 

ミニコンサートの様子は「こちら」からご覧下さい

 

そして始まった放送が

 

この「西福寺でラジオ中継 その1」

 

引き続きは「西福寺でラジオ中継 その2」

でご覧下さい。

 

中継の後も、たくさんの人が「坂本冬休み」さんや

「新行アナ」と写真を撮ったり握手をしたり、

お話しがつきないようで、随分長い間皆さん残ってらしたわ〜

 

最後に「坂本冬休み」さんと「新行アナ」と住職の記念写真です

 

 

楽しい立冬の日になりました。

| - | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ニッポン放送がやってくる ヤァ ヤァ ヤァ

7日火曜日 ニッポン放送の

ラジオ中継が当西福寺にやって来ます。

 

番組は前回と同じ、朝8時からの「垣花正 あなたとハッピー」の

「沿線各駅めぐり みんなで歌おう にっぽんのうた」コーナーです

今回もキレイなアナウンサーの「新行市佳」さんと、

何とモノマネ歌手の「坂本冬休み」さんが登場(聞いている予定では〜)

もちろん西福寺は特に出演することなく、場所の提供だけです

それでもよければ、中継を見に、遊びに来て下さい。

ちなみに「新行アナ」はカワイイですぞ!

| - | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ありがとう ベイスターズ

延長11回、ライト前にボールが抜けた瞬間、私の気も抜けました

とても残念でした

9回のSB内川のホームランまでは

このまま勝てると信じてたのに〜、同点になっても

それでも、まだ最後の勝ち越しを信じてテレビを見てたのに〜

 

でも、11月に入ってまで楽しませてくれた

今年のベイスターズに只、只、感謝あるのみです

さぁ、来年も一緒に楽しみましょう!

| - | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 ベイスターズは崖っぷち

日本シリーズ、ソフトバンク強いですね〜

敵地、福岡で二連敗、横浜に帰って負けて三連敗

11月にはいって、1日に初めての勝利!

2日は奥様と一緒に野球観戦!寒い中応援しましたよ、一生懸命!

筒香のホームランも出たし、点も取ったり取られたり

チーム一丸、5ー4での勝利でした!

さぁ!福岡に優勝しに行きましょう!

 

今週末は金、土、日の三連休、金曜日のお客様に間に合わせるために

今週の生花は木曜日に活けられましたよ

 

正面玄関は

 

 

優美なラインは「コウリヤナギ」独特の物です

黄色の「アルストロメリア」に大きな「谷渡り」の葉を添えて

 

応接は

 

 

白に近いうすいピンクの「トルコキキョウ」に

「スターチス」の青紫の強い色が頑張りますね

 

本堂入り口は

 

 

緑の「ヒペリカム」に隠れるように「バーゼリア」が〜

オール緑になってますね

 

エレベーター前は

 

 

こちらはピンクの「スプレーバラ」です

「コウリヤナギ」の枝を少しだけ添えて

 

お手洗い、女性側は

 

 

白ととても濃い深紅の「アスター」に「紅葉ヒペリカム」の枝です

 

男性側は

 

 

こちらも濃い深紅に紫の二色の「アスター」

「ヒペリカム」は美の方を使いましたね〜

 

そして今週の床の間です

 

 

左に広がる「紅葉ヒペリカム」に右に広がる深紅の「アスター」

中心にはうすい黄色の「カーネーション」

そして黒に近い紫の「ドラセナ コンパクターパープル」

おなじ「紅葉ヒペリカム」でも赤の部分と緑の部分を使い分けして

立体感が演出されています。落ち着きのある作品です。

 

さて、さて、11月に入りました。今年も残すところあと二ヶ月ですよ

ぼちぼち年賀状の用意をしなくては〜

来年は戌年ですね〜

副住職が子供の頃から飼っていたハスキーの「一太郎」を

思い出します。可愛い子でした。

孫のためにもまた、犬を飼おうかしら〜

| - | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |