SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 先週に続いて工事現場を少し〜

工事現場は基礎の部分が出来たら、とたんにスピードアップです

一週間でホール部分の型枠が出来ちゃいそうです

 

 

黄色の木枠の部分がホールになるところです

手前のコンクリートの壁は、埋められて見えなくなる予定です

 

先週の写真と比べると

 

 

いや〜、建物になってきましたよ!

 

 

重機の正面がホール入り口になるんでしょうね

コンクリートの壁、一番左側の高さが階段で上がる高さです

 

 

本堂正面、作業員さんがいるところに階段が出来てくるはずです

 

さてさて、来週はどんな形になるんでしょうか?

 

それでは一月最後の週末を飾る「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

背の高い「ネコヤナギ」が存在感がありますね

咲きかけの「アイリス」も白っぽい「カーネーション」も

下を支える「ドラセナ」も今回は脇役ですね

 

応接は

 

 

花弁が厚く重なる、独特のボリューム感は「ラナンキュラス」です

鮮やかな紫の「スターチス」を伴って〜

 

本堂入り口は

 

 

「ガーベラ」も赤「ヒペリカム」も赤、赤い作品です

 

エレベーター前は

 

 

ちょっと変わった花ですが、これも「ガーベラ」だそうですよ

「ドラセナ」の葉をチョット添えて

 

お手洗い、女性側は

 

 

まだ蕾の「百合」に「彼岸桜」を少しだけ

百合が咲いたらボリューム凄いぞ!

 

男性側は

 

 

こちらも「百合」の蕾です、ピンクの「カーネーション」と一緒に

 

そして、今週の床の間です

 

 

咲きかけの花や蕾をたくさんつけた「彼岸桜」に

こちらも、まだ咲きかけの黄色の「フリージア」

「ドラセナ」は種類が多くて、これは何?

最強寒波の中、凍るような寒さなのに室内は春の香りが〜

 

強烈な寒波と大雪で本当にビックリです

ここ二、三日は本当に寒いので朝のお経にストーブをつけてしまいました

ここ数年は、ストーブなしで頑張ってたんですが〜

でも本当に冷えるのは、朝のお経が終わってからなんですよね

お地蔵さんの花立てが完全に氷でかたまりました。

床の間だけは春だけど、早く暖かくなってほしいわ〜

| - | 16:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 久し振りに工事現場

境内に新たに作る「豊川稲荷堂」は地下の駆体工事がほぼ出来上がり

一階ホールの床が出来たようです

 

少しだけ工事を振り返ると

 

 

豊川稲荷の建物のとりこわしですね、オレンジの重機が地面の高さです

まだ、道路脇の崖はそのままですね

 

 

階段の上がり口の壁も取り壊されて、重機が入りました

 

 

崖も大分削られて、大型重機が入った頃です

 

それが今では

 

 

全体がコンクリートの駆体にかわりました、人工地盤のようですね

 

駆体の上の部分が一階ホールの床の高さになるそうです

 

 

この部分が一階ホールの床になるようです

果たして広いのか狭いのかこの状態では良く分からないところです

 

 

左側のコンクリート部分が昔の崖の部分で

道路に面した地下の壁になる予定です

前の部分は全部埋めて完全に地下になり、道路の高さから

本堂に向かう、新たに階段を作る予定です

 

新しい建物は一階ホールを中心にして、地下室もできて

新しい西福寺の顔になると思います

 

それでは「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

赤くスクッと伸びた枝は「サンゴミズキ」ですね

よく見ると、蕾のようなものが付いていますが〜、はて〜?

白とうすいピンクのストックが二輪

葉の周囲が赤い「ドラセナ」とともに

 

応接は

 

 

オレンジ色の「スプレーバラ」に「コデマリ」を添えて

オレンジのバラもいい色ですね〜

 

本堂入り口は

 

 

青いカワイイ花は「デルフィニウム」です

左右に広がる「コデマリ」と一緒に〜

 

エレベーター前は

 

 

ほとんど白に近い「トルコキキョウ」です

白い花器と相まって、幽玄な美しさですね

 

お手洗い、女性側は

 

 

うすい黄色にピンクの縁取りの「カーネーション」です

 

男性側は

 

 

うすい、うすいピンクの「トルコキキョウ」に

濃い青紫の「スターチス」です、色の取り合わせがグッドです

 

そして今週の床の間です

 

 

鮮やかな黄色の「ピンポンマム」は目が覚めるような感覚です

赤い花を少しだけ咲かせた「ボケ」が広がりを演出して

青紫の「スターチス」が引き締めます

「ボケ」って花言葉は「先駆け」や「妖精の輝き」ですって

冬から春にかけてが旬だそうですよ、ちょうど今頃かしらね〜

 

工事も中盤から終盤に向かい、どんな形になっていくのか

とても楽しみです。

この先は意匠的なことで細かい注文が出てきそうです

でも、一つ注文を出す度に費用がぐんと上がってくるので

しっかり財布を握って判断しないと、予算オーバーの恐怖が!!!

 

 

 

| - | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 本年最初の生花は〜

町中は年賀気分も落ち着いてきたようで、寒い日が続くので

通勤電車も「着ぶくれラッシュ(古いな〜)」なんでしょうね

住職は通勤時間ゼロ、起きたらその場から仕事が始まります

今年は特に寒いようで、毎朝のお経も始めは寒くて大変ですが

小一時間が終了すると、少し汗をかいていますね〜

その後の朝ご飯が美味しいこと!

さぁ!今年も頑張りましょう!

 

と言うことで、今年初めての「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

華麗に曲線を描いて上下左右に広がる、

白いカワイイ花をつけた「雪柳」に囲まれるように

うすいピンクの「ラナンキュラス」と

淡い黄色の「スイートピー」が温かな雰囲気を醸し出します

左端には「ドラセナ」を配して、優しい作品に仕上がりました

 

 

紫の「アスター」に淡い黄色の「スイートピー」ですね

スイートピーは季節の花なのかしら?

 

本堂入り口は

 

 

イイぐらいに咲きかけているのと、まだ蕾のままのと仲良く一緒に

ピンクの「チューリップ」です

左右に広く広がって、全部咲いたら綺麗だろうな〜

 

エレベーター前は

 

こちらもピンクだけど、チョット濃い感じの「ガーベラ」です

ほんの少しだけ「雪柳」の白い花がのぞいていますね

 

お手洗い、女性側は

 

 

ここには珍しく、背の高い「ネコヤナギ」がニョキッと

色変わりの面白い「カーネーション」と一緒です

 

男性側は

 

 

おなじ「ネコヤナギ」を使っても、こちらは背を低くあしらいました

明るい赤紫の「スターチス」に「ドラセナ」の葉をゆりかごのように〜

 

そして新年一鉢目の「床の間」の花は

 

 

大きな、大きな、淡い黄色の「金魚草」を中心にして

これもまた、大きな、大きな「ドラセナ」の葉が

羽のように左右に広がります

細い「ネコヤナギ」の枝が、触覚のように左右に延びて

青い花器と合わせて、まるで今にも飛び立ちそうな雰囲気です

今年一年、幸せに向かって大きく羽ばたく皆様を表現しているようで

なんとも新年一鉢目に相応しい作品になりましたね。

 

年末の松鳳山とのお餅つきあたりから、カメラの調子が悪く

暗くなったり、ピントが合わなかったりして

新しいのを、とも考えたんですが

むしろ照明で解決しようかと考えまして

カンテラのような電球を購入、早速使ってみましたが

今週の写真の写りは如何でしょうか?

| - | 18:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
除夜の鐘と平成三十年新年法要

今年は境内工事中で除夜の鐘は一応「中止」という張り紙を出しましたが

遠方の方やお墓参りの二年参りをする方は

例年のようにいらっしゃいました

 

境内が工事中でも、除夜の鐘や新年祈祷法要がないわけではなく

例年通りお勤めしました

もちろんお汁粉も用意しましたよ

 

 

参拝の方も結構いらしてニギヤカでした

 

 

大般若経を転読する住職です

 

 

この後、参拝の方に御焼香をいただき、お守りをお渡ししました

 

 

もちろん大般若の金風を沢山浴びていただきました

ご来山の皆様や檀信徒の皆様にとって

今年が良い年になることを祈念申し上げます

 

| - | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成三十年 新年あけましておめでとうございます

平成三十年 新年あけましておめでとうございます

 

 

「仲間」

 

人は一人では生きられません、家族、良き仲間、友人を大切に

 

本年は戌年、戌は「じゅつ」と読み、収穫の後を表します。

十二支の動物では「犬」があてられます。

犬は太古より最も人に近い動物であり、人と主に暮らしてきました

「家畜」というよりは「仲間」に近い存在ではないでしょうか。

収穫=仕事の後

心を許せる家族、良き仲間、友人と過ごす時間は人生の至宝になるでしょう

 

本年の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

西福寺住職 西海秀晃 合掌

副住職   西海裕貴 合掌

西福寺山内一同 合掌

| - | 00:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |