SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
松鳳山関 10勝で勝ち越し

11月、最後の三連休は22日,23日,24日と南区の興禅寺様の

「本葬、晋山結制、一周忌」の大法要を勤めました

お世話になった「市川智彬老師」の本葬

心を込めてお手伝いさせて頂きました

新住職「憲章さん」の晋山、結制法要も無事円成

ご加担のご僧侶は総勢250人くらいと言う、本当の大法要!

「興禅寺様」は益々、素晴らしい発展をしそうでうよ!

 

そんなわけで「今週の生花」もお休みさせていただきました

 

さて三連休最後の日曜日は西福寺の仕事でした

この日、「大相撲 九州場所」も終了

応援している「松鳳山関」は10勝5敗の好成績となりました

 

「松鳳山関」にとっては、同じ九州出身の「琴奨菊関」との大一番を始め

意欲と技術にあふれた場所となりました。

 

最終日は「栃の心関」との決戦でした

最初の立ち会いも今場所らしい激しい大相撲となりました、が

何と「立ち会い不成立」、両者あっけにとられて感じでした

一時の休みもなしに、二度目の立ち会い、これも「不成立」

一度目の立ち会いで、肩で息をしている両者、

そして運命の三度目の立ち会い!

素晴らしい力相撲となり、軍配は「松鳳山関」に

物言いがつき審議、その結果

 

 

「栃の心関」の足が出ていることがはっきり分かり

軍配通り「松鳳山関」の10勝目となりました

口からの出血で痛々しい姿の「松鳳山関」は

 

 

それでもチョット嬉しそう〜

ご苦労様でした、戻ったらみんなで食事に行きましょうね!

 

 

| - | 05:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今年もあと「ひと月半」

気がつけば、今年もあと「ひと月半」ですよ

年賀状の原稿は先週完成、年賀ハガキも購入して

早速、印刷に回しました。

来年は亥年(猪年)ですね、ことわざでは「猪突猛進」が有名です

さて、今年の年賀状がどうなるか、

毎年、年賀状を受け取る方は、今年も楽しみにして下さい

(毎年、そんなに変わってないぞ!・・・と、おしかりの声も〜)

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

初冬の紅葉を盛り沢山に「紅葉ヒペリカム」が主役かな〜?

白の「ストック」と黄色の「小菊」穏やかな〜穏やかな〜

初冬を飾ります

 

応接は

 

 

そんな初冬には鮮やかな色合いも必要です

オレンジの「スプレーバラ」と白い「かすみ草」

オレンジ色が温かいですね〜

 

本堂入り口は

 

 

ピンクの「トルコキキョウ」が主役です

濃い色の「ドラセナ」を添えて

 

エレベーター前は

 

 

鮮やかな深紅の「カラー」、寒くなると暖色系が温かですね

「ソリダコ」を添えて

 

お手洗い、女性側は

 

 

黄色の「小菊」と「かすみ草」

見てるだけで楽しくなる組み合わせですね

 

男性側は

 

 

鮮やかな黄色の「ガーベラ」、同じ色で区別がつかないような「小菊」

どちらも眩しいほどです!

「ドラセナ」の葉を添えて〜

 

そして今週の床の間です

 

 

一本筋を通すように高く伸びるのは「石化柳」

黄色の「ピンポンマム」と緑のキレイな「ドラセナ」が

花器の盤面を飾ります。

ちょっと寂しげで味わいの深い作品です

 

木曜日、久し振りの晴天に思わずドライブ!

奥様と一緒に箱根の方を回ってきました

と言っても、お昼過ぎに出発して、6時過ぎには帰ってきたので

5時間ほどの短いレクレーションでしたが

それでも、気持ちはリフレッシュ!

仙石原で逆光に輝くススキの穂を堪能して

「箱根ラスク」を買ってきました。

| - | 05:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
母 二代寺族一周忌法要

11月11日、晴天の下「西福寺二代寺族 定光院環翠妙薫禅尼」

一周忌法要が無事つとまりました。

 

生花とお塔婆の準備の整い

 

 

法要の始まりを待ちます

 

住職、副住職、家族に、親族、総代様の出席をいただき

 

 

定刻になって、ご参列の方丈様もおそろいになり

 

 

法要をお勤めいただく、諸役の方丈様が並ばれ

 

 

ご導師様「勝國寺大方丈」の入堂をお待ちします

 

 

送迎役の和尚様に引かれて、勝国寺様が侍者と侍香を従えての入堂です

 

 

ご導師様は、香を薫じ、法要のための法語をとなえます

 

 

霊前に進み、香を焚いたご導師は、引き続き法に則って

甘い蜜湯、美味しいお菓子、香り高いお茶のお供えをします

 

お供えの後、お経が始まります

お経が始まると、方丈様や和尚様は繞行といって、歩きながらお経を読み

その途中でお焼香を勤めます

 

 

 

 

 

ご随喜の方丈様や和尚様のお焼香が終わり、所定の位置の戻り

繞行が終わると、家族、親族、総代様のお焼香をいただきました

 

 

最初に住職と副住職のお焼香

続いては家族、親族、総代様が続きます

 

 

 

曽孫もお焼香です

 

 

 

みんなのお焼香が済むと、法要も終わりに近づきます

 

 

お勤めをいただいた、ご導師様、方丈様を見送る準備です

 

無事に法要がお勤め上がり、ご導師様の退堂となります

 

 

ご参列の方丈様や和尚様、親族、総代様にご挨拶を申し上げ

本日の労に感謝申し上げます。

 

 

用意したお食事をお取りいただいて、無事法要は終了

ご随意の方丈様、和尚様、総代様、親戚の皆様

本当にありがとうございました。

| - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 母の一周忌

迎える11日は母の一周忌法要の予定です

命日は12日なんですが、法要はその前日11日に計画しました

ご参列、お手伝いをいただくご僧侶は30人程。

総代さんに親族や家族を併せると総勢で50人位の法要になります

我が家は先代住職の父に兄弟が無く、母は三人姉妹で

もう従姉妹の世代に代わって、今回もお呼びする親戚は少ないのですが

どうしてもご僧侶中心になってしまうのは、仕方ないかな〜

 

法要の様子は後日お知らせします

 

さて、母の一周忌も迎える、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

ピンクのひょろ長い花は「ネリネ」ですね、ヒガンバナの仲間で

「ダイヤモンドリリー」の別名がありますよ

珍しく高い位置に、そしていつものように下の方と緑の「ヒペリカム」

その真ん中に二色の小さな「カラー」、大きな「カラテア」の葉で

母の一周忌で皆さんを迎える一鉢です

 

応接は

 

 

大きな「ガーベラ」が明るく応接のコーナーを照らします

手伝うのは薄い紫の「スターチス」と白の「レースフラワー」です

 

本堂入り口は

 

 

黄色と縁取りの二種の「カーネーション」に「ドラセナ」

この「ドラセナ」は「サンデリアーナ」かな〜?

 

エレベーター前は

 

 

オレンジの「スプレーバラ」です

やっぱりバラは艶やかですね

 

お手洗い、女性側に

 

 

ちょっと変わった深紅の花は「ブバリア」です

肉厚な花びらが特徴ですが、白やピンクが多く、この色は珍しいね

 

男性側です

 

 

こちらは大ぶりの「トルコキキョウ」奥には蕾もあって

全部開くとかなり豪華ですよ

 

そして今週の床の間は

 

 

大きく左右に張り出した「石化柳」が独特のラインで迫ります

白の「ストック」薄い赤紫の「カーネーション」に

「赤ドラセナ」の葉です

左から右へ勢いも、明るさも流れていくようですね

 

さて、母の一周忌法要の日に「大相撲 九州場所」も始まります

情報では「白鵬関」と「鶴竜関」が欠場とのこと

さぁ、我が「松鳳山関」にも優勝のチャンスがあるかもよ〜

まずは初日!目指せ白星!

| - | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 11月です

気候は大分寒くなり始め、朝晩は暖房が欲しいくらいです

週がかわると7日は「立冬」です

暦に上ではもう冬になるんですね〜

寒さに負けずに、風邪をひかずに頑張りましょう

11月と言えば「大相撲 九州場所」ですね

応援している「松鳳山関」から早速番付が届きました

 

                 ↑

               ここですよ

 

「松鳳山関」は先場所では惜しくも七勝八敗で負け越しました

今場所はと見ると前頭西七枚目で東から西へ下がっただけでした

さぁ、最高のポジションで小結に向けて出発ですぞ

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

この独特の葉は「ユーカリ」です、コアラが登れそうにはありません

薄紫の「スターチス」と緑の「ヒペリカム」で広々とお迎えですね

 

応接は

 

 

「トルコキキョウ」の「ドラセナ」の葉を添えました

 

本堂入り口は

 

 

強いピンクの「パンダラン」名前はあるんですが、チョット調べても

画像はあっても、詳細は不明でした、きっと本名は別なんでしょうね

ここにも「ドラセナ」の葉が見えてます

 

エレベーター前は

 

 

薄いピンクの「カーネーション」に

横に広がる黄色の「オンシジューム」です

 

お手洗い、女性側に

 

 

黄色の「小菊」、緑の丸い「てまり草」

そして背景に「紅葉ヒペリカム」を少しだけ〜

 

男性側です

 

 

薄い黄色の「カーネーション」に「てまり草」

背景にはほんの少しだけ「紅葉ヒペリカム」が見えてますね〜

 

そして、11月最初の床の間は

 

 

晩秋の色合いは「紅葉ヒペリカム」が受け持ちます

けなげに頑張る「水仙」と黄色の「小菊」

この花を見ると「秋なんだなぁ〜」と思わざるを得ません

もうじき冬を迎える気配がにじむわぁ〜

 

立冬の7日には埼玉の北所沢までお見舞いに行きます

大学時代からの親友で、お寺の檀家にもなってくれ

春秋の彼岸、お盆の施餓鬼も手伝ってくれてたんですが

二年前に突然「ギランバレー症候群」に罹り、

意識不明の生死の境を抜けて、やっと回復してきました

今回初めて「外出」を企画、介護用の車を借りて

昼食を食べに行く予定です、O君楽しみに待ってろよ!

| - | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |