SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 お正月を迎えましょう

この情報が平成三十年、最後の情報になります

もう四回寝ると「お正月」です

お寺も正月を迎える準備が整ってきました。

 

25日には「九州場所」を十勝で勝ち越した「松鳳山関」が

挨拶と報告に来て下さいました。

付き人の「一山本」も勝ち越し!最高の九州場所になりました

お二人には西福寺から激励の意味を込めて「奨励金」が渡されました

 

 

完成間近の「観音堂」を内覧いただき、その場所で

 

 

来年の活躍を約束していただきました。

「松鳳山関」「一山本」には本当にありがとうございました。

 

昨年は母の死去と「観音堂」の工事中で中止した「門松」が

今年は立ちました。

ただ今回の工事で山門を無くしたので、建てる場所を

キレイになった正面階段下に変更しました。

 

 

今年からはこの場所で「お正月」らしさを演出しますよ!

玄関には、境内の植木の面倒を全て見て下さっている

「衆芳園」さんから届いた「盆飾り」が皆様をお待ちします

 

 

紅白の梅に松、千両を始め縁起物が並んでいます。

毎年、孫達がいたずらする「ツル」「亀」は今年もちゃんといますね〜

 

さぁ〜、お正月を迎える今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

開け年が皆様にとって極楽のようになることを祈って

中心に一本ヒョロッと立つのはまさに

「ストレリチア(極楽鳥花)とその葉」です。因みに花屋では

花と葉は別売りだそうですよ。長〜い針のような葉の松「大王松」に

赤い実の「千両」そして「葉ボタン」最後に「かすみ草」を散らして

おめでた気分満載の正面玄関です。

 

本堂入り口は

 

 

「葉ボタン」を中心に赤い花の「グロリオーサ」

「若松」でお正月の参拝者をお迎えです

 

エレベーター前は

 

 

白とうすい黄色の「フリージア」

真っ赤な実が鮮やかな「千両」です

 

お手洗い、女性側に

 

 

「ゆずり葉」とその手前の小さな「葉ボタン」は紫ですね

「千両」と「かすみ草」でお正月!

 

男性側です

 

 

こちらも「ゆずり葉」を背に小さな「葉ボタン」「松葉」

「なでしこ」そして「小菊」が並びました

 

住まいの方にも、いくつかのお花が

 

 

 

 

 

そしてお正月を迎える床の間は

 

 

「根引松」と「若松」の二種の松がお正月を寿ぎ、

中心に「オリエンタルリリー」。

手前に飛び出すように「啓翁桜」が新春を飾り、

「フリージア」が添えられました。

活けるときに先生が

「西福寺にとって、来年もよい年でありますように。」と

祈り続けて下さった生花です。ありがたいですね〜

 

もう何日かで、今年も終わりです

明ける年は「平成31年」であると同時に「新元号」の1年目でもあります

住職と奥様が精一杯仕事をし、後半は副住職が助けてくれた

平成の30年間が終わろうとしています。

来年から始まる新しい「元号」はきっと「副住職」が「住職」になって

家族とともに西福寺を護り、発展させていく「元号」になるんだろうな〜

今度は私が未来の住職のために、暫くは助けてあげられそうかな〜

| - | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 間もなくクリスマスですよ

お寺によっては「クリスマス」を絶対にやらない所もあるようです

厳密に言えば「クリスマス」は「キリスト教」の宗教行事で

仏教のお坊さんが浮かれるようなものではないのですが〜

わが国、日本ではもう国民行事ですよね

 

お孫ちゃん達も熱心にサンタさんにプレゼントをお願いしています

ジージやバーバにしてみれば、その願いは何としてもかなえてあげたいので

若奥様と綿密な打合せをするわけです

そして、お孫ちゃん達の喜ぶ顔を楽しみにするわけですよ〜

 

「ハロウィーン」のバカ騒ぎに比べたら

「クリスマス」の家庭的な温かみは大切にしたいと思いますよ!

 

それでは「メリークリスマス!」って感じの「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

「赤芽柳」の枝が優雅な流れを創造します

白の「金魚草」にピンクの「ストック」

「赤ドラセナ」の葉を添えて〜

「金魚草」と「ストック」って似てますよね

今回は葉で判断しましたが、もしかしたら逆かも〜

 

本堂入り口は

 

 

鮮やかな黄色の「ストックバラ」に紫の「アスター」です

明るい花が歳末を迎えてくれます

 

エレベータ前は

 

 

うすいピンクの「カーネーション」に黄色の小さな花をいっぱい持つ

「ソリダコ」と一緒に〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

大きなオレンジの「カーネーション」と黄色の「小菊」

 

男性側です

 

 

こちらは黄色の「小菊」を沢山〜

寒くなってくると黄色のような暖色が温かいですね

 

そして今週の床の間は

 

 

細い線で大きく広がる「コーリヤナギ」は風の流れを演出します

黄色の「オンシジューム」と薄い緑の「シンビジューム」

ラン系の競演です、少しだけ赤を感じる「ドラセナコンパクタ」

群青の花器に収まります

今週はクリスマスっぽい花かと思ったら、全然そうじゃなくて

しっとりとして、暮れを迎える花でしたね〜

「クリスマスじゃないんだ〜?」と聞くと、先生曰く「基本は先取りよ!」

なるほどでした〜

 

観音堂の内装工事は順調に進んでいます

ただ、年末になって方々が仕事終いになるそうで

どうしても残る工事があるようです

棟梁(住職の中学校時代の同期生です)だって、お孫さんに囲まれて

「メリークリスマス!」ってしたいですよね〜きっと?

三連休の後は最後の仕事、後片付けになるんでしょうね〜

そのまま冬休みに入って、正月明けは棟梁の予定が組めず

完成は二月末くらいになるのかな〜

| - | 05:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 今年も残り二週間

急に寒くなったと思ったら、今年も残り二週間ですよ!

週明けには年賀状の発送をする予定です

 

住職は本が好きで、ミステリーや警察、探偵ものを

翻訳物で読むことが多いんですが

特に、漫画も大好きです!

漫画はほとんど単行本で購入しますが

好きな本の一つ「海街ダイアリー」が、この12月に完結しました

完結した巻を読んだ後、また一巻から読み直して

二度目の最終刊まで通読、四姉妹の物語に何度目かの涙しました。

現代の若草物語!良かったら読んでみて下さい(涙出まっせ)

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

赤い小さな芽をつけた、文字通りの「赤芽柳」に

小さな可憐な花の「水仙」は冬の花の代表です

暗い赤は「ドラセナコンパクタ」

質素で力強い一鉢です

 

本堂入り口は

 

 

大きなピンクの「ガーベラ」を中心に、群青の「スターチス」です

ピンクと青の色合いが楽しいですね

 

エレベーター前は

 

 

「アイリス」の一輪挿し

凛とした美しさです

 

お手洗い、女性側は

 

 

大きなオレンジの「カーネーション」に

白と紫の色替わりの「トルコキキョウ」

優しい色合いです

 

男性側は

 

 

こちらは黄色の「カーネーション」に「トルコキキョウ」

男性側はチョット元気な感じで〜

 

そして、師走の喧噪前の床の間は〜

 

 

小さな黄色の蕾をつけた「ロウバイ」に

赤い実をいっぱいにつけた「ヒペリカム」

鮮やかな緑の「ドラセナ」を従えて〜

和と洋の微妙な混在って感じですね〜

 

日曜日の午後は港北区の東照寺様の結婚披露宴、

月曜日は教区(一番近しいお寺の集まり)の人権研修会

木曜日は12月10日をもって、所長以下所員の改選が行われた

お寺のお役所「宗務所」の新旧歓送迎会があります

金曜日からは副住職が永平寺の仲間の結婚式で

二泊三日で秋田に出張です

飲む機会も増えるし、年末になると忙しいですね〜

| - | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月8日 成道会

12月8日はお釈迦様がお悟りを開いた「成道会」でした

 

7日7晩 菩提樹の下で坐禅を続けたお釈迦様が

明けの明星の輝きを見て、悟りを開いたと伝えられています。

 

禅宗ではそのことに習って7日7晩の坐禅を組む

「摂心会」が行われます。

市中のお寺ではなかなかぶっ通しの坐禅は難しいですが

その「心」にはふれたいものです。

 

朝、法事の前、副住職と一緒に小一時間の坐禅をしました

 

 

何と住職は足に痛みが走り、ちゃんと坐禅が組めませんでした

我ながら情けない〜

それでもお釈迦様の心にふれようとしていると

 

 

あっという間にお孫ちゃん達にふれてしまいます。

これはこれで嬉しい摂心になりました

 

摂心のまねごと(になってしまいました)の後は

成道会の法要です

 

 

法要は住職のお焼香から始まり

 

 

おとなしくしてられるかな〜?

 

読経中には家族のお焼香も

 

 

お釈迦様の成道を讃える回向中のお拝、

住職のお拝に合わせて、お孫ちゃん二人も揃ってきちんと

 

 

 

よくよく見ると、かのちゃんは足を上げてるし

裕ちゃんは舌を出してますね〜

 

こうして、今年の「成道会」の法要も無事済みました

 

お供えの紅白の大福をおろして

 

 

みんなでいただきましょう!

12月8日、お釈迦様のお悟りの日

「成道会」でした

| - | 05:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 真冬の寒さは?

12月も二週目に入るのに「あまり寒くない!」

4日はお世話になっている中区大平町の「西有寺」様の恒季法要

「開山忌」でしたが、何と20度を超えるような陽気

長い股引をはいていった私は汗をかくぐらいでした

長期予報では今年の冬は暖冬のようですが

今朝(8日、土曜日)は冷え込みました

それでも真冬の寒さにはならないようです

寒くなったり、ならなかったり どうぞ体調にお気をつけ下さい

 

本堂の入口に飾っているカワイイ人形達に

新しい仲間が増えました

 

来年の干支「イノシシ君」です

 

 

白いキバが印象的です、人気者になりそうですよ

 

もう一つは、和菓子シリーズで「イチゴ大福」です

 

 

こんなふうに飾って仲間入りしました

 

 

どうぞ宜しくお願いします♡

 

それでは今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

高さのある「クジャクヒバ」中心には黄色の「オンシジューム」

真っ赤な「ケイトウ」にその周囲にちりばめた「ヒペリカム」

何となくクリスマスを思わせる作品ですな〜

(季節もまさにそうだよ!)

 

応接は

 

 

母の一周忌にいただいたものです

今までは本堂に飾っていたんですが

お花の綺麗な内に皆さんに観ていただこうと

応接に引っ越しました

 

本堂入り口は

 

 

花びらのかわった「菊」ですって

何か、食べ物のようですね〜

 

エレベーター前は

 

 

鮮やかな黄色の「ラナンキュラス」です

「クジャクヒバ」とともに〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

真っ赤な「カーネーション」に白い「小菊」

「クジャクヒバ」を添えて

紅白でここもクリスマスかな〜

 

男性側です

 

 

オレンジ色のような「菊」です、ちょっとかわった色ですね

白い「小菊」と一緒に

 

そして今週の床の間は

 

 

真っ赤な大ぶりの「カーネーション」を中心に

白い大きな百合「カサブランカ」、紫の「スターチス」を散らして

背の高い「そてつ」の葉を背面に

手前には「ドラセナ」の葉を巻き巻きしました

賑やかなようで、穏やかな作品です

 

新しい建物は観音様を祭る予定で

「西福寺観音堂」と名付けます

室内墓地納骨施設は「観音霊廟」と名付けましたが

工事の方が一進一退で中々終わりません

新しい合祀墓を含め、最終的な形になるのには

もう少しかかりそうです。

興味のある方は今しばらくお待ち下さい。

| - | 05:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 臘月に入りました

臘月(ろうげつ)は陰暦12月の呼び名になります。

2500年前、菩提樹の下に坐禅を組んで一週間、

12月8日にお悟りを開いたお釈迦様に因み

12月1日から8日までの一週間、

坐禅し通す修行を「臘八摂心(ろうはつせっしん)」と呼びます。

永平寺、總持寺両大本山を始め、日本中の修行道場で

終日座りっぱなしの一週間になります。

8日の未明、鐘の音を合図に坐禅は終了し

手足を伸ばした上で「成道会」の法要が勤まります

 

禅宗のお坊さんにとって12月の頭は特別な日になりますね〜

 

さて、そんな臘月を迎える「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

ヒョロッと高く一本、下の方にも「風船唐綿」

真っ赤な「カーネーション」は印象的に

「谷渡りの葉」を襟巻きのように巻いて

その中には白い小さな「ブバリア」が

 

 

こんなふうに隠れていますよ〜

楽しい作品ですね

 

応接は

 

 

薄紫と白の「ストック」です、ニギヤカでシットリした花ですね

白い「アスター」が混じっているのが判りますか?

 

本堂入り口は

 

 

賑やかな盛り合わせです

オレンジの「カーネーション」に白い「トルコキキョウ」

紫の「アスター」が良い雰囲気を作ってますわ〜

 

エレベーター前は

 

 

白い「トルコキキョウ」が悠然と〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

何とも言えない色合いの「小菊」ですが

わりと大ぶりですね

 

男性側です

 

 

白に紫、ピンク色とりどりの「小菊」と「アスター」の盛り合わせですよ

 

そして、今週の床の間です

 

 

まさに生花の「王道」って感じです

風の流れを演出する「コオリヤナギ」に

力強く立ち上がる黄色の「ピンポンマム」

白く、かそけき思いの「なでしこ」

下の方には、風の向きに「ニューサイラン」の葉が

もう一つの流れを作ります

とっても穏やかで、力強い作品ですね!

 

日本中の修行道場が12月の1日から摂心に入るのですが

横浜の西有寺専門僧堂では開山忌の12月4日を迎えるために

11月の末、27日から摂心に入ります

摂心の明けが3日となって、3日の逮夜、4日の開山忌を行います

私も西有寺を手伝う一人として、

両日ともご一緒させていただきます

昔の仲間に会えるのがこの時の一番の楽しみですね!

 

| - | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |