SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
今週の生花 さぁ12月です

この日曜日で12月に突入です

寒さも厳しくなってきました、風邪に気をつけましょう

12月と云えば「摂心」です

12月1日から8日まで、本山や修行道場などでは

「臘八摂心(ろうはつせっしん)」が行われます。
「臘」というのは、12月を意味する「臘月」の略で、

「八」は「8日」のことです。

また、「摂心」というのは「心をおさめる」ことで、坐禅のことですが

摂心中は毎日、一日中坐禅することを指します。

 

お釈迦様が菩提樹の木の下で12月1日から七日七晩、通して坐禅をされ

8日の早朝、暁の空に「明けの明星」の輝きを見て、お悟りを開かれた

故事にならいます。

 

そして迎える8日は「成道会」です

そのことは次の機会に〜

 

それでは今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

コアラの好きな「ユーカリの葉」がグィ〜と伸びて

白い「スプレーバラ」と紫の「スターチス」と好対照です

 

応接は

 

 

白の「トルコキキョウ」に赤とオレンジの中間のような色合いの

「カーネーション」花弁の形がちょっと変わっています

 

本堂入り口は

 

 

「紅葉ヒペリカム」に青がキレイな「アイリス」

 

エレベーター前は

 

 

「紅葉ヒペリカム」と真っ赤な「ヒペリカムの実」

 

お手洗い、女性側は

 

 

オレンジの「カーネーション」に黄色の「オンシジューム」

カワイイ色使い〜

 

男性側は

 

 

こちらは、赤い「ヒペリカムの実」に紫の「スターチス」

「オンシジューム」も加えて花のトリコロールに

 

そして今週の床の間です

 

 

「赤芽柳」は季節ですね!黄色の大輪「カーネーション」に

「紅葉ヒペリカム」「ソリダコ」も加わって冬の景色に

 

副住職が卒業した「駒澤大学高等学校」では希望者全員が摂心を行います

 

 

  

 

副住職も今年は手伝いに行くようですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 11月もあと一週間

金曜、土曜と久し振りの雨、

寒くなって、急に冬が来たみたいな気温

気がつけば雨の中

 

 

境内の南天の実が真っ赤になってました

 

11月もあと一週間、あっという間に歳末ですね

風邪やインフルエンザに気をつけて下さい

 

さて今週の生花は

 

正面玄関は

 

 

客殿の中も、境内に負けずに紅葉の時期、

「紅葉ヒペリカム」に真っ赤な「ヒペリカム」の実

うすい黄色の「カーネーション」で初冬の色合いです

 

応接は

 

 

ピンクの「トルコキキョウ」に黄色の「オンシジューム」

黄色の小さな花は「ソリダスター」の蕾ですね

 

本堂入り口は

 

 

オレンジの「ガーベラ」に「てまり草」

明るくて、楽しそうですね

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの「カーネーション」に「オンシジューム」

鮮やかですね

 

お手洗い、女性側に

 

 

大輪の「菊」に寄り添うように「小菊」です

 

男性側です

 

 

こちらは白の「菊」寄り添っているのはピンクの「カーネーション」ですね

 

そして今週の床の間は

 

 

赤い「赤芽柳」に紫の「アイリス」この色合いでハッとします

「小菊」と「ドラセナ」の葉は大切なアイテム、しとやかで

香り立つような作品です

 

この雨の中、久し振りに本屋へ行きました。

最近は読みたい本は、ほとんど「アマゾン」経由で購入

必要なものは手に入るんですが、本屋で色々目に入ると

案外、アマゾンの情報外に読みたいものが沢山あり、あれもこれも購入

並んでいる本を次から次へと手に取るのは「アマゾン」じゃダメね

| - | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人権研修で多摩全生園に行ってきました

令和元年11月21日、神奈川県第二宗務所人権研修で

「国立療養所 多摩全生園」に学んできました

 

多摩全生園は敷地面積約10万8千坪の広大な施設で

 

 

私達の研修はそのほんの一部、

 

 

「国立ハンセン病資料館」の見学がメインでした

(写真はお借りしたもの、桜の花がきれいな頃にもう一度行きたいわ〜)

 

 

資料館正面入口には

 

 

四国八十八カ所巡礼の母子像が

「砂の器」を思い出します

 

中に入るとかなり立派な映写室(劇場や映画館みたい)で

最初に15分程度のビデオ視聴。

そしてプロジェクターを使った15分程度の館内の説明があり

 

 

その後、一時間強の自由見学です

 

国の隔離政策で強制的に収容された患者さん達は

男女別々の家に住みます

 

 

刑務所とまでは行かないけれど、

入所者はかなり束縛された生活を送られたようです

 

資料館見学の後、宗務所長以下、研修会参加者全員で

 

 

納骨堂前にて「慰霊供養」を勤めました

 

 

現在でも全国、国立13療養所、私立1療養所の施設に

1200名以上の人が住んでいます。

その人達はハンセン病の患者ではなく、後遺障害を持つ方々で

隔離の必要は全くない方ばかりです、が

高齢で療養所を出ても住むところの当てもなく

療養所が終の棲家になります

 

罪人でもなく、ただ病気になったが故に家族、親族から引きはがされ

強制的に一カ所に集められた患者さんの苦悩を感じます。

反面、当時の医学知識、水準では隔離されて、同じ境遇の人たちで

助け合いながら暮らさざるを得ないのも、またショウガナイかなとも〜

皆の中で村八分のようにされるのが良いか、

ともに痛みを分かち合って、暮らす方が良いか、考えさせられます。

ただ、自由と尊厳が守られて初めての理屈です

自由と尊厳のない隔離は私達全員で反省しなければならないと強く思います

 

入所者の方の絵や焼き物、詩や小説の文学の展示のなかに

 

 

「トトロ」の焼き物がありました。右下の写真のおばあちゃんが作りました

これを見て「今は幸せに暮らしてくれているんだな〜」って感じました

| - | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 11月も折り返し

12日、母の三回忌法要には沢山の方のご助力をいただき

無事お勤めすることが出来ました、ありがとうございました。

住職的には三回忌を済ませて、少し肩の荷が下りました。

今年もあとひと月半、11月も折り返し、

「少しのんびりしたいな〜」と、奥様と話しています、が?

 

少し力を抜いて「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

「紅葉ヒペリカム」が初冬の色をよく表現します

きれいな緑の「菊」はしっかりとしていて

「カサブランカ」が豪華さを引き出します

とても良くまとまった生花で皆様をお待ちします

 

応接は

 

 

うすいピンクの「スプレーバラ」に白い「レースフラワー」

ほのぼのとした温かさを感じますね

 

本堂入り口は

 

 

いつもの花器を縦置きにして、細く見えるようにアレンジ

正面から見ると全然違う花器に生まれ変わりました

大きな「カーネーション」に「アレヤカシ」の葉を添えて

 

エレベーター前は

 

 

オレンジの「金魚草」です、ここも暖色系で

温かさを演出してくれます

 

お手洗い、女性側に

 

 

とても大きな「菊」なんですが、ダリヤみたいですね

「紅葉ヒペリカム」を添えて

 

男性側です

 

 

こちらは白で大きな「カーネーション」と

赤い縁取りの小さな「カーネーション」と

二種の「カーネーション」の競演、そして「スターチス」を添えて

 

そして今週の床の間は

 

 

一目見て「凄く良い」って感じ!デザインも色合いもとても斬新です

紫の「パンダラン」は色鮮やか、中央の「レースフラワー」は

清らかで、赤い「シンフォリカポス」の実は凝縮感が素晴らしい

曲線をアレンジした大きな葉は「カークリコ」ですって

全体の雰囲気が素晴らしい作品に仕上がりました

 

ところが迎える18日の週は

月曜日が住職が正観寺様のお祝いで遅くなりそう〜

火曜日は奥様が教区研修会で一日出たきり、住職は留守番。

木曜日は宗務所人権研修会で八王子「国立療養所多摩全生園」

の日帰り研修で丸一日、奥様と副住職は留守番。

金曜日は法事があって忙しいし、また来週の準備〜

「少しのんびりしたいな〜」っていつするんだよ!

| - | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
先代寺族 三回忌法要

11月12日火曜日、この時期に汗ばむほどの晴天の下

 

「西福寺二代寺族 定光院環翠妙薫禅尼」

 

三回忌法要が無事つとまりました。

 

本堂の準備も整い、母の位牌も仏壇からお迎えし

 

 

生花とお塔婆の準備が整い

 

 

 

法要には総代様、親族の出席をいただき、着席いただいた参列者は

 

 

心穏やかに法要の始まりを待ちます

 

定刻になって、ご参列の方丈様もおそろいになり

 

 

法要をお勤めいただく、諸役の方丈様が並ばれ

 

 

ご導師様「勝國寺大方丈」の入堂をお待ちします

 

 

送迎役の和尚様に引かれて、都管老師、住職の先導で勝国寺様が入堂です

本堂に入られたご導師様は、香を薫じ、法要のための法語をとなえます

 

 

母の遺徳を伝えて下さった法語は心に響きます。

法語を読み終わったご導師は霊前に進み、香を焚き、

引き続き法に則って甘い蜜湯、美味しいお菓子香り高いお茶の

お供えをします、お供えの儀式は「献茶湯」と申します

 

お供えの後、お経が始まります

お経が始まると、方丈様や和尚様は繞行といって、歩きながらお経を読み

その途中でお焼香を勤めます 

 

 

 

 

ご随喜の方丈様や和尚様のお焼香が終わり、繞行が二回りすると

所定の位置に戻り着座します。

 

 

住職、副住職、家族、親族、総代様のお焼香をいただきました

 

 

最初に住職と副住職のお焼香、副住職は長男の裕翔君を抱いての焼香でした

続いては家族、親族、総代様が続きます

 

 

 

 

 

 

 

都管老師のお焼香が無事済みましたという報告で、読経も終盤。

維那老師の回向、ご導師の進前焼香で法要も終了です

 

 

 

お勤めをいただいた、ご導師様、方丈様には感謝です

法要の後にはご参列の方丈様や和尚様にご挨拶を申し上げ

本日の労に感謝申し上げます。

 

 

ご導師「勝国寺様」には献杯のご発声をいただき

 

 

用意したお食事をお取りいただきます。

 

 

総代様をはじめ、親族、家族もお食事を取っていただき

本日の法要は無事終了

 

ご随意の方丈様、和尚様、総代様、親戚の皆様

本当にありがとうございました。

| - | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
七五三のお祝い 孫ちゃんズ

11月10日、今日はお孫ちゃんズの七五三のお祝いです

 

 

七歳のお姉ちゃんは着物を着て、グッと大人っぽく

四歳になった弟君は一年早く、五歳のお祝い

 

 

これが写真を撮られまいと逃げること、逃げること

やっと撮れた写真はお姉ちゃんと一緒の時だけ

お姉ちゃんの方を隠して一人写真に〜

 

仕事で出かけた副住職不在でご祈祷の法要

 

 

般若理趣文を振って、子供達の健康と幸せを祈ります

 

 

なぜか、お経中はおとなしい二人です

 

 

でもないかな〜?

 

 

お経中にはお焼香、ちゃんとできるかな〜

 

 

弟君の方も一生懸命頑張ります

 

 

二人ともとても上手にお焼香を勤めました

 

 

お経の後には、理趣文の風をいっぱいに浴びましょう。

顔に風が当たると、何故か幸せそうな二人〜

 

 

最後にママと両祖父母とで記念撮影

パパである副住職は不在(仕事中)

素晴らしいひとときだったのに、パパ残念でした〜

| - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 大相撲十一月場所が始まります

10日、日曜日から「大相撲」が始まります

十一月場所は九州です、応援している「松鳳山関」の出身地なので

頑張ってほしいところです。

今回も「松鳳山関」から番付をいただきました

先場所勝ち越した「松鳳山関」の番付は「前頭東八枚目」

 

 

この番付の右上

 

                ↑

               ここです

 

この辺ですと、横綱や上位三役の対戦も少なく、下の方の取り組みも多く

安心して見てられる位置なんですね

ファンとしては、この辺にいてくれるのが一番嬉しいんです

勝ち越しを目指して、今場所も頑張れ「松鳳山」!

 

さて、番付と一緒に「大相撲カレンダー」もいただきました

表紙は

 

 

関取衆の人文字で「令和」です、「松鳳山関」は「令和」の「和」の

ノ木偏の真ん中あたりにいるんですが〜ちょっとわからないかな〜

 

中を見ると「松鳳山関」は10月にいましたよ

 

 

上の列、五人の真ん中が「松鳳山関」です

 

 

堂々としてかっこいいですね!

 

ちなみに11月には、弟弟子で十両の「一山本関」が

 

 

一番左、一番上、いい顔で写ってました。

ちなみに「一山本関」の番付は「十両西六枚目」です

めざせ「幕内」!

 

さぁ、来年は10月と11月にイイことがありそうですよ!

 

それでは「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

「ストレチア」に「谷渡り」さらに「ドラセナ」の葉を添えて

足元には「リンドウ」と、先週の床の間と同じように鳥にしか見えない

そう思うと「コウリヤナギ」さえ鳥の冠羽にしかみえない!

今にも羽ばたいて逃げ出しそうですね〜

 

応接は

 

 

色とりどりの「カーネーション」に「かすみ草」「ヒペリカム」

まるでブーケのように鮮やかですね

 

本堂入り口は

 

 

赤い「ヒペリカム」の実と紫の「スターチス」真ん中に白の「かすみ草」

どこかの国旗のような色合い

 

エレベーター前は

 

 

「かすみ草」がいっぱい!細い「ドラセナ」の葉と一緒に

 

お手洗い、女性側は

 

 

大きな黄色の「カーネーション」に色のかわり始めた「紅葉ヒペリカム」

赤がもっとでるときれいなんだろうな

 

男性側です

 

 

オレンジの「スプレーバラ」に「かすみ草」

今週は「かすみ草」が大活躍!

 

そして今週の床の間は

 

 

緑に近い色合いの、大きな菊は「アナスタシア」だそうです、見事ですね

初冬を表すように「紅葉ヒペリカム」が色づき「コウリヤナギ」も

冷たい風にそよいでいるように見えます

11月7日は立冬、もう冬ですよ!

 

10日の日曜日は、お孫ちゃんズの「七五三」をやる予定です、

かのんちゃんは7歳、裕翔君は5歳(ちょっと早めに)です。

美容院で衣装を着付けして、本堂で「七五三のご祈祷」法要

写真館に行って副住職家族で記念撮影の予定です。

夜は上大岡のお店で家族全員の食事会。

さて、さて、どんな一日になりましょうか?楽しみですぞ!

この報告は後日ゆっくりと〜

| - | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月2日 磯子日本語を話す会 座禅会

11月2日午後3時 Hさん主催の「磯子日本語を話す会」の

座禅会が西福寺本堂にて行われました。

 

 

本堂の右側に座禅堂を作り、会の皆様の到着を待ち

 

最初に参加者をお迎えするお経が勤まり

 

 

参加者を代表して主催者Hさんに御焼香をいただきました

 

 

座り方の説明や、「調身」「調息」「調心」のお話し等をして

坐禅に向かいます

 

いよいよ坐禅です

 

 

坐禅の始まり告げる鐘「止静鐘」が一つ鳴ります

初めての坐禅、時間は15分にしました

 

 

六歳の女の子もしっかりした坐禅をしてくれます

15分て短いと思われますが、初めての体験としては

充分な時間だと思います。

西福寺では、坐禅体験を説明20分程度、坐禅15分〜20分

お茶の時間を容れて一時間程度のプログラムを組みます

たいていの方はとても喜んで下さいます

 

今回はお茶会で出身国や自己紹介もいただき、初めての坐禅の感想

質問等もお受けして、いつもより長い約2時間弱の座禅会になりました。

 

Hさんを始め「磯子日本語を話す会」の参加者の皆様には

お疲れ様でした。

| - | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今週の生花 土曜日は座禅会

西福寺には不定期ながら月に何度か坐禅をしにいらっしゃる方が

います。その方、Hさんは、すでにお仕事は卒業され、

現在は個人で社員教育の立案、アドバイザーと講師を引き受ける仕事をし、

奉仕活動で、磯子区役所の外国人のための日本語、文化風習を教える

教育、研修を手伝っていらっしゃいます。

今回、磯子区役所での外国人の教え子やその家族の体験学習で

「西福寺 座禅会」を行います。

人数は10〜12人程度で、お話しと坐禅、お茶会を計画しています

「西福寺 座禅会」は二度目で、一度目も楽しい時間を過ごしました。

今回も参加者にとって、楽しい時間になると良いのですが

 

また、先週はご近所の方が二名で「初めての坐禅」を経験されました

坐禅のことや、座り方、手の組み方(印と云います)などを

簡単に説明し、15〜20分の坐禅を体験していただきました。

「とても気持ちが良かった」という感想でしたよ。

 

坐禅に興味のある方は、是非一度お訪ね下さい。

 

さて、そんな座禅会の参加者さんもお迎えする「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

大きめと小さめの「バーゼリア」を中心にして、紫の「リンドウ」

「ドラセナ」の葉で締めくくり。

 

応接は

 

 

このちょっと変わった色合いは「スプレー菊」です

「ドラセナ」の葉を添えて

 

本堂入り口は

 

 

真っ赤な実をいっぱいにつけた「ウメモドキ」に

黄色の「ピンポンマム」

赤と黄色の色合いをお楽しみ下さい

 

エレベーター前は

 

 

ここにも黄色の「ピンポンマム」が、少し大きく写すと

黄色が鮮やかなのがわかりますね、白い「カーネーション」とともに

 

お手洗い、女性側は

 

 

うすいピンクの「カーネーション」に「ドラセナゴッドセフィアナ」を

添えました

 

男性側は

 

 

こちらはうすい黄色の「カーネーション」に「ドラセナサンデリアーナ」

随分雰囲気が変わりますね

 

そして今週の床の間です

 

 

いつも思うんですけど、まるで取りの嘴のような「ストレチア」

昔は「極楽鳥花」って云ったと思うですよ

そうなると当然「アレカヤシ」の葉は鳥の羽に見えるんです

一番下の「リュウカデンドロ」は鳥の足元に見えますよね

まるで求愛のポーズを取る大きな鳥のように活けられた

今週の床の間です

 

宮城県のお寺の晋山結制に随喜させていただいている副住職から

サンマとカニが届きました、石巻漁港の近くで購入したそうです

 

 

唇が黄色くて、銀色に輝く美味しそうなサンマ

今年は高くてあまり食べてないよ

 

 

ちょっと小ぶりな毛ガニが六杯、これも美味しそう

今日は副住職に感謝しながら、お酒をいただきます、乾杯!

 

副住職は来週末は横須賀で「晋山結制」のお手伝いだけど

横須賀は近いから、お土産は期待できないな〜

| - | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |