SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
R2/5/30今週の生花 閑中に忙あり 

朝から忙しくて、予定内や予定外、突然の来客に追われる

29日の金曜日、そんな日が久し振りにやって来ました。

新型コロナウイルスの自粛ムードの中、ずっと閑にしてたのに

お寺に来やすい日ってみんな一緒なのかな〜

 

そんな中、新しい仲間(檀徒様)が増えました。

これから先、ご家族皆様が毎日毎日、生きていく日々に

西福寺が少しでも力になれれば嬉しいな〜

今後とも宜しくお願いします。

 

さて、今週の生花です。

一日中、忙しかったのと住職が夕方から出かけたので

今週の写真は久し振りに奥様のお手前ですぞ!心して拝見しましょう

 

正面玄関は

 

 

花は黄色の「向日葵」が二輪だけ

あとは「アレカヤシ」手前に「ワネッキー」その奥に「ナルコラン」

本当にシンプル、でも、とてもアートフルで素敵な作品です

 

応接は

 

 

住職の好きな一重の「トルコキキョウ」に白い「カーネーション」

「ナルコラン」の葉とともに

 

本堂入り口は

 

 

一転、こちらは大ぶりの「トルコキキョウ」

「ドウダンツツジ」の若葉を添えて

 

エレベーター前は

 

 

ピンクのカワイイ「カーネーション」に「シクラメン」の葉を添えて

 

お手洗い、女性側は

 

 

「トルコキキョウ」にピンクの「カーネーション」

花器が夏向きに〜

 

男性側です

 

 

大きなピンクの「カーネーション」に小さな白い「カーネーション」

花器が夏向きに〜

 

そして今週の床の間は

 

 

「ドウダンツツジ」の若葉が鮮やかですね

「ギボウシ」の葉も負けずに青葉の季節ですぞ!

うすいピンクの「シャクヤク」も開いていて

奥の蕾も開いたらゴージャス!

一重の「トルコキキョウ」も参加して、イイ感じの作品です。

 

今週も、生花も良かったけど

奥様の写真も良かったですね!

さぁ、この週末が終わったら、6月ですぞ!

暑い日も、梅雨の日も、晴れでも曇りでも雨でも

子供達が元気に遊び、学校に通い、普通に暮らす

早くそんな日が来るとイイな〜

| - | 05:20 | comments(0) | - | - | - |
R2/5/22今週の生花 来訪者異変、誰が観てるの?

4月から今月に入って、今までにない来訪者数がカウントされました

この「新着情報」の来訪者は大体一日に30件ほど

多くても5〜60件かな、それなのに先月辺りから突然

一晩で200件とか、500件とか,700件近くとか〜

ちょっとあり得ない数字でとまどっています。

本当に観てくれているんなら、それはとても嬉しいんですけど

例えば、5月18日は深夜1時から朝方の5時までに来訪者数が約600件!

一体どうなってるんだろう?

4月にも200件弱の日が二晩、そしてそれが5月の22日までに5回も!

 

誰か理由を教えて〜

 

もし、知らない誰かが、信じられないくらい一生懸命観てくれているなら

その人のためにも頑張ります、そして「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

今週はちょっと天気が悪く、肌寒い日があったんですが

夏に向かって元気よく「ヒマワリ」ですよ!

赤と黄色の配色は「グズマニア」

この位置だとまるでヒマワリの衛兵みたいに見えますね

初夏の若葉色は「アレカヤシ」と「谷渡り」が提供します

梅雨になる前に、爽やかな陽射しの下で「ハッスル、ハッスル!」

 

応接は

 

 

薄紫の「スターチス」に、右奥は「ブバリア」

初夏らしい若葉を足して〜

 

本堂入り口は

 

 

住職の好きな、一重の「トルコキキョウ」、紫の色も綺麗だし

やっぱりこの花、好きだわ〜

白い色が特徴の「ダスティミラー(シロタエギク)」とともに

 

エレベーター前は

 

 

ここはいつもよりニギヤカです

黄色の「バラ」、紫で一重の「トルコキキョウ」に

「ドウダンツツジ」の若葉です

 

 

お手洗い、女性側は

 

 

黄色の「ガーベラ」は、一瞬ヒマワリかと思っちゃった

薄紫の「スターチス」に「ドラセナ」の葉を添えて

 

男性側は

 

 

鮮やかな黄色の「スプレーバラ」

日持ちの悪いバラは、それでも切り花のチャンピオンかな〜

 

そして今週の床の間です

 

 

「ドウダンツツジ」の若葉、鮮やかな萌黄色が心にしみる「優しさ」と

明日に向かう「勇気」を見せてくれます

まだ蕾の「シャクヤク」も明日に向かう「希望」ですね

薄紫の「スターチス」は一服の癒やしを与えてくれるようです

さぁ、みんなでコロナウィルスに負けずに頑張りましょう!

 

今日、22日、病院に行って検査結果聞いてきました。

お陰様で、ひとまず大腸も胃も食道も問題なし!

大腸に4个らいのポリープがあるけど、安心なものだから経過観察

胃にもポリープがあるようですけど、小さいので、こちらも経過観察

安心して良いのか?節制しなければいけないのか?

また一年悩みそう〜

来年の検査も予約して、災いは先送り〜

| - | 15:41 | comments(0) | - | - | - |
令和2年5月16日今週の生花 検査、検査

世界中、新型コロナウイルスの「検査」「検査」ですが

住職は今週、ちょっと違う「検査」「検査」週間でした

12日火曜日には「大腸検査」

15日金曜日は「胃カメラ」でした

実は12日の検査の後、麻酔を抜くために身体を休めていたときに

冷や汗が出たりして、ちょっと不安になって、老いを感じました。

15日もどうなるかと心配してたんですが、こちらはまるで大丈夫

胃カメラは鎮痛剤(麻酔)なしにしたので、それが良かったかと〜

病院もイイ具合に空いてて、ストレスなしで「検査」終了

この後は一週間後、検査結果の診断です。

それまでは、何となく落ち着かないかな〜

 

それでは、結果待ちの住職と一緒に「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

なんとも美しい色、色、色!

大きな鮮やかな黄色の「ヒマワリ」に真っ赤な「カーネーション」

瑞々しい緑は「谷渡り」の葉、下の方には「木苺の葉」まで

花器の青も彩りの仲間!楽しくなるほどはっきりした彩りですわ〜

 

応接は

 

 

大きな「シャクヤク」が二輪、この蕾の色だと赤色系の花かな?

「シャクヤク」にはずれなし、きっと大きな花が咲くぞ〜

「ソリダコ」を添えて〜

 

本堂入り口は

 

 

鮮やかな黄色の「スプレーバラ」

「ドウダンツツジ」の若葉を添えて

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの大きな「カーネーション」の一輪挿し

「カーネーション」は花持ちが良いから一週間このままで行けるかな〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

開いたのと蕾の二輪の「トルコキキョウ」の間に

赤紫の「ハイブリッドチース」、こちらも彩りが良いね!

 

男性側は

 

 

「トルコキキョウ」に「カーネーション」「ソリダコ」を添えて

少し「密」状態になってるんで、気をつけましょうね〜

 

そして今週の床の間は

 

 

写真では判りにくいけど、大きな緑色の「ボンベイケイトウ」

平たいケイトウの仲間をボンベイ系って言うみたいですよ

真っ赤な「ガーベラ」は半開きなの〜?

ふつう「ガーベラ」っていっぱいに開いてますよね〜?

ケイトウの影には「ハイブリッドチース」

下の方には、縁が赤い「ドラセナ」

大きな「ドウダン」の若葉が美しいわ〜、

若葉いっぱいって感じの初夏らしい作品ですね

 

西福寺の宗派「曹洞宗」の事務機関「曹洞宗宗務庁」は

18日の月曜日から宗務再開だそうです。

いよいよ世の中は「コロナ後」を考えているようですね

でも、決して焦らずに、まだまだ自粛ムードで健康第一で行きましょう

家族を大切にすることが、社会を大切にすることにつながります

無理しないで、無茶しないで!

| - | 06:54 | comments(0) | - | - | - |
令和2年5月8日今週の生花 緊急事態宣言は延長

「ゴールデンウィーク」は「ステイホームウィーク」となって無事終了

行楽地の人出はかなり少なく、列車も飛行機もガラガラだったようです

「緊急事態宣言」は一応の効力があったんじゃないですか?

それでも、予想したとおり「緊急事態宣言」は延長となりました

 

今日は食事の材料を仕入れに、昼前にちょっと町に出ると

なぜか町を歩いてる人が多くなってきたような気がします

通勤の人も多くなったような事をニュースで言ってたし

みんなゴールデンウィークまで頑張って、緊張の糸が切れたかな〜

西福寺も、この土、日には法事があり、出かける法事もあります。

檀信徒やその親戚の方に、一つも不安を感じさせないように

山内一同、充分に気をつけて、万全を期して準備しています

今一度、気を引き締めて「打倒!新型コロナウイルス」ですぞ!

 

さて日曜日「母の日」を迎える今週の生花は

 

正面玄関は

 

 

うすいピンクの「シャクヤク」を中心にして

「ナルコラン」やら「アレカヤシ」やら「ドウダン」やら

5月の若葉をいっぱい盛りました。

 

応接は

 

 

元気いっぱい「ヒマワリ」です

花がよく見えるように、少し俯瞰で撮りました

「ソリダコ」と「シャクヤクの葉」に囲まれて

鮮やかな黄色が力強いよね!

 

本堂入り口は

 

 

水色の「デルフィニウム」だけで5月の陽光と爽やかな風を感じますわ〜

「ヒペリカムの葉」とともに〜なぜか、心がワクワクしてきそう!

 

エレベーター前は

 

 

「シャクヤク」にはずれなし!この蕾もきっと満開になります

さて、咲いた花は何色なんでしょうか?

 

お手洗い、女性側は

 

 

10日の日曜日は「母の日」ですぞ!

どこかで来るとは思っていたけど、女性トイレで来ました

母の日の赤い「カーネーション」「木苺の葉」とともに〜

 

男性側は

 

 

素晴らしい、大輪の「カーネーション」

まるで「フラメンコ」か「ムーランルージュ」の踊り子さんの

何層にも重なったスカートのように豪華ですね

「木苺の葉」も一役買って、豪華!

 

  

  こんなのや         こんな感じです

 

そして今週の床の間です

 

 

濃いオレンジの「ガーベラ」、床の間のメインに「ガーベラ」って

ちょっと珍しいかも〜

白い「ヒペリカム」も白い花器も、ガーベラの色を際立てるわ〜

「ヒペリカムの葉」も「木苺の葉」も5月の萌黄色で美しいですね!

 

副住職は今日は家族を連れて、ちょっと離れた公園だそうです

若夫婦二人で智恵を絞って〜

家の屋上でバーベキューをしたり、プラレールで回転寿司をしたり

子供の喜びそうな事を一生懸命考えているようです

何しろ、もうずいぶん子供たちが一日中いるから

元々一日中お寺にいる副住職にとってはストレスが多いんでしょうけど

それなりに頑張っているから、良しとして

爺さんと婆さんは黙って、遠くから眺めていましょう!

| - | 15:32 | comments(0) | - | - | - |
令和2年5月1日今週の生花 爽やかな5月の到来

「緊急事態宣言」も残すところあと「ゴールデンウィーク」のみ

まだまだ感染者が減らない「新型コロナウイルス」なので

「ステイホーム ウィーク」です、でもたぶん延長するんでしょうね

 

自宅で「外出自粛」されている皆様に、本日も仏法の言葉を〜

 

「人身受けること難く、死すべき身の長らえること難く、

 正法聞くこと難く、仏のあらわれること難し。」

 (ブッダ「発句経 第182」より)

 

私達は皆、尊い縁をいただいて「人身=命」をいただくことができた

そして生まれた「命=人身」は多くの危険、災厄や苦しみの中、

限りある人生の中で「正しい仏法の教え」に出会えるのはさらに難しい

そして、悟りを開いて「仏」になることはさらに希である。と

 

道元禅師は「正法眼蔵 生死の巻」の中で

「この生死(命)はすなわち仏の御いのちなり」

といわれています。命は自分の物でもなく、国や社会の物でもない

「仏の命」であると捉える所から仏法は始まります。

「命」を「仏の御いのち」と捉えるからこそ

「正法眼蔵 帰依三宝の巻」で「人身得ること難し、仏法値うこと希なり」

と「発句経」の言葉をいただき、さらに

「今我等宿善の助くるに依りて、已に受け難き人身を受けるのみに非ず

 遇い難き仏法に値い奉れり」と諭されるのです。

 

少し難しくなりましたが、「命=仏の命」と知り

自らの身命が「仏の命」であるが故に、「仏法」そのものであり

必然として、遇い難き「仏法」に値うことができるわけです。

 

そんな「仏の命」を危険な目に遭わせることはできません!

もうしばらく「自粛」「自粛」ですよ!

 

さて、今週も生花です

 

正面玄関は

 

 

大きな「アレカヤシ」の葉が、中央を包むように活けられて

まるでブラインド越しの花見みたい。

なので、いつもより上から俯瞰で撮ってみました

中央には黄色の、奥には薄紅の「グズマニア」

手前は「スプレーバラ」ですね

 

応接は

 

 

紫とピンクの大きな「トルコキキョウ」に

「黄覆輪柾(きふくりんまさき)」

小さいけど豪華な生花!

 

本堂入り口は

 

 

二十五度を超えると、もう夏ですよね〜

「ヒマワリ」に「アオドラセナ」で「真夏」です

 

エレベーター前は

 

 

濃いアオの「デルフィニウム」後ろの方は薄めかな〜

 

お手洗い、女性側に

 

 

大きな紫の「トルコキキョウ」に薄めのほうの「デルフィニウム」

 

男性側です

 

 

濃い方の「デルフィニウム」と「カーネーション」

先生とも話すんですが

「どれがカーネーションでどれがトルコキキョウだか判らない〜」

 

そして今週の床の間は

 

 

大きな「ドウダン」の若葉、爽やかな5月の到来です

花は下にまとまっていて

 

 

白の「カラー」を中心に、ピンクの「ガーベラ」

縁が黄金色の「黄覆輪柾(きふくりんまさき)」に

「アオドラセナの葉」も若葉色で綺麗ですね〜

爽やかな5月、若葉の色も風の薫りも気持ちが良いわ〜

 

こうしてみんなが自宅で「自粛」している中

何件かの「坐禅」の相談がありました。みんなヒマしてるのかしらね?

「坐禅はできますか?」

「坐禅を教えてくれますか?」

「座禅会はありますか?」等等です

西福寺は定期的な「座禅会」は行っていませんが

希望者に座禅指導はしています。

自分の都合で、好きな時にお寺に坐禅をしに来る方もいらっしゃいます。

「三密」を避ける中、良かったら「坐禅」指導しますよ。

| - | 09:21 | comments(0) | - | - | - |