SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「達磨絵師 破郎エブリバディ」さん来山
    古澤登 (06/27)
  • 今週の生花 ゴールデンウィークも残り少々
    MW (05/14)
  • 今週の生花 間もなくクリスマスですよ
    MW (12/25)
  • 12月8日 成道会
    MW (12/16)
  • 今週の生花 真冬の寒さは?
    MW (12/10)
  • 松鳳山関 10勝で勝ち越し
    MW (12/04)
  • 今週の生花 今年もあと「ひと月半」
    MW (11/19)
  • 今週の生花 また台風ですって
    MW (10/16)
  • 秋彼岸会 入り日法要が勤まりました
    浦川朋子 (09/21)
  • 今週の生花 夏の終わりを告げるような〜
    MW (08/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

曹洞宗 二楽山 西福寺

西福寺新着
R2/7/4今週の生花 いよいよ7月、大相撲は夏場所です

7月に入って最初の週末。この土、日は法事多めです

7月と言えばお盆とお施餓鬼、新型コロナウイルス感染流行の中

お寺は、施餓鬼供養の感染防止のための準備が順調に進んでいます

ただ、100人を超える東京の感染者数の増加

それにつられるような周辺県の感染者数の増加が心配です

くれぐれも「東京」「夜の町」に遊びに行かないようにしましょう。

まだまだ油断は厳禁ですよ!

 

7月のもう一つの目玉は「大相撲」

今年の夏場所は東京国技館で7月19日から無観客開催となりそうですが

応援している「松鳳山関」によると、稽古も十分でなく

幕内二番目の年長(一番目は琴奨菊で同期)となり、

いろんな面で不安があるようです〜

「頑張れ!松鳳山!応援してるよ!」

 

さて、7月最初の「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

堂々とした立花、天上をつくのは「ギボウシの花と葉」

そしてピンクのカワイイ花「なでしこ」に「ヒペリカム」です

角度をちょっと変えると

 

 

手前の「なでしこ」と奥の「ヒペリカム」がよくわかりますね

 

応接は

 

 

白い「あじさい」に隠れるようにピンクの「ポンポンガーベラ」

そして葉に隠れるように「カーネーション」です

 

本堂入り口は

 

 

夏の花「ヒマワリ」に大きな波打つ葉は「ルネッサンスリーフ」

アンスリュームの仲間の葉みたいですよ

この場所に高さのある作品は久し振りですね

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの「スプレーバラ」

薔薇は花持ちが悪いので、この高温多湿の中もってくれるかな〜

 

お手洗い、女性側は

 

 

薄い緑(白?)の「あじさい」はまるで豆の葉のように見えるわ〜

緑の「ヒペリカム」と一緒に〜

 

男性側は

 

 

「トルコキキョウ」です

 

そして今週の床の間です

 

 

「ガマの穂」が夏の水辺の涼しさを連れて来ました

寄り添うように「クルクマ」と「トルコキキョウ」を

大きな葉(なんの葉かな?)は静かに力強く受けとめます

清々しいような作品ですね

 

7月に入って、お孫ちゃんズはそれぞれ、給食とお弁当が始まり

どちらも、ほんの少しだけ帰宅時間が遅くなりました

授業が終わって、大きな声で、無邪気に帰ってくる子供達を見ると

これ以上に大事なものがないことを痛感します。

今、大人が率先して感染症に対して手当しなければ

あっという間にアメリカみたいになっちゃうぞ

心して、生活の動静を引き締めましょう!

| - | 16:54 | comments(0) | - | - | - |
R2/6/26今週の生花 梅雨の盛り

26日金曜日は早朝は曇り、でも午前のうちに晴れ間が出ました

久し振りに気温も上がって、ムシムシがひどかったですね!

先週一週間はあまり晴れ間がなくて、「梅雨真っ最中」って感じでした

その分、例年に比べると気温が低めで、夜寝るときは、

窓を開ければエアコン要らずで、快適でした!

梅雨の雨もイヤだけど、30度を超える猛暑も遠慮したいな〜

 

東京で再燃している「新型コロナウイルス」

その影響は横浜にも来るんでしょうね〜

七月に入る前に、なんかすっかり緩くなっている自分の気持ちを

改めて引き締めましょう!

 

そんな六月最終の今週の生花です

 

先生曰く「花材が先週とまるで同じ、どうしましょ?」

先生!頑張って下さい(^∧^)

 

正面玄関は

 

 

大きな「斑入り糸バショウ(確かに先週と一緒だ)」

ピンクの「なでしこ」に深いブルーの「ルリタマアザミ」

若々しい「ドラセナの葉」でブルーの花器に夏味満点!

 

応接は

 

 

白の「小菊」に青紫の「リンドウ」

夏になると「リンドウ」、いよいよリンドウが続くんですぞ!

 

本堂入り口は

 

 

パステルイエローの「ガーベラ」に長い葉は「シャガ」だそうです

「シャガ」、今回は葉での出演ですが、花もきれいだそうで

 

 

こんな花で、アヤメの仲間みたいですよ

 

エレベーター前は

 

 

花弁の多いこのガーベラは「ポンポンガーベラ」です

最近よく登場しますね、ここにも「シャガの葉」が登場

 

お手洗い、女性側

 

 

白と黄色の「菊」です、なんともお寺っぽいですね〜

 

男性側です

 

 

真っ赤な「カーネーション」を幾つかギュッとして

「トルコキキョウ」は蕾も一緒に〜

 

そして今週の床の間は

 

 

左に大きく湾曲して、前にも飛び出しそうな「アレカヤシ」

真っ赤な「ヘルコニア」に、すぐ下に同じように赤い「ヒペリカム」

ちょっと、南国風〜

 

なんと先週、三匹の「ムカデ」をつかまえました

捕まえたのはみんな朝早くでした、

昼間は落ち葉や石の下にいて、夜間捕食のために動き出し

家の中に入ってくるらしいですよ〜

この湿気と適度な温度が節足動物たちの絶好の環境なんでしょうね

ムカデだけじゃなく、害虫に気をつけて過ごしましょう!

| - | 08:08 | comments(0) | - | - | - |
R2/6/20 今週の生花 お盆、施餓鬼案内を送りました

今年もお盆とお施餓鬼法要の案内状の発送作業が無事終了

檀信徒の方のお手元に、もう届いてるかと思います

 

西福寺のお盆の行事は「お経回り」と「施餓鬼供養」の二本立てです

どちらも「新型コロナウイルス」流行の中、感染防止に留意して行います

 

特にお施餓鬼の法要は

午前の新盆施餓鬼供養も、午後の盂蘭盆会大施餓鬼供養も

いつもと体制を変更して、お手伝いの御寺院も少なくし

法要中の本堂の外での焼香、塔婆の受け渡しができるようにし

「三密」防止に配慮します。

 

また、供養の事前申込み(お電話でも承ります)

お塔婆受取日の後日指定(塔婆申込み葉書に日にちをご指定下さい)で

施餓鬼当日のご参拝を別の日にすることも大丈夫です。

 

安全、安心に配慮したお盆にできるように努力します。

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

長い茎の上の方にちょっと細長い紫の花(蕾)は「アガパンサス」です

和名は「紫君子蘭」、ムラサキクンシラン科で、

花言葉は「恋の訪れ」「恋の予感」ですって!

咲いているのと蕾の「シャクヤク」、その間には白い「トルコキキョウ」

紫の「アスチルベ」に「カラティア」の葉を添えて

スッキリ活けられてるのに、盛り沢山ですね〜

 

応接は

 

 

うすいピンクの「ポンポンガーベラ」に白の「トルコキキョウ」

その間には緑の「ヒペリカム」ちょっと「密」っぽくなってます

 

本堂入り口は

 

 

紫の「クルクマ」に咲きかけの「キキョウ」

トルコが付かないキキョウは華奢で魅力的ですぞ!

 

エレベーター前は

 

 

ピンクの「スプレーバラ」が、瓶の花器に納まってます

 

お手洗い、女性側

 

 

真っ赤な「ヒペリカム」

 

男性側

 

 

白い「トルコキキョウ」

 

そして今週の床の間は

 

 

「斑入り糸バショウ」の大きな葉に、真っ赤な「ヘルコニア」

白い「クルクマ」、なんて熱帯的なのかしら〜

双頭のトリが飛んで行きそうだわ〜

 

どこのお寺も「新型コロナウイルス」感染防止のため

盆行事や施餓鬼供養を縮小、お坊さんも少人数でお勤めのようです

西福寺もいつもの手伝いの和尚さんを中心にして

普段の施餓鬼に比べると三分の一程の人数で勤める予定です

本堂に上がるのをいやがる人もいて、外でのお焼香を準備します

そうかと思うと、全然気にしないで本堂に上がる方もいて

そういう方のために、本堂に上がる方全員に「フェースシールド」の

用意も考えています。

供養が安心につながらなかったら、供養じゃないもんね〜

| - | 06:37 | comments(0) | - | - | - |
令和二年 お盆、施餓鬼案内

「新型コロナウイルス」流行の中

今年のお盆、お施餓鬼は感染防止に充分な配慮の上、行いますので

ご安心下さい。

 

お盆のお経回りは7月10日から行い、15日で回りきる予定です

新盆の方も、例年の方もお知らせを一緒に発送しましたので

日時のご確認をお願いします。なお、「新型コロナウイルス」流行の中

ご自宅への訪問がご心配な方は

お断りをいただいても構いませんので、ご連絡下さい。

 

お盆の施餓鬼供養は

新盆の方は7月25日土曜日の午前10時から法要の予定です

(今年は法話を中止にします)

新盆施餓鬼の参列者には軽食

(今年はご自宅でゆっくりお召し上がりいただけるように配慮します)

を用意しますので、人数の変更等はお電話でご連絡下さい。

檀信徒以外の方の新盆供養も受け付けます、お電話でご確認下さい。

 

盆の送り施餓鬼は同日、7月25日土曜日の午後2時からの法要予定です

(こちらも今年は法話を中止します)

参列の申込みは必要ありませんが、

お塔婆の申込みは20日までにお願いします。

本堂に上がらずに外でのお焼香での参拝も準備します。

毎年、法要後に渡すお塔婆は、今年は法要中にも渡せるようにします。

本堂に上がるのが心配な方は、

外でのお焼香、お塔婆もそこでお渡しします。

なお、お塔婆は後日のお受け取りでも大丈夫です。

塔婆申込み葉書に受取日をお書き下さい。

その他、ご心配の方は遠慮お問い合わせ下さい。

もちろん檀信徒以外の方の参列も大丈夫です

詳細は電話にてお問い合わせ下さい。

 

来月に入ればお盆月です、「新型コロナウイルス」に負けずに

住職以下お寺一同頑張ります。

| - | 05:53 | comments(0) | - | - | - |
R2/6/13今週の生花 梅雨入り

関東地方も11日木曜日に「梅雨入り」

気温も上がって「ムシムシ」「ジメジメ」の夏がやって来ます

昨年は、完工したばかりの「観音堂」の地下に

カビが出て、除湿やらアルコール消毒やら大騒ぎをしました

今年は早めに除湿を始め、畳の部屋にはエアコンも入れるつもりですが

頼りの「アルコール消毒液」が手に入らないかも〜

「新型コロナウイルス」騒ぎで、一時は無くなったマスクも

今じゃ、何処でも買えるから、「アルコール消毒液」も店頭に並ぶかな〜

こんな時節、皆さんも身体に気をつけて

「コロナ」と「蒸し暑さ」に負けないで頑張りましょう

 

では、梅雨入りした「今週の生花」です

 

正面玄関は

 

 

鮮やかな緑の「谷渡り」が花器の円周にそって活けられ

左端には「カーネーション」に「ヒマワリ」をまとめてギュッと

右側には空間が残され、芸術も生花も空間が命!

 

応接は

 

 

驚きの「シャクヤク」三本!

全部開いたら花瓶が倒れるんじゃないかしら?

 

本堂入り口は

 

 

オレンジの「大輪ガーベラ」に「ギボウシ」の葉を添えて〜

 

エレベーター前は

 

 

真っ白の「トルコキキョウ」に黄色の「オンシジューム」

淡い色合い〜

 

お手洗い、女性側

 

 

ピンクの「バラ」に白の「トルコキキョウ」

フルーツパフェみたいに盛られましたわ〜

 

男性側は

 

 

赤い「ヒペリカム」に黄色の「オンシジューム」

ちょっと暖かな色合い〜

 

そして今週の床の間は

 

 

左右に広がる「アレカヤシ」

スクッと首を伸ばした「ギガンジューム」

赤い枝に黄色の実は「ゲットウの実」です

アレカヤシとギガンジュームの組み合わせはあまり鳥に見えないな〜

これがストレリチアだと、飛んで行っちゃいそうなんだけど

微妙なところでこっちは活花の範疇におさまりますね〜

 

さて、いつも本堂入り口に、お地蔵様や、楽しいぬいぐるみ、

お菓子のぬいぐるみなんかを作って下さる信者様から

先週、「マカロン」がいっぱい届きました。

 

 

まだまだ飾りきれないくらいいっぱいで、

お孫ちゃんズがおままごとのお店屋さんごっこで遊べるほどの数です。

作者曰く、ここのところ制作の意欲が無くなっていたそうですが

お友達に触発されて、再び作り出したら面白くて、

思いの外、沢山作りすぎたそうです。

色とりどりの美味しそうな「マカロン」が皆様のご来山を

西福寺の本堂でお待ちしています。

| - | 05:58 | comments(0) | - | - | - |
R2/6/6今週の生花 学校が始まった!

6月に入って、お孫ちゃんの学校が始まりました

近所の小学校は午前と午後の分散授業、うちの孫は午後の部に通学

11時半過ぎに早めのお昼を食べて、学校に行きます

終わりは午後3時、走って帰ってくるお孫ちゃんを見ると

涙が出そうになるのは、歳のせいでしょうか?

それとも「コロナ」に負けない子供達に感激してかな〜

4日木曜日からは孫2号の幼稚園も再開!

うちに閉じ込められて、怒られてばかりいたお孫ちゃんズは

心身共にイイ具合に疲れ、解放されて、活き活きとしています。

世界中の子供達、コロナに負けずに頑張れ!!!

 

さて、今週の生花です

 

正面玄関は

 

 

久し振りに、細いのに「フトイ」です、これは縞模様のある「シマフトイ」

「シャクヤク」の蕾に「ギボウシ」の葉、オレンジの「サンダーソニア」も

若葉の緑豊かな涼しげな作品

 

応接は

 

 

オレンジの「スプレーバラ」に赤い「ヒペリカム」

夕日が当たって、どちらも輝いてます

 

本堂入り口は

 

 

ちょっと色のついた感じの「ヒマワリ」

「シャクヤクの葉」の助けを借りて〜

 

エレベーター前は

 

 

鮮やかな黄色の「ガーベラ」こちらは「サルスベリの葉」の助けを借りて

ヒマワリとどっちが太陽の寵愛をもらえるかな〜

 

お手洗い、女性側

 

 

「カーネーション」に「木苺の葉」の助けを借りて

 

男性側は

 

 

やえの「ガーベラ」これは「ポンポンガーベラ」って言うんですって

こちらは「ムクゲの葉」の助けを借りて

 

そして今週の床の間です

 

 

この作品のポイントは、大きな、大きな「糸バショウ」の葉です

この葉が作品の特性を決定してしまいますね

そしてねぎ坊主のような「ギンガジューム」を上と下に二本

下には「トルコキキョウ」のかたまりが〜

これは、一本の枝から分かれている「スプレー」なんですって〜

そしてまんなかに、小さな紫のベルのような花と葉を持つ

「ベルテッセン」です

 

 

こんな感じなんですが、わからないよね〜

これ「クレマチス」の仲間だそうですよ

大きな葉が、夏らしい大胆な作品になりました

 

6月の第一週は毎年「シンガポール」に行っていて

今年は世話役としての最後の年になるはずでした。

早々に計画して、うちの奥様も参加、6日の土曜日まで滞在し

夫婦の時間も作って、活動をしめくくる予定だったんですが

  全て中止!

来年からは副住職に任せようと思ってたんだけど

もう一年、手伝おうかな〜?

| - | 05:58 | comments(0) | - | - | - |